So-net無料ブログ作成

2012-10-22  カテゴリ: 奈良帰省日記

《奈良帰省日記2012》(16)中和・榛原-鳥見山(735m)-初瀬ダム-長谷寺へ(1)

初瀬ダム・まほろば湖から鳥見山(とみやま)を展望

《奈良帰省日記2012》(16)中和・榛原-鳥見山(とみやま、735m)-初瀬ダム-長谷寺へ

(2012.10.22)
奈良県は大きく北和、中和、南和に分かれています。私のいるところは北和。南和は主に吉野郡。
今日は中和東部の鳥見山(とみやま、735m)に挑戦です。
鳥見山は神武天皇が皇祖天神を祀ったとされる山ということなのでもう神話の世界ですね。
山頂に「トリミ山 十二支会」と書かれた立札があって「とみやま」とどっちが・・・と思ってネットをいろいろ探りましたがとりみやまとする記述が見あたらず、万葉集にも跡見山(とみやま)となっていたので「とみやま」としました。
近鉄・榛原駅から

榛原駅
近鉄で大阪線榛原(はいばら)駅へ。まだ何も食べてなかったので駅前でうどんセットを食べて出発。
ガイドブックとルートが違うようでしたがとりあえず鳥見山公園を目指します。車用の道路でした。これならガイドブックの道を探すべきでしたが・・まあええわ。
きつい急坂でした。でも展望は抜群、空も澄み渡ってとてもきれい。ほっとします。深圳とはまた違った感動。

鳥見山公園へ到着。意外に小さいスペース。もし車がたくさんやってきたらどうするのかな、と思ってしまうほどの駐車スペース。整備がちぐはぐな感じも・・・

鳥見山展望台から山頂

なぜか「トリミ山」になっています
展望台に向かいます。けっこうな急坂、7分ほどで展望台(見晴台)。
天気もよく展望は抜群。葛城、金剛山はもちろん、大台ヶ原や高見山までも見渡せる1等級の展望でした。中年の奥さんらしい一団がやってきてくつろぎながらお弁当。
さてここから山頂に。見晴らしのない何もない山頂のようですが山頂に到達しとかないとね。充実感がありませんので・・
旬の山歩き季節なのに蜘蛛の巣が多くて落ちていた小枝で巣を払いながら進みます。
雌岳を越えて雄岳へ。山頂の文字が見えました。証拠写真を撮して引き返します。

下山 - 東海自然歩道で初瀬ダム、長谷寺へ
あとは東海自然歩道をひたすら歩いて初瀬(はせ)ダムへ。自然歩道と言いながらけっこう舗装道路が多く・・
ダム湖(まほろば湖)から鳥見山を展望。
そして長谷寺へ。拝観料500円。したがって入りません。
名物草餅を購入して近鉄長谷寺駅へ。

今日は久しぶりに2万8000歩。15kmぐらいなんでしょうか。

榛原の町を行く



鳥見山公園


そして展望台(見晴台)へ


展望



雄岳の山頂



東海自然歩道を


石畳と思いきや・・石ころ畳みでした



初瀬ダム まほろば湖



長谷寺



そして帰途・・近鉄長谷寺駅


2012-10-22 コメント(0)

コメント (0)

コメントを書く (发评论・可以用中文)

名前:[必須]
あなたのURL(名前にリンクされます):
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


2019_08


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved