So-net無料ブログ作成

ラハイナヌーン(Lahaina Noon)珠江デルタ版2018

今年もまたこのシーズンですね。6月、7月の華南、珠江デルタ(珠三角)はラハイナヌーンのシーズンです。広州白雲空港を北限として太陽が頭上真上、天頂を通過する季節。夏至(2018年は6月21日)前後の二度訪れます。
去年はちょっとお休みでしたが復活です。


ラハイナヌーン(Lahaina Noon)2018日程
珠江デルタ版日程(中山・深圳・香港 広州・東莞・恵州・マカオ/★澳門・珠海)
日は少しずれても大丈夫ですが時刻は正確に。
時差があるのでぴったり12時にはなりません。時刻は秒単位を切り捨てています。



ラハイナヌーン (Lahaina Noon)


普通、太陽は北半球では南にあり、南半球では北にあります。
北半球の日本で太陽は南を通過しますが、日本を離れてどんどん南へ行くと北半球でも太陽が北を通過することのある地域があります。地軸が23.4度傾いているため北緯23.4度から赤道までの間の地域で夏至を中心とする一定期間太陽が北を通過します。中国・珠江デルタ地域では広州白雲国際空港あたりの緯度を北限とした地域です。一番北になるのは夏至で正中した太陽は北にあります。中山、深圳など、10mの柱があれば真南に15cmほどの影ができます。

したがって太陽が南から北に移動する途中で太陽が頭上真上を通過する時があるのです。ハワイでは公募でこれをラハイナヌーンと名付けていますのでこの名前を拝借。
完全な意味でのラハイナヌーンは正中した時の太陽高度が正確に90度でなければなりませんがそううまくはいきませんので90度に最も近い日をラハイナヌーンとしています。

普通太陽高度が一番高いのは夏至ですがこの地域ではラハイナヌーン時が一番高くなります。
日本で太陽が一番高くなる夏至、奈良では正中時78.8度ほどです。

2011年6月5日、深圳のラハイナヌーン 12時22分に街灯の柱の陰がなくなっています。
 
ラハイナヌーンの過去記事 → ラハイナヌーン

2016年のラハイナヌーンは・・・ (2016.6.7)

今年も太陽が頭上真上を通るラハイナヌーンのシーズンなのですが6月5日は大雨。暴雨注意報も出る始末。
中山に来てから三回目のチャンスなのですがまともにいい天気にはなりませんね。深圳の時はほとんどよく晴れ渡る日だったのですが・・

5日も6日も雨。そして今日7日、12時20分、やっと太陽が。写真を撮ると肝心の12時24分にはまた雲が、そして後に雨が降り出しました。


ですので12時20分の写真です。それでも影は真下にできて極端に影が少ないですね。マンションの畳の部屋から。






6月5日は雨。ベランダから。


ラハイナヌーン(Lahaina Noon)珠江デルタ版2016

今年もまたこのシーズンがやって来たというのに今年は5月に入っても今なおうっとうしい天気で太陽とは縁の薄い日々です。
6月、7月の華南、珠江デルタ(珠三角)はラハイナヌーンのシーズンです。太陽が頭上真上、天頂を通過する季節。夏至(今年2016年は6月21日)前後の二度訪れます。


ラハイナヌーン(Lahaina Noon)2016
珠江デルタ版日程(中山・深圳・香港 広州・東莞・恵州・マカオ/★澳門・珠海) 
奈良の夏至での情報も載せました。日本で一番太陽が高くなるのは夏至ですが奈良では夏至の太陽高度は78.75度。今年、中山では4月19日にこの太陽高度になりました。

ラハイナヌーンの過去記事 → ラハイナヌーン




ラハイナヌーン (Lahaina Noon)
普通、太陽は北半球では南にあり、南半球では北にあります。
日本は北半球にありますので太陽は南を通過しますが、日本を離れてどんどん南へ行くと地軸が傾いているので北半球でも太陽が北を通過することのある地域があります。北緯23.4度から赤道までの間の地域で、中国・珠江デルタ地域では広州白雲国際空港あたりの緯度を北限とした地域です。一番北になるのは夏至で正中した太陽は北にあります。中山、深圳など、10mの柱があれば真南に15cmほどの影ができます。

したがって太陽が南から北に移動する途中で太陽が頭上真上を通過する時があるのです。ハワイでは公募でこれをラハイナヌーンと名付けていますのでこの名前を拝借。
完全な意味でのラハイナヌーンは正中した時の太陽高度が正確に90度でなければなりませんがそううまくはいきませんので90度に最も近い日をラハイナヌーンとしています。


夏至の日に垂直に立った10mの柱があれば真南に15cmの影ができます

で、珠江デルタ地域では夏至をはさんで6月5日前後と7月7日前後の2度、にこの現象が起こります。
夏至前のラハイナヌーンは6月1日あたりから順次北へ。

ラハイナヌーンとは → ラハイナヌーン

2011年6月5日、深圳のラハイナヌーン 12時22分に街灯の柱の陰がなくなっています。
 

ラハイナヌーン (2015.6)

中山で初めてのラハイナヌーンになります。昨日、太陽が一番真上に来る日だったのですが天候に恵まれず残念だったので今日再び待っていたらにわか雨・・・
しょうがないので4日に撮影しておいた画像です。この日は雲がかかったり日が照ったりとしていたのですがなんとか雰囲気は撮れましたので。

少し雲で日が薄くなっていますがヤシの影を見ると良くわかります。太陽が真上ですね。


そしてこのときは日傘を差すのが楽ですね。


ラハイナヌーン珠江デルタ版2015 - 太陽が真上から照らす日

珠江デルタのラハイナヌーン(Lahaina Noon) 2015
  (中山・深圳・香港 広州・東莞・恵州・マカオ・珠海)


天気の良くない日が続いて気温もそんなに上がりませんが太陽がでるとすぐに暑い夏の日になるでしょう。
で、今年もこの季節。6月、7月は珠江デルタ(珠三角)ラハイナヌーンのシーズンです。太陽が頭上真上、天頂を通過する季節。夏至(6月22日)前後の二度訪れます。

ラハイナヌーン
普通、太陽は北半球では南にあり、南半球では北にあります。
日本ではごく一部の島を除いていつでもどこでも太陽は南にいますが、どんどん南へ行くと北半球でも太陽が北にいる時のある地域があります。北緯23.4度から赤道までの間の地域で、中国・珠江デルタ地域では広州白雲国際空港あたりの緯度を北限とした地域です。一番北になるのは夏至。したがって太陽が南から北に移動する途中で太陽が頭上真上を通過する時があるのです。ハワイでは公募でこれをラハイナヌーンと名付けていますのでこの名前を拝借。

完全な意味でのラハイナヌーンは正中した時の太陽高度が正確に90度でなければなりませんがそううまくはいきませんので90度に最も近い日をラハイナヌーンとしています。


夏至の日に垂直に立った10mの柱があれば真南に15cmの影ができます

で、珠江デルタ地域では夏至をはさんで6月5日前後と7月7日前後の2度、にこの現象が起こります。
夏至前のラハイナヌーンは6月1日あたりから順次北へ。

ラハイナヌーンとは → ラハイナヌーン

2011年6月5日、深圳のラハイナヌーン 12時22分に街灯の柱の陰がなくなっています。
 


ラハイナヌーン(Lahaina Noon)2015
珠江デルタ版日程(中山・深圳・香港 広州・東莞・恵州・マカオ/★澳門・珠海) 
始めのラハイナヌーンまであと1週間ほどありますがほとんど太陽は真上なので今でも正中時刻(12時20分ごろ)に太陽があれば影を見てください。雰囲気は味わえます。
北限近くにある広州では夏至付近で1週間あまり雰囲気があるでしょう。
ラハイナヌーンの過去記事 → ラハイナヌーン

ラハイナヌーン深圳・香港・台湾高雄 2014 - 太陽が真上から照らす日

華南版ラハイナヌーン Lahaina Noon
今年もこの時期がやってきました。
北半球で夏至の日に太陽が北に正中するこの地方では夏至前後の2度、太陽が頭上真上に正中する日があります。ハワイでは公募でこれをラハイナヌーンと名付けました。
深圳、香港でもこの現象は起こります。そしてその季節がやってきました。深圳、香港あたりでは6月5日前後と7月7日前後にこの現象があります。
北へ行くとこの現象はなくなりますが北限は広州白雲空港北側あたりです。それより北ではラハイナヌーンはおこりません。

ラハイナヌーンとは → ラハイナヌーン

2011年6月5日、深圳のラハイナヌーン 12時22分に街灯の柱の陰がなくなっています。
 

2014年深圳・香港・広州・東莞・台湾高雄版のラハイナ・ヌーン日程
正確には正中高度が正確に90度(垂直)でなければなりませんがそううまくはいかないので90度に一番近い日をラハイナヌーンとしています。ですので日は少しずれても雰囲気を味わえますが時刻は正確に。
北限近くにある広州では夏至付近で1週間程度は雰囲気があるかも。
ラハイナヌーンの過去記事 → ラハイナヌーン
2019_01


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved