So-net無料ブログ作成

《奈良帰省日記2019①》(19)光の京都へ - 東山花灯路(はなとうろ)(2019.3.16)

ニュースで京都の東山花灯路のことを知りまして早速出かけました。
17日までとのことですが17日は天気が悪そうなので比較的良いと思われる16日に行きました。


京都・東山花灯路へ


懐かしい雰囲気の残る町並みを光で装う催しのようです。3月8日~17日。


近鉄で京都へ。今回は初めて京都駅てっぺんの展望層に行ってみました。どこで展望できるのかと思ったらガラス越しに眺めるようになっていました。ところがガラスがスモークドっぽいし二重ガラスになっているようで鮮明度がない。ちょっと残念でした。

東山花灯路の会場は東山の五条あたりから三条あたりまでなので京都駅(七条~八条付近)から歩くことにしました。まずは清水寺へ。清水寺で暗くなるのを待って散歩開始。寒い。

それにしてもすごい人です。聴覚的には中国語の普通語と広東語が多く聞こえます。ときおり韓国語。視覚的には欧米風の人種も多い。そして催しのおかげか日本語もけっこう聞こえてきます。

久しぶりにたくさん写真を撮りました。最後は手が寒さでしびれてきていました。ポケットに手を突っ込んでもなかなか暖かくならない・・

20時半、鴨川沿いの清水五条駅から京阪電車に乗り近鉄電車を乗り継いで帰宅。


そんな歩くことはないだろうと思っていたのですが・・



京都 東山花灯路へ

初めて京都駅の展望層に行ってみました。残念ながらガラスはスモークド風で透明度が悪く鏡みたいにこちらの方を反射させるのでさっぱり・・・

展望層へのエスカレータ


展望。こちらがガラスに反射していて見にくい・・





東山花灯路へ
まずは清水寺へ向かいます


暗くなるのを待って・・・




産寧坂と二年坂を通ります














八坂の塔(法観寺)をバックに帰ります


御陵前に河原鶸(かわらひわ)と紛れ込んだ鴲 (シメ)- ふるさとで見かけた鳥(2019.3.13)

矢田丘陵を歩くかな・・と出発。足が少し疲れているような感じがしたので大和民俗公園へ行くことにして歩いていくと途中の歌ヶ崎廟(郡山城歴代城主・本多家のお廟)の前で群がっていた小さな鳥、雀ぐらいの大きさ、でも雀ではなさそう・・写真に撮ってみるとお久しぶりの河原鶸(カワラヒワ)でした。
河原鶸は2011年に偶然撮影したのが初めてでした。それ以来お目にかかっていなかったのでとても嬉しい。
そして河原鶸の雌かと思っていたら鴲(しめ)も混じっていました。

河原鶸 (かわらひわ)
金翅雀 (jīn chì què)

学 名Carduelis sinica
目 科スズメ目 アトリ科
全 長14 - 17cm
雌 雄異色
渡 り 留鳥・漂鳥
鴲 (しめ)
锡嘴雀 (Xīzuǐ Què)

学 名Coccothraustes coccothraustes
目 科スズメ目 アトリ科
全 長19cm
雌 雄異色
渡 り冬鳥



河原鶸(かわらひわ)と鴲(しめ)

たくさんたむろして・・・4羽見えてます


カップルでしょうかね・・


♂です


シメの♀のようです。まぎれこんでました。


《奈良帰省日記2019①》(17)散歩 - 薬師寺へ (2019.3.9)

良くなった天気に誘われて家を出ました。行き先は薬師寺。


薬師寺へ


いつもの道順は飽きたので適当に歩いてまずは奈良県総合医療センターを経由、そこから薬師寺へ。
地図で見ると薬師寺まで4.7km、唐招提寺までは6kmとなってます。薬師寺の手前にある青いのが大池です。

大池は昔から薬師寺を撮影する穴場的なところでした。朝日をバックに池面に映る東塔を撮影した写真がよくありました。
たしか、はじめは奈良写真の故入江泰吉氏が撮影されたのだと思います。当時(高校生の頃・・)は大池と言うよりも勝間田池と呼ばれていたように覚えています。

行きはごくおおまかに地図のような経路。
帰りは薬師寺から少し北の唐招提寺に寄ってから少し東の秋篠川づたいに帰りました。







薬師寺へ

歩き始めて少し、思わぬ立派な神社に会いました。ちょこっと見学。広くて立派な神社ですが昔ながらのような鎮守の森。郡山にもこんな所があったのか・・と思ったらすでに奈良市に入っていました。
地元の人でしょうか、丁寧なお参りをされていました。




真新しい高台の奈良県総合医療センターをぬけていきます。植樹がきめ細かいので木々の育つのが楽しみです。




薬師寺へ
大池の向こうに小さく薬師寺が見えます。白い素屋根に覆われているのは解体修理中の東塔。来年(2020年)の4月22日-26日に修理を終えて落慶法要が営まれる予定です。楽しみです。また撮影に・・・


若草山をバックに。2塔のそろうのが楽しみです


薬師寺にやってきました








黒い鵯(ひよどり)です。
真っ黒な鳥がたくさんとまっている木がありました。鵯のようなのですが黒いのは初めてです。時期による?


《奈良帰省日記2019①》(16)梅が満開(2019.3.5)


郡山城の梅が満開


まもなく桜のシーズン。でもその前にまず梅ですね。郡山城では盆梅展を開催中。前では梅の花が満開です。



郡山城の梅














鷺池の緋鳥鴨



羅生門跡から朱雀門を。大極殿南門を復元建設中の素屋根が背後に見えます。そしてJR大和路線快速電車。


いつもの池で日本で初めて見た鳥 - 田鷸(たしぎ) (2019.3.2)

民俗公園へ散歩に行く途中のいつもの池を見るとくちばしの長い・・シギのようです。写真を。帰って写真を大きくして見るとタシギでした。日本で初めて見るシギにちょっと楽しい。
つがいなんでしょうね、2羽仲良くお食事でしょうか・・

田鷸 (たしぎ)
扇尾沙锥・扇尾沙錐 (shàn wěi shā zhuī)

学 名Gallinago gallinago
目 科チドリ目シギ科
全 長26cm
雌 雄同色
渡 り冬鳥




田鷸(たしぎ)











隣の池では鷺


大和民俗公園では


《奈良帰省日記2019①》(14)散歩 - 唐古鍵遺跡とARアプリ (2019.3.1)

我が家から12kmほど南の田原本(たわらもと)町に国史跡に指定されている弥生時代の環濠集落があります。最近資料館ができたり史跡公園として整備されたりと学習しやすい環境が整ってきました。

VR(Virtual Reality;仮想現実)は仮想世界を作り出すのですが現実世界にCGなどで作った仮想現実を現実世界に反映(拡張)するAR(Augmented Reality;拡張現実)と言うものがあります。唐古鍵遺跡のこのARアプリができたと言うニュースを聞きタブレットにアプリ"AR唐古・鍵遺跡~よみがえる弥生のムラ"をインストール、体験すべく行ってみました。


唐古鍵遺跡史跡公園へ


まずは唐古・鍵考古学ミュージアムへ


唐古鍵ミュージアム
近鉄で田原本駅へ。遺跡公園の前にまずは前回休館で見そびれた唐古鍵ミュージアムへ。

田原本駅から20分ほど歩きます。入館料200円。史跡の説明と発掘品を展示。



唐古鍵遺跡史跡公園へ


遺跡入口
遺跡へはミュージアムからさらに20分ほど歩きます。

公園としてきれいに整備されました。桜の木が多くありましたのでもう少しすればきれいに咲きそろいそう。奈良盆地東の山々の背景で美しくなるでしょう。

遺跡アプリを試してみました。GPSを利用しているので指定の場所で使えます。柱跡付近。アプリを起動してタブレットのカメラを向けると建物や生活している人のCG画像が風景と重なって表示されます。
手袋を脱ぐ必要がありますが寒いのでなかなかじっくりできませんが雰囲気は味わえました。



今回は行きませんでしたが遺跡から真東にこれまた20分ほど歩いた大和川沿いの高台に展望台(しきのみちはせがわ展望公園2号)があります。ここからは奈良盆地を取り囲む山々が一望できて絶景です。


AR唐古鍵遺跡アプリ 「AR唐古・鍵遺跡~よみがえる弥生のムラ」

 



柱跡にタブレットを向けるとCG画像が出てきます。左側には人も。自分の立つ位置を変えると角度や大きさも変わります。面白い。





2月が終わりました
現在自分の健康キャンペーン中。2月の歩行距離は38万歩あまりでした。平均一日あたり1万4000歩足らず。天候や気分で休憩したり歩数を少なくしたり・・

目標は1ヶ月40万歩1週間10万歩だったのですが月末近くで朝起きたとき足に疲れが残っているような感じがあったのでペースを落としました。月35万歩ぐらいにした方がいいかも。あと食事制限をしすぎているような気も・・

朝晩の安静時血圧は108/66ぐらいで安定、体重も3kg落ちてお腹が締まったあとは安定しています。ウォーキングと食生活の大変更がきいているのかもしれません。



唐古鍵遺跡史跡公園





復元された大環濠と楼閣




《奈良帰省日記2019①》(13)散歩 - 復元された奈良・京終駅へ (2019.2.25)

奈良の京終駅、「きょうばて」と読みます。平城京の南東端に位置するので京のはてと言うことで名が付いたようです。
京終駅は奈良から大和平野を巡る単線のJRローカル線駅で無人駅も多くワンマン電車が走っていますが「万葉まほろば線」と言う愛称がついています。奈良駅の次の駅。ニュースによるとこの駅を明治の開業当時の形に復元する工事が終わったとのことで今回ここを散歩することにしました。

京終駅へ




家からは7.3kmとなっています。いつもながら適当に歩いていくことにします。大和青垣、若草山や春日山が見えるので方向を見失うことはありません。
なるべく懐かしそうな風景のある街を通っていきますが私が日本を離れてからすでに22年、当時とは違ってどこもかしこも家が新しくなってレトロな雰囲気がなくなってきたのは少し残念。それにしても新しい家はどれもきれいですね。

2時間かからずに京終駅に到着。上下それぞれ1時間2本の列車ですがけっこうな乗客が待っていました。
少し写真を撮ってから奈良町界隈の散歩しながらJR奈良駅まで歩いてJRで帰宅。





奈良・京終駅から

若草山、春日山などを見ながら・・


京終駅に到着


復元された京終駅


内部


駅名板も復元されたみたいですね。無人駅です。改札にはカードリーダーだけ・・




京終駅から

元興寺の塔跡に行きました


そして奈良町界隈へ


観光客の定番になったような・・・


商店街へ


JR奈良駅に


《奈良帰省日記2019①》(12)散歩 - 矢田山最高点へ (2019.2.23)


矢田山最高点へ


今回は平地ではなくちょっとだけ山登りを。矢田山と言っても独立峰とは違いだらだらと峰が続きます。



矢田山中腹の矢田寺を経由して矢田山最高点へ向かいます。この地図アプリのルートとは全く違いますが距離としては似たようなもんでしょう。7km弱。最高点は343.3mです。
実は5日前にこどもの森からいつもと違うルートで矢田寺へ行く途中で最高点の標識を見つけたので今回は逆ルートで矢田寺から最高点へ向かいます。最高点の近くには頂上展望台があります。頂上展望台には一度行ったことがあるのですが最高点には気が付きませんでした。


矢田山最高点へ
矢田寺の本堂右手奥に矢田山最高点へ行く道があります。途中イノシシ除けで柵があり扉がついていてびっくりするのですが手で開けて進みます。あとは細かく案内板があるので迷うことはありません。
矢田寺から30分ほどでまず頂上展望台に到着。
頂上展望台から100mほど離れた所に矢田山最高点の休憩所があります。眼前の視角は狭いですが東側の展望は頂上展望台よりもいいですね。
あと、松尾山へ向かう途中、時計を見ると・・やっぱり時間がありませんので今日はこのへんで。矢田寺へ戻って帰宅。


それでもけっこう歩きました。松尾山、松尾寺によって帰ると3万歩ぐらいになるのかな・・




矢田山最高点へ

まず矢田寺へ




この本堂の右側に山頂へ向かうルートがあります






頂上展望台です。木造なので木が腐っていないか気になるところ・・


展望台のてっぺんから西の生駒山を展望




そしてここが最高点休憩所です。生駒市との市境のようです。
 


最高点の休憩所から東を展望。まあ東しか展望できません。



下山します




《奈良帰省日記2019①》(11)散歩 - 斑鳩(いかるが)三塔・法隆寺へ (2019.2.12)


斑鳩(いかるが)・法隆寺へ




6kmですね。まあ、歩き始めて時間的にだめなら法隆寺からJR法隆寺に歩いてJRで帰ることにします。
コースはまず斑鳩町に入ると法起寺の三重塔、法輪寺の三重塔をおとずれたあと法隆寺を目指します。
中門の解体修理をやっていたのですがどうなってるかな・・



奈良自転車道案内板
14時半に出発。
で写真を・・またやった、カメラのSDカードを忘れた。タブレットで撮影するか。
奈良自転車道を法隆寺に向かって歩きます。
郡山市から斑鳩町に入るとすぐに法起寺の三重塔、さらに法輪寺への道を取り法輪寺へ。法輪寺の周りを1周してあとは法隆寺へ。中門の解体修理は終わっていました。柱がちょっと惨めになっていたのですがきれいになってました。

時刻も遅くなってきたのでJR法隆寺駅に向かい、JRで郡山へ帰宅。


帰りは電車でしたがそれでも2万超え


斑鳩・法隆寺へ

奈良自転車道を歩きます


しばらく富雄川沿いに歩きます。ここには鴨がたくさん。


斑鳩町に入りました。まず法起寺が見えてきました


斑鳩三塔、法起寺三重塔です


大和青垣、東側です



斑鳩三塔、法輪寺の三重塔



さらに歩いて斑鳩三塔最後の法隆寺五重塔が。中門の修理も終わっていました。


中門の金剛力士像。柱もきれいになりました。








帰ります


《奈良帰省日記2019①》(10)しあわせ回廊・なら瑠璃絵 (2019.2.14)

もう何年も続いているとのことですが知りませんでした。ネットニュースで知りましたので早速出かけてみました。
14日は最終日で花火もあるとのこと。

→ なら瑠璃絵


奈良・冬の夜のイルミネーション - しあわせ回廊・なら瑠璃絵


午後3時に家を出発。
JR奈良駅から三条通を歩いてまずは猿沢池へ。地図アプリによるとこの辺を示していたのですが・・・その形跡がありません。観光人力車のにいちゃんに尋ねてみると大仏殿近くであるそうなのでそちらに。

興福寺はほとんど外人観光客



場所は大仏殿の近く、奈良春日野国際フォーラム・甍(いらか)でした。



奈良春日野国際フォーラム・甍
見学には有料コース(500円)と無料コースがありました。有料コースは点灯の中を歩けます。
19時半からは最終日の花火がある模様。



なら瑠璃絵
18時点灯、点灯間際には入場を待つ人のけっこうな行列になっていました。
点灯。とてもきれいです。びっくり。大阪御堂筋は木々のLEDが光りますがこちらは地面のLEDが光ります。すごくきれい。感激。
さらに回廊を歩きながらイルミネーションを。
想像したよりずっと広い範囲がデコレーションされていました。

一周りして入口に戻ってくるとまだまだ多くの人の行列。
花火の前に春日大社へ向かいます。参道は懐かしいミラーボールを静止させたままにして星のイメージを作っていました。
春日大社から戻ってくるとさらに大勢の行列ができていてびっくり。
花火のあとは東向き商店街で夕食して帰宅。


そんなに歩くことはないと思っていましたが帰ってみると2万歩越え。
なら瑠璃絵は予想を大きく超える素晴らしさ、とてもとてもきれいでした。幸せな気分。




イルミネーション なら瑠璃絵





親子の鹿が表現されています




回廊を行きます














なら瑠璃絵から春日大社


春日大社へはミラーボールで作られた星の参道

春日大社の灯籠も全部点灯

花火を見るために大仏殿近くに集まった群衆・・・




2019_03


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved