So-net無料ブログ作成
大羊台山頂から

西麗口から大羊台山へ (2014.5.28)

やっとうっとうしい天気から解放されてここ数日は太陽の多い日となっています。
でも太陽のおかげで夏のような感じに。太陽が頭上真上に正中するラハイナヌーンもあと1週間ほど言うだけあって正中の太陽高度もどんどん90度に近づいています。ちなみに今日の羊台山の正中時の太陽高度は88.8度と90度まであと少し。12時20分頃の影はぐっと短くなりました。


羊台山のイジュ
そんな中久しぶりに羊台山(587m)に登ってきました。西麗入口から大象石を経由する最近のお気に入りのコースです。今日は大羊台山に行きました。分岐点からはあっさり大羊台山の山頂に到着。小羊台山に行くよりも楽ちんな感じ。
季節の花、イジュ(★木荷)の花が登山道沿いに大量に落ちていました。そろそろ季節も終わりかと思いきやまだまだ豪華に咲いていてちょっとほっこりでした。

羊台山からの長めはもやがかかっているようでいて香港のランタオ島の霊まで見えていました。ちょっと不思議な感じでしたがやっとこのいい季節がやってきたという感じ。


ふもとから大象石の巨石群を


コメント(0) 

2014.3.11更新深圳 羊台山森林公園案内

羊台山森林公園概要

羊台山は宝安区石岩街道と龍華新区(宝安区)の龍華街道、南山区西麗街道にまたがる面積25km2の公園。主峰の大羊台山(587m)は石岩街道にあり深圳西部の最高峰。
2004年に「羊台叠翠」として深圳八景に選ばれています。柿は羊台山特有の果物。
飲用可能な天然水もあちこちで涌いています。

公園は水源生态保护区、分散森林游憩区と集中森林游憩区があり。
拟建高峰水库生态保育区、大羊台山登山名勝区、小羊台山森林遊覧区、南山林果観光区、大围肚野営区(キャンプ地)、羅租山休閑娯楽区、冷水坑科普教育区の7大景区。

羊台山の位置とアクセス





アクセス
入口 最寄りのバス停 バス
石岩入口 羊台山(龙眼山村)
石岩汽車站などで769路に乗り換えて終点まで。下車してバスの進行方向に少し歩く。
769路
龍華入口 羊台山(大浪路口)
① M262路など
② 地下鉄龍華線(4号線)で龍勝(龙胜)へ、「国泰家私城」バス停からバスで羊台山(大浪路口)へ 国泰家私城
バス停から大浪文化公園を通って登山口へ。または直接羊台山公園から登山口へ。
西麗入口 王京坑村総站
49路 66路 終点で下車
山麓の道を西方向に歩いていくと王京坑工業区の書かれた案内板があります。王京坑工業区の北端から入ります。案内板以外の目印はありません・・


羊台山深林公園案内図

所要時間
羊台山脈縦走 龍華入口→小羊台山頂→大羊台山→石岩入口 全行程 3時間半
小羊台遊覧区一周 龍華入口→小羊台山頂→A→龍華入口 全行程 3時間15分
西麗ルート 西麗入口→小羊台山 2時間半

分岐点
分岐点 A 左へ行くと大羊台山
分岐点 B 正面の地道を行くと西麗



コース概要


石岩入口から大羊台山(587m)
石岩入口から公園最高峰の大羊台山(587m)までは2600段あまりの石段です。
登り1時間10分、下り55分。



石岩入口


大羊台山頂から南を展望 真ん中に鶏公山脈。左に深圳最高峰梧桐山、右奥に香港・ランタオ島の山。


大羊台山頂
大羊台山から展望


小羊台遊覧区一周 小羊台山(462m)
小羊台遊覧区のループを小羊台山頂を経由して右回りに回ります。所要時間は3時間あまり。
龍華入口から標高462mの小羊台山頂までは2470段あまりの石段。その後も石段で下ったり登ったり・・・



小羊台山頂から展望 奥に大羊台山


小羊台山頂
小羊台山頂



西麗ルート
西麗入口からB地点まで。
他の2つの入口と違い整備は全くされていませんのでどこが入口かわかりにくいですが・・


大象石から展望

小羊台遊覧区から大羊台山へ
図のA地点から大羊台山までです。30分。


コメント(0) 
羊台山の大象石 なるほど象に見えます

羊台山公園 - 西麗入口から小羊台山へ (2014.1.12)

羊台山西麗入口から
下調べしておいた西麗入口から登ります。初めてのコース。羊台山の案内図でも予感していますが未整備のルートみたいなのでどんなところを通るのか興味津々。


旧第2ボーダーの塀の名残 2014.1.7
まずはバスで動物園まで出かけ、そこから66路(49路でもOK)に乗り換えて終点の西麗王京坑総站へ。このあたりは以前の経済特区の境界線、第2ボーダーがあったところで金網の塀で仕切られていたようです。下調べの時は金網はなくコンクリートの柱だけが残っていたのですが今回はすでに柱も撤去されていて歴史の名残は消えました。

バスを降りるとこの旧ボーダー沿いに少し歩きます。王京坑工業区に入り北のはずれから野道に入ります。おそらくこのあたりが西麗入口かも。
ニワトリを飼っているところを抜けてバナナ園もぬけて歩きます。行き止まり。ちょうど地元の人がいたので聞くことができました。どうやらこの上に行くと山道があるそうです。
訳のわからんところを軍手をはめて格闘、登ります。登り切ったところに稜線に沿って踏みあとがありました。これで何となく行けそうな予感。
そのあとはだいたい踏みあと通りのコースで迷うことはありませんでした。

1時間あまり歩くと巨石群がありました。ここでやっと人と遭遇。聞くとこの石は大象石だとのこと。大象石は羊台山の景点の一つですでにネットで調査済み、ネットの写真と同じでした。ただ、羊台山の案内図と位置がかなり違います。要再調査かな。
大象石の上方は木々がなく見晴らしがききました。じっくり見ながら確認を・・羊台山脈の東西を南から見ている・・実にいい感じ。望遠で確認がとれました。大羊台山と小羊台山が目の前でした。

大象石から歩くこと30分たらずで見慣れた大羊台山遊覧区の石畳が見え合流できました。ここからあとはすでに慣れたルートです。緊張がほぐれました。それにしても大羊台山遊覧区に入ると急に人が増えました。さすが整備済みの登山道。
ここからは大羊台山でも小羊台山でも行くことができます。で大羊台山に行くか、小羊台山に行くか、考え所。小羊台山は山が低いので楽なように思いますが実際は上り下りが激しいのでたぶん大羊台山へ行くのと同じだろうと思われます。
結局、 小羊台山は龍華から登ったものの龍華に下りていないので今回は前の逆コースで龍華に下りることにしました。
小羊台山頂へは40分、さらに1時間足らず歩いて龍華の登山口に到着。


あれこれ
この写真は羊台山登山道の急な石段でのものです。
彼の足下にはなんとインラインスケート!? これで小羊台山の石段を往復したようです。信じられない!周りから注目のまとでした。
その後の裸足の男性は途中でギブアップしたようで手にインラインスケートを持っています。




所要時間 (西麗入口から龍華入口の登山口まで)
休憩,、撮影時間など込みで西麗入口から龍華入口の登山口まで総合計は 3時間40分。

西麗入口 大象石 70分
大象石 大羊台遊覧区との合流点 25分
大羊台遊覧区との合流点 小羊台遊覧区との合流点 10分
小羊台遊覧区との合流点 小羊台山頂 40分
小羊台山頂 龍華入口の登山口 55分


大羊台山遊覧区との合流点

小羊台山遊覧区との合流点



 


工業区の北のはずれから野道へ


バナナを採って下りてきました


前の一番高く見える山には大象石があります。その右後ろは分岐点のある嶺です


望遠でとらえた大象石です


さて稜線づたいに登ります


ほんとに巨石が多い羊台山脈


大象石にやってきました


大象石付近から展望。なるほど、大羊台山と小羊台山の縦走はしんどい。


小羊台山頂に到着。まあ人の多いこと。皆さん若いですね。


小羊台山から下ります。少しルートを変えてみました。こちらの方がのんびり加減がいい


龍華の登山口に。ゴールです。


龍華入口のエントランスも人がいっぱい。


西麗入口から羊台山へ
終わり
コメント(0) 
西麗風景 - 西麗水庫を中心に

深圳・西麗のとある村で (2014.1.5)

羊台山公園の西麗入口を探して


公園の案内図(ブログに載せている案内図の元写真です)

羊台山公園の西麗入口を探るため公園の案内図から当たりを付けてバスで西麗水庫北東の王京坑村というところへ出かけました。初めて行くところです。
66路と49路のバスがあるようですが49路を利用。

それにしても・・西麗から北へ6kmほど、そんなに遠いとは思えないのですが雰囲気は20年前の深圳に戻ったような感じ。なかなかの田舎でした。

バスを降りて当たりをつけて歩いていくとここらあたりも広東緑道になっているようで標識がありました。
写真に「i」(たぶんinfomation)と書かれている案内板には王京坑工業区という工場地帯がありました。地図の雰囲気ではこちら方向に羊台山公園の入口がありそうなので進みます。
私が1996年に香港に来た時と’同じような雰囲気の工場地帯をどんどん歩いていくと工場が終わって山の方に入っていきます。日曜日のことなので5、6人の若者グループ(たぶん工場の同僚でしょうね)が同じ方向に進んでいくのでもしかしたら、と思って同じように進みました。
鳥の声が騒がしいぐらいに聞こえて、養蜂場があったり果樹園があったりととてものどかな野道を写真を撮りながら進みます(登ります)。

30分ほどうろうろしているとリュックとトレッキングポール姿の一群が。どうやら羊台山の山歩きをしてきたようなので状況を聞いてみるとやっぱり羊台山に行けるとのことで3時間ほどかかるらしい。
当方この日は前日に大、小羊台山を縦走していて下調べだけのつもりでしたのでカメラバッグだけの軽い服装、おまけに時刻は午後4時。これから羊台山に行くと勘違いされたようでかなり怪訝そうな顔でこちらを見るので今日は見るだけといったのですがだいぶ心配されてしまいました。
まあ こちらも年ですので一応足には十分休息を盗らせますけど・・以前香港の八仙嶺では迷惑をかけたこともありますので・・・

でもどうやらここが羊台山公園の西麗入口のようですね。それにしても梅沙尖の登山道を探す時は数時間かかったというのに今回はロスなしで登山口らしきルートを見つけることができました。ちょっと充実した一日でした。
少し歩いた雰囲気は自然道が多くてとてもよさそう。後日羊台山の登山道として確認できたら羊台山登山の自分のメインルートはここになりそうな予感。

 


羊台山方面でしょうかね










この堆金菊(たいきんぎく、★千里光)が道すがら点々と咲いていました


バナナの木も


そして

バナナがなっていました



目白(めじろ)も自由奔放

尾長裁縫鳥(おながさいほうちょう)もあちこちにいました

コメント(2) 

羊台山縦走 小羊台山から大羊台山へ (2014.1.4)

羊台山が整備されて昨年の9月に小羊台山を知りましたので今回は羊台山脈の小羊台山から大羊台山へ縦走してみることにしました。

羊台山公園が整備されての休日ということでけっこうな人出でした。これまで小羊台遊覧区から大羊台山へ行く人はほとんど見なかったのですが整備されて日数が経過したためか今回は両遊覧区の往来が活発でした。整備すればこれだけの人が利用してくれたら整備する方もやりがいがあると言うものです。

前回大羊台山頂に来た時は整備が終わっていないのに誰もいなかったので整備が完了するのだろうかと思っていたのですが、終了していました。前回未完成だった新しい登山ルートも一応終了していました。
梅林山と言い、羊台山と言い、今回の公園整備は心構えが違うようですね。

あとの自分の課題は西麗入口を見つけることでしょうか。


今回の所要時間
小休止やロス時間を入れた全行程は3時間半

龍華入口の登山口 小羊台山頂 (462m) 55分
小羊台山頂 小羊台山遊覧区から大羊台山遊覧区への分岐点 30分
分岐点 大羊台山頂 (587m) 30分
大羊台山頂 石岩入口の登山口 65分

 

今回のコースは龍華入口から入り小羊台山に登ったあと大羊台山へ、大羊台山から白い道を通って石岩入口へ下山。


龍華入口から小羊台山頂をめざします


小羊台山頂


小羊台山頂から見た羊台山脈最高峰・大羊台山です


ここを左に行くと大羊台山遊覧区です


大羊台山遊覧区に入りました。



あと少しで大羊台山頂です

ほんとに羊台山は巨石だらけです


大羊台山頂。ちゃんと整備が終了


大羊台山頂から小羊台山を



下山です


石岩入口の登山口です。かすかに羊台山が見えます。(たぶんあれが山頂です・・・)


コメント(0) 
小羊台山頂で

小羊台山へ (2013.10.5)

小羊台山の山頂を越えると人が少なくなり始め5分も歩くと人はまばら。皆さん目的は小羊台山頂だったようですね。もと来た道を引き返していきます。

山頂から10分ほど進むと見たことのある場所に。前回来たところでした。場所の感覚がはっきりしてきました。
上り下りを繰り返してさらに20分あまり進むと大羊台山への道の分岐点に。なるほど。これで小羊台山と大羊台山を縦走する自分なりのコースを考えることが出来ます。
そしてすれ違う人も増えてきました。

数人のグループが山頂まであとどれくらいあるかとたずねてきました。「还有多高?」(あとどれくらいの高さがありますか?)という言い方でしたのでちょっとこんがらがってきました。ここらあたりは彼らがめざしているだろう小羊台山の山頂よりも高いのです。したがって彼らは大羊台山へ行くつもりなのかな・・と一瞬思いましたがそれはないと思い直して・・でもどう答えたらいいのかな?と。
で「あと1時間ぐらいです」と返事をするととたんに自分であきれたように笑い出して仲間の方を見て「あと1時間だって・・ははは・・」と。これだけ登ったのにまだ1時間もあるのか、という感じで話をしていました。
考えてみると彼らは私とは逆回りで小羊台山頂をめざしているのでしょう。とすると2時間以上かかるはず。おつかれさまです。

少し進むとまた「还有多高?」とたずねられました。「1時間」と答えます。
これまではたいがい「还有多久?」(あとどれくらいの時間がかかる?)でしたので「多高?」にはちょっとめんくらいましたが答え方はこれでいいのでしょうかね。

それにしてもたくさんの人が同じようなやりとりをしていました。なれてない人が多いのでしょうが、やっぱりここは新しく整備された深林公園というわけなのでしょうかね。
これからも時々やってくることにしましょう。

 

今回の所要時間

赤丸の地点から右回りに進みます。

龍華入口
小羊台山頂
大羊台山への分岐点



小羊台山頂
大羊台山への分岐点
下山口
1時間10分
36分
1時間15分

総合計 約3時間半



さて下ります


木立の向こうには大羊台山


ここまで登ってきて


さらに登りがつづきます


そしてここが大羊台山への道との合流点。左へ行くと大羊台山


小羊台山頂が見えました(左側)。明らかにこちらより低い! ほぼ峰伝いに右の方に進んでここまで。けっこうあるもんです。
小羊台山頂から45分の地点で撮影。なるほど上り下りの激しいコースです。


望遠でとらえた小羊台山頂




ここらあたりから急激に下山します。けっこうな急坂です。


下山しました


下山して・・公園のエントランス






2010年の文字からすると3年前にこのあたりが整備された? 高架は福龍路


小羊台山 (2013.10.5) おわり
コメント(2) 

小羊台山へ (2013.10.5)

深圳に深圳八景と言うのがあり、それを調べていて羊台山を知り、登山道を探して登ったのが羊台山の始めでした。それが大羊台山。ただ深圳八景と言うほど美しいとは思いませんでしたが・・・
  → 深圳八景
羊台山深林公園が整備計画に入っていながらなかなか整備されないと思っていたら小羊台山を中心に整備されていたようです。今回大羊台山の山頂から小羊台山への登山道が整備されて初めて小羊台山を知りました。

小羊台山を歩いてみました
で前回撮影した案内図の外周を一周してみようと小羊台山地区へ。地下鉄とバス(M262)を乗り継いで羊台山深林公園の龍華入口に到着。

ループになっている登山道を右回りに歩きます。どうやら小羊台山の山頂を通るようです。案内板に小羊台山山頂の文字。大羊台山に比べて圧倒的に多い人、人。登山道もトイレや休憩所などよく整備されています。
1時間15分ほどで山頂に到着。

つづく

 

羊台山深林公園
途中羊台山森林公園全体の案内板がありました。それによると大羊台山への石岩入口と龍華入口、それに西麗入口の3つの入り口があるようです。西麗入り口は興味がそそられます。そのうち実地に調べることにしましょう。

今回歩いたのは右側の小羊台山エリアの赤いループの部分です。龍華入口から右回りに1周3時間半。上り下りが激しくてけっこうハードです。

龍華入口(小羊台山エリア)へのアクセス
バス 羊台山(大浪路口) 下車 → 羊台山(大浪路口)





龍華入口の登山口です








山頂まであと少し




小羊台山の山頂到着。 岩に登らないようにのワーニングがありますが誰も・・・




山頂の岩には深圳八景のタイトルにあった「羊台叠翠」の文字。


一番奥が大羊台山。この山脈の最高峰です - 小羊台山頂から


望遠で拡大すると・・・ こちら、小羊台山へ結ぶ石段も見えます。


コメント(0) 
新生羊台山経過時間(2013.9.25)
大羊台山登山口 大羊台山頂 1時間15分
大羊台山頂 小羊台山エリアの合流点 25分
小羊台山エリアの合流点 小羊台山エリア登山口 1時間20分

小羊台山エリアへのアクセス
バス 羊台山(大浪路口) 下車 → 羊台山(大浪路口)

大羊台山の山頂です


山頂からの新しい登山道。ここを下ります


石段が続きます。


小羊台山エリアとの合流点。 標識が何もないのでちょっと不安



小羊台山エリア
大羊台山より先行して整備が行われたようです。かなり公園らしくなっていました。
途中渓流があったり飲める水の採取場があったりまあまあハイキング気分で。
水の味はちょっと癖があるものの梧桐山のより柔らかくておいしい感じでした。
けっこう整備ができていました




渓流もありました




ふもとの登山口付近です。一番公園らしくなっていました。


羊台山森林公園入口のエントランス


コメント(0) 
羊台山森林公園のエントランス まだ整備中のようですね。

新生羊台山再び (2013.9.25)

前回羊台山へ行った時、新しい登山道がいくつかできていたので新しい登山道を試すためにふたたびやってきました。
いつものように石岩から羊台山登山口へ。
登りは基準時間の1時間10分を少しオーバー、最近ちょっとさぼっているからかな・・

山頂は数人が工事をしていました。少しずつ完成に近づくのでしょうかね。
新しい見晴台ができて今までとは違う角度から撮影ができるのでありがたいのですが、ただこの部分は白花の段菊(だんぎく)が見られる数少ない場所でした。
前回に引き続き見晴台の足場など探してみたのですが残念ながら段菊を見つけることができず・・・ちょっと残念です。

新しい登山道を下る
さて今回の目的である新しい登山道を下ります。どこに行くのか分からないのですがまずはチャレンジ。前回、地元の若い人が話していたのはこのルートはかなり長くて時間がかかると。

ともかく行ってみます。ただ今午後3時45分、2時間かかるとそろそろ暗くなり始めるので少し冒険かも。一応LEDライトを準備してはいますが。

途中、人がこちらにやってきました。とにかく聞いておきます。
「この道はどこへ行きますか?」
「〇×◇」
聞き取れません。たぶん知らない地方。
「時間はどれくらいかかりますか?」
「まあ2時間ぐらいかな」
ぎりぎりかも。まあ戻る気もなく前へ前へ。

始め道は順調に下っていたのですがそのうち上がります。それもたくさん。そして下ります。これを繰り返しながら少しずつ下ってきました。登山道と言うより山歩き道のような感じ。
羊台山から30分ほど進むとどこかの登山道とドッキングするみたいにつながりました。建設されたのは比較的新しそうな道(石段)ですができてから数年は経ってそう。とすると今回羊台山から新しく建設された道はこちらの登山道と接続するための道かな?


広東緑道  近畿自然歩道みたいなもの?
ただ整備はこちらの方が進んでいるみたい。最近よく目にする「広東緑道」の標識も整備。

三叉路、さて。羊台山森林公園の案内板がありました。ただし回遊コースのようなイラストはあるものの羊台山も書かれていないのでどこが下山先なのかさっぱり分からず。
うまい具合に人の声が聞こえて中年のカップルが。
たずねてみるとこの道だとあと40分ぐらいかな、と。どうにか明るい内に下山できそう。あたりを撮影。

途中で会った中年カップルと下山
撮影が終わると二人は待っていてくれていっしょに下りましょうと誘ってくれた。
彼女が江西省、彼が福建省の出身と言うことで二人とも深圳には20年住んでいるとのこと。したがって深圳戸籍。香港へは年間100元でマルチビザがもらえるとか。

途中分岐点がいくつもあってなかなかややこしい、それだけ整備が進んでいると言うことでしょうかね。私が羊台山と言っている山は大羊台山でこのあたりは小羊台山だとのことでした。初めて知った小羊台山、ちょっとうきうきしますね。

結局あの三叉路からはほぼ1時間で羊台山森林公園のエントランスに到着。彼らは車で来ている様子で地下鉄の駅まで送りましょうと言ってくださったのですが、ここはどこなのか、この場所のロケーションが全く分からない。まあ帰ってから調べるにしてもヒントの情報を調べておかなければなりません。せっかくなのに申し訳なかったのですが辞退しました。

龍華!!
バス停がありましたがバス路線表を見てもよく分からない地域、まあ適当に地下鉄の駅へ行くものに乗りました。しばらく進むと明らかに地下鉄の高架部分に出ました。どこか分からないですがとにかくここで下車、地下鉄駅を探すと龍華駅でした。
おー龍華か。石岩から羊台山に登ったのでまさかの龍華、という感じ。でも一応帰りのめどが立ったので食事を。
港式叉焼飯を注文すると広東語が返ってきました。香港人と思ったのでしょうかね。地下鉄龍華線は香港MTRの経営ですからこのあたりは香港人が多い?
セットメニューにして19元。

帰ってから
お得意のネットと手持ちの等高線の入った深圳の地図などで調べまくりほぼ概要が把握できました。羊台山森林公園は面積が28.5km2あるので大羊台山エリアだけではなくほかにもあるはず・・と思っていたので小羊台山部分との出会いは目からうろこ。実にわくわくする日でした。
これからしばらく羊台山に凝ってみようと思います。

写真は次回・・・

 


南の塘朗山頂から見た羊台山脈です。最高峰が羊台山(大羊台山587m)、右へ行くと小羊台山(たぶん462m)、さらに右へ行ってふもとには龍華の街です。
大羊台山部と小羊台山部に分かれてそれぞれの区分で整備が進んでいるようです。以前整備が始まっていないと思っていたのですが小羊台山の方が先行して整備されていたので分からなかったのでしょうね。
これまでは最高峰の向こう側から登り始め山頂へ、そして下山はもと来た道を下るだけでしたので小羊台山エリアは知るよしもありませんでした。

新しく整備されたのは大羊台山と小羊台山エリアをつなぐ登山道で今回行った道でした。まあ登山道というか上り下りの多い山歩き道ですかね。

小羊台山エリア(案内板の写真から作成)


コメント(2) 
新生・羊台山 新しくなった登山口

新生・羊台山 (2013.9.11)

2007年、5年以内に深圳市の面積(大阪府とほぼ同じ、1953km2)の約半分を森林にするため10ヶ所の森林公園を建設する計画がたてられました。羊台山は最初に整備される予定でしたがなかなか工事が始まる様子がなくあきらめていたのですがようやく整備されてきました。
前回、去年7月に来た時は塀で囲われて整備工事中、そして今回、大きく変貌していました。

今年初めての羊台山へ
羊台山(587m)は16回目の登頂。いつものバスが羊台山のかなり手前で終了になったので不思議に思っていたのですが登山口についてびっくり、それまでのゴミ山のような登山口付近は全くきれいに整備されていました。気分がいいですね。しばらく写真を。

登山口もきれいになって長城風の石段が少しだけ。ほんとに長城風が好きなのでしょうね、こういう時はたいがい長城風に作ります。
山頂も新しくなっていましたがまだ未完成。雰囲気的にちゃんと完成するかどうか不安がありますが・・・

新しい登山道
羊台山の登山道はこれまで1本だけ、登りも下りも同じコースを行くしかなかったのですが、ほかにいくつか新しいルートを建設中でした。山頂から反対側に下る道もできているようでしたがこれは次の機会として今回は隣の嶺から下る新しい登山道に挑戦しました。
山頂付近はサンシャインコース、小陰が鳴く太陽にさらされるコースで暑い時は辛いかも。途中からは現在建設中、というかひとりの作業員が細々と工事をしていました・・いつできる?・・・


羊台山へのアクセス
羊台山は南山区と宝安区の境目にある山です。
石岩汽車站から支線バス(ミニバス)769路で終点まで。

 

2009年と今年の変化




新生・羊台山




登山口です。ここから少しだけ長城風の石段があります。




山頂にできた展望台 隣の嶺から


山頂です




隣の嶺の山腹に白い筋、新しい登山道ができている様子、ここを下ります


途中まで整備できていた新しい登山道



下山すると夕方。整備された広場は子供たちの遊び場でした。おかあさんも。


コメント(4) 
能見度抜群の羊台山から (クリックすると2000ピクセルの大画像に)
左端には梧桐山、中央付近は大帽山、右へ行くと香港・青山はもちろんのことランタオ島の山々が見えます。一番右には南山(大南山と小南山)。

《深圳の山と公園》 羊台山 (2012.7.4)

JUSCOへ行くと新しょうがが出ていました。またこの季節がやってきたのですね。早速500gほど買って甘酢漬けを作りました。きれいなピンクに仕上がりました。今日はばら寿司でも作るかな。

視界抜群の羊台山頂

7月1日の香港・大帽山の天気は悪いながらも視界はよく、深圳・羊台山がはっきり見えていてびっくりしました。あまりに間近に見えていたので香港の山ではないかと一瞬考えたくらい。
で、羊台山はどうかとやってきました。羊台山は標高587m、2592段の石段をひたすら登ります。これまで十数回登っていますがいずれも展望は悪く最上の時でもかすかに梧桐山が確認できる程度であまり期待はしていませんでしたが・・


羊台山では整備工事がおこなわれている様子。正規の登山口を封鎖して工事をやっていました。脇に臨時らしい登山口が用意してありました。おかげでバスは登山口まで行くことができず、途中で降りて少し歩きます。

2592段の石段を登り切って山頂に立つとなんと視界は抜群、これまでの羊台山頂で見たことのない広大な風景が見えました。梧桐山も大帽山はおろか、塩田区の梅沙尖まではっきり見えていて、そのためかすごく近くに感じます。喜び勇んで、浮かれて写真を撮りまくりました。


この日の最高気温は34度、最低気温が26度ぐらいで日本でいうと真夏日に熱帯夜。夜は寝る前でも28度ぐらいありました。ま、羊台山も木々に包まれているのであまり日は当たりません。

 

登山道



山頂の展望
深圳最高峰・梧桐山


塩田区最高峰・梅沙尖


香港最高峰・大帽山


香港・馬鞍山と深圳・地王大厦と98階の京基100


西麗水庫の彼方には香港・青山を経てランタオ島の高山群


青山、圓頭山、ランタオ島


香港・八仙嶺と新幹線・深圳北駅



下山
整備中なのでしょうね、資材を運ぶ馬・・

すごく重そうでした。このあと石段を登っていきました。




視界抜群・羊台山からの展望
終わり
コメント(6) 
ここまで高層住宅が進出してきました - 羊台山登山道から

《深圳の山》 羊台山へ

深圳・羊台山 2012
今年初の羊台山です。
羊台山は南山区と宝安区の接点にある587mの山で登山口は宝安区側の石岩にあります。ほとんど石段で構成され段数は2592段。ひたすら階段を登るだけのけっこうきつい山登りです。
ただ現地の人らしい若い女性はハイヒールででもミニスカートででも登りますから驚きです。まあ、階段だからということでしょうけど2592段です!女性は強い。

まずバスで石岩へ。バス道中の風景がいつもと違う。道や街道沿いは一段と美しくなっているし、新しい高層の建築物も建ってきています。もうどれくらいご無沙汰してるんでしょうね。と思って調べてみると去年の9月11日から来ていませんので5ヶ月ぶりということになります。それにしても変化がすごい。

石岩で下りて1元バスに乗り換えて羊台山へ。今にも雨が降りそうな天気ですがなじみ深い風景に足も軽やか。
それにしてもここは2007年に深圳の森林公園整備の一番頭に指定されていたのにまだ整備されそうな雰囲気はありません。周辺の方がどんどん開発されてきています。登山口までの「参道」に大きいゴルフ練習場ができたり、運動公園が整備されたり、高層マンションが建設中とか・・

で登山開始。この日もおそらく地元の人でしょう、多くの登山者。いつものようにハイヒールの女性もミニスカートの女性もいました。登り口付近では鳥のにぎやかなさえずり。聞き慣れた声ばかりなのでおそらく紅羅雲(こうらうん)や白頭(しろがしら)といったところかな。

少しさぼっていたのでしょうか、山頂までの時間が意外にかかってしまいました。標準にしている1時間10分を7分オーバーしてしまいました。ちょっと心を入れ替えてまじめに訓練をしないと。
でも下りで四十雀(しじゅうから)が数羽、登山道に下りてきて地上で楽しく遊んでいるのが目に入って思わずにっこり、安らぎの一こま。ちょっと気を遣って離れたところからこっそりみていたのですが他に人の気配を感じて飛び上がってしまいました。

帰ろうとすると普段ならバスが数台とまっているところにバスが1台もない。おかしいな、と思いましたがまあこれをきっかけに歩いてみるかと歩き出しました。一度ここから石岩まで歩いたことがありますがおそらく40分ぐらいで行けたと思う・・

で、歩いていると羊台山へ向かう1元バスがありました。しかも2台続けて。そして羊台山から折り返したバスは私を追い抜いていきました。
でも少し行くとなぜか渋滞、原因はわかりませんがさっきのバスも止まっています。私は追い抜いて石岩まで歩きましたがついにバスは私を追い越すことなく、ちょっといい気持ち。それにしてもこの道はまだ埃っぽい道でしたが沿線の整備はどんどん進んでいるようです。
早く美しくなってくれることを期待します。

 




写真を撮っていると通りすがりのお子様がチャチャを入れに来ました。おもしろいのでUP・・・






こんな小さい子もたくさん。 もっと小さい子もお父さんに助けられながら自分の足で登っていました。


山頂からは展望がなく・・



羊台山への「参道」の建設中の高層マンション。30階建てぐらい


タグ / 羊台山
前へ◄  ►次へ




Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "深圳・香港 夢時間" all rights reserved