So-net無料ブログ作成
検索選択
南山から深圳と香港を結ぶ深圳湾大橋 向こう岸は香港

深圳 南山へ (2013.7.9)

久しぶりに南山へ出かけました。実は前日にも訪れましたが・・・
前日は出かける時に雨が降ってきましたがすぐやむだろうと地下鉄とバスを経由して南山に向かいましたが、途中雨がやんだり降ったりしながら雨足が強くなってきてとうとう登山は断念。

で再挑戦でした。
南山はいつものルート、蛇口海関の登山口から海上世界へ抜けるゆっくり2時間ほどのコースです。まあここは市民の鍛錬用みたいなところなので充分整備されています。外人も多いところ。

季節がら、展望の透明感は充分。

 

深圳湾大橋のこちら側は深圳、対岸は香港。対岸のビル群は香港・天水圍の住宅群。


深圳湾の向こうにはかすむ深圳最高峰・梧桐山。




深圳湾よりも珠江の河口に近いところ。珠三角の開発で工事が盛んなところです。



香港展望
深圳湾に面する香港の山々。私は・・だいたい登っていますね。


手前が蛇口港、山は香港・ランタオ島の高山群。香港第二峰から香港第五峰までの山々です。
中央は香港第二峰・香港鳳凰山(934m)と香港第五峰の弥勒山、その左に香港第三峰の大東山に香港第四峰の香港蓮花山。


香港ランタオ島の山。 左が香港・鳳凰山、右が弥勒山


香港青山


コメント(2) 
正午の南山から香港青山/乾山/圓頭山/九径山/大帽山など

南山ラハイナヌーン + ラハイナヌーン2012


12時29分ラハイナヌーン
南山のラハイナヌーン

再び真上に太陽の昇るラハイナヌーンがやってきました。深圳では太陽が北に来るのは今年は今日で終わりです。

視界はあまりよくありませんが南山に登ってみました。
やっぱり南山は暑い。全登山道が石の階段と石畳。石とい材料は夏は暑そうだし、冬は寒々しい。
登山道は木立も多いのでまだ助かりますが、木立の影になっているところから日の当たっている石段に出ると通る風も違います。



2012年のラハイナヌーン
来年のラハイナヌーンの日時です1番目と2番目の間が北に太陽の昇る(正中する)期間です。。


南北の位置で日が決まり東西の位置で時刻が決まります。
始めのラハイナヌーンは南部から起こり、次のは北部から起こります。
時刻は東経114度のこのあたりでは東経120度が基準になり、東の方が時刻が早くなります。

 

南山を行く
蛇口海関の登山口から






海上世界の別墅登山口へ下りてきました



展望
香港の山々を 一番右にうっすら見えているのは香港ランタオ島の高山群


深圳と香港の架け橋、深圳湾大橋 向こうは香港です




ここでも新深圳の建設ラッシュ



下山して

7-11の隣は日本食材専門店の「一番」 下山後、コレステロール0の日清サラダ油を買いました


地下鉄海上世界駅から帰途 バスよりずっと速い


またまたいました、四季鳥の幼鳥 かわいい


南山公園の休日
《深圳の山と公園》 南山公園の休日
日曜日、朝から能見度がよくない。能見度はすでに冬。
久しぶりの南山へ。
香港の山どころか深圳の山も見えない・・・

蹴羽根も

南洋桜はなお花盛り



中国南方航空

知らない登山道がありました。聞いてみると海上世界へ行くという。下りてみました。
景色がいい。たぶん新しくできた登山道。



登山口にでました。やっぱり新しい登山道でした。前はここ、工事中でした。

下山して海上世界へ向かいます。

トベラの花と蝶
006

《深圳花暦》 ●トベラ ★海桐 - 南山公園(2010.3.20)


天候はよくないものの外に出たいのでいつものショルダーバックに昨日作っておいた日本茶のペットボトル、そしてカメラを詰めて外へ。
バスに乗って世界之窗で乗り換え南山公園の蛇口海関登山口へ。

南山公園のトレール沿いはトベラが多いのです。この前新芽が出ていたと思ったら南山公園ではすでに満開状態。季節の移ろいは早いものです。

節分に扉に挟んで鬼を払うことから扉がなまってトベラと言うとか書いてありました。

トベラ(扉)
海桐花(かいどうばな)
海桐 (hǎi tóng)

学 名Pittosporum tobira
科属名トベラ科トベラ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
果 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)


トベラ

トベラの花が満開












2009.11.28撮影

花が咲いた後は実がなって・・・
トベラの実がはじけたところです。2009.11.28撮影。同じく南山公園。


南山公園

深圳湾大橋は見えるもののやっぱり香港は見えません。一瞬青山が見えたのですが・・・





南山もビルの数が増えました。深圳湾口岸(イミグレ)ができて近くに高層マンション群ができたのです。名前もタイクーシン(太古城)、香港にあるマンションと同じ名前。
イミグレの近くには広東語が飛び交う香港人の町ができます。タイクーシンという名を付けて香港人に売り出そうというものでしょうか。

この風景を眺めていた隣の女性、
「ああ、あそこ、香港からやってきてたくさんマンションを買っているのでしょう?」
と仲間と言い合っていました。

ビルの増えた南山


別荘登山口に下山



この日のあれこれ

季節がよくなってきたので家族連れでもたくさんの人です。女の子とお父さんという「カップル」もたくさん目にしました。子供はお父さんと一緒でですごく楽しそうにはしゃいでいました。
展望台で写真を撮っていると上から女の子の声、こちらに声をかけて手を振ってくれました。お返しに
「イー アー サンッ」 パチリ がこれです。かわいい





下山後、まず日本食材専門店「一番」に寄って買い物。七味唐辛子とにぼしを買いました。にぼしは私の家では「だしじゃこ」と言っていました。母が言っていたので京都弁かも・・
だしじゃこはミネラルが多いというのでみそ汁のだしを取ってみようかなと思って試験的に購入。調理方法はすでにネットで入手済み。

「一番」の前の通り インパチェンスの花籠がきれいでした



写真日記 南山公園へ

九重葛(ブーゲンビリア)できれいな南山公園
【写真日記】南山公園へ (2009.03.28)

知人が日本へ帰任することになり、記念に4人で南山公園へ。僕以外は香港在住で、彼らは南山は初めての挑戦。
朝に雨が降っていたので少し足元も悪く視界もあまりよくない状態であいにくだったが僕にとっても久しぶりの南山だ。

福田口岸で待ち合わせ、地下鉄とバスを乗り継いで蛇口海関口へ。ここから別墅口へぬける2時間のコース。

深圳の登山道は香港のに比べると階段が圧倒的に多くて慣れないとしんどいかも知れない。特に南山の登りは距離は短いもののすべて石段。
かなり湿度も高く、だんだん晴れ間も出てきて汗がしたたり落ちる。で、周りを楽しみながらのんびり進む。

一つめの嶺付近に回廊のようなものができていた。整備工事をしていた一つはこれだったのか・・・まだ未完成の様子。

小南山を見ながら3つの嶺めぐり。結局深圳湾大橋は見えるものの、香港の山はかすかに青山が見えたぐらいであいにくだった。
まあ、この季節ではしょうがないか・・・

南山を下山したあとは海上世界を少し案内、深圳にもこういうところがあるというところを・・

あとは我が家へ来ていただいてたこ焼き。あまりうまく作れなかったがごめんなさい。
その後、東門へ行ってDVDを買ったあと解散。お疲れ様でした。
蛇口海関登山口


登る


回廊風のものができていました


ひとこま


展望台で


あいにくの視界 かすかに香港の山


下山して海上世界へ


海上世界


海上世界


深圳の展望台 【3】 南山区 大南山 深圳湾大橋と海と香港 | 2008.08 |

塘朗山から見た大南山(336m)と小南山

2008.6撮影
大南山

南山にはふつう南山と呼ばれる大南山(336m)とその南西にある小南山とがあります。小南山の頂上にはのろし台(烽火台)があり、その周辺に左砲台(左 炮台)と右砲台(右炮台)があって、これらはともにアヘン戦争にも使用されていたものです。

今回は大南山公園から展望します。大南山は海に近いので深圳湾大橋の海景、さらにその向こうの香港を見渡せます。
普段は海上世界近くの登山口から登り海関口へ下りるのですが、初めて蛇口海関の登山口から登りました。
出発の時、思っていたバスがなかなか来なかったので世界之窗まで行き、地下のバスターミナルから適当なバス(70番)に乗っていくと偶然海関口へ着いて ラッキーと思いました。初めてのコースがたどれます。

以前、海関口へ下っていた時の印象は、すごい急石段が続いて登りだとしんどそうだなと思っていたのですが登ってみるとこちらのほうが楽かも・・と思いまし た。登りと下りでだいぶ感じが変わるものです。


アクセスは
蛇口海関口の登山道 →  蛇口海关 
海上世界・别墅口の登山道 →  海上世界 
パノラマ展望 (クリックすると大きくなります。1500ピクセル)




パノラマ展望 (クリックすると大きくなります。1000ピクセル)


深圳湾大橋と香港、そしてここにも香港最高峰大帽山






小南山と南頭半島西側の海・媽湾(妈湾)



媽湾(妈湾)


紅樹林(マングローブ)と遠く深圳最高峰・梧桐山



深圳湾大橋と香港、そして大帽山






2008年8月17日撮影
コメント(2) 

南山区蛇口 南山公園

2007年 12月 01日
南山公園 深圳湾大橋遠望
深圳では日本人、外人の多い地域である南山区蛇口半島にある都会の公園です。公園といっても深圳のこと、標高336mの大南山を中心に面積350ヘクタール、3.5平方キロの広さを持ちます。西の山麓には青青世界があります。


海上世界近くの日本食材専門店「一番」と「セブン・イレブン」を右に見て少し行ったところに一つの登山口、「別墅登山口」があります。
入り口からしばらく車道を歩くといつものように石段の登山口がありますので車道から離れてここから登ります。
入り口には「深圳大南山改革解放記念公園」となっています。どんな歴史があるのだろう・・・

公園入口




登山口










海に映る太陽


第一の展望台から


南山
第一の嶺の展望台から案内板にしたがって海関口の公園ゲートに行くことにします。
あと2つの嶺を越えます。

展望台からあるカップル、女性が男性をうながして海関口へ進もうとしますが男性が次の上りがあるのをいやがって行こうとしません。
山登りをしていて時々こういう女性が男性をうながして進む場面に出会います。梧桐山なんかでもけっこう女性ばかりのグループを見かけます。正直、女性が頼もしく 思えてしまうのですが・・・

いつものように無料モデルで女性の後姿を写真に・・
と、これを見ていた清掃員のおっちゃん
「わはははは・・・・・」
親しげな顔で大声で話しかけてきました。私は愛想笑い。
残念ながらあまり言葉が聞き取れなかったのですが、雰囲気から察してふつーのHなおっちゃんになったようです。がっくり。

1万3500歩



無料モデルを・・・ 清掃員のおっちゃんに見られてました


海関登山口をめざします




2つめの嶺の展望台。これが導航台かな?





クリックしてください。 大きくなります





3つめの嶺


アンテナ群


下山します








いろいろな企業がスポンサー?


海関口






おわり
タグ / 南山公園
前へ◄  ►次へ




Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "深圳・香港 夢時間" all rights reserved