So-net無料ブログ作成
検索選択
全2696件 ( 新しい記事順 )
前の5件 次の5件

久しぶりの大尖山へ (2017.6.8)

平日ですが大尖山に登りました。行こうと思うと天気が悪く雨が降ったりと延び延びになっていました。この日も雰囲気が悪かったのですが持ちこたえてくれました。(次の日は雨)

それでもバスで登山口へ向かう途中大雨、山頂に着いたときにもにわか大雨。いずれもすぐにやみましたが・・・
昼から出かけましたが朝の方がよかったかな・・

大尖山公園路口で下車、歩いて登山口へ。二度目です。
ここらあたり一帯は全部五桂山だとのことでいわば五桂山脈と言ったところなのでしょうか。案内板にも五桂山西北部の大尖山森林公園、となっています。まあ、中山の山と言えば五桂山ぐらいしかないので貴重な山。


登りコース
前回とはルートを変えました、と言うか、案内板に登り口、下り口と書かれていたので今回はその通り進んでみようと。
あまりいいコースとは思えませんでした。ずっとコンクリート舗装のした登山道でおまけに太陽があたって暑い。コンクリート道の暑さと地の山道とは暑さが違います。次回からは遠慮したい道。

コンクリートが新しそうなのでできて間もないのでしょうか。
車も通れそうですが許可車両以外は通れません。

登るにつれて坂が急になって・・・
最後は写真のような石段500段でフィニッシュ、山頂のお廟に到着。

お廟に着くなり大雨。お廟に雨宿り。すぐにやみました。

前回はここから金鐘水庫に続く道(急坂の地道でちょっと怖い道)を行ったのですが今回は「公園指定」のコースを行きます。前回、登りに使った道。
やっぱりこっちの道の方がよろしい。次からはいろいろルートを考えてみましょう。

最高点海抜391m、のんびりと道草、写真撮影をしながら3時間あまりのコースでした。
この日、夏の能見度、見通しがよかったのであちこち探すと・・・見慣れた利和広場のツインタワーが見えました。視線を移していくと孫文紀念公園が見え、きれいな興中路が見えました。さらに目を移すと私のマンションも!

 


山頂からの展望です。
利和広場のツインタワー



視線を右に移すと・・ 手前の丘は孫文紀念公園の木々。まっすぐ北に延びる興中路。木々の中では孫文の像がまっすぐ興中路を見ています。
孫文の像が見えるかと探しましたがどうやら木々に隠れてしまっている様子。



そしてさらに右の方に視線を移すと私のマンション付近・・



ありました、私のマンション



そして中央のツインタワーはカルフールのある遠洋城・大信。


2017-06-11  |  コメント(0)  | 
タグ:
★水石榕
(314)

水石榕 - 中山・大尖山麓 (2017.6.8)

久しぶりに大尖山に登ろうかな、と出かけました。
麓の小さな公園にはいろんな樹木が植えてあるのでここを見るのも楽しみなのですが・・ありました。
華南のホルトノキ、水石榕、かなりご無沙汰ですので会えてちょっと感激。

残念ながら和名は不明です。

[和名不明]
水石榕 (shuǐ shí róng)

学 名Elaeocarpus hainanensis
科属名ホルトノキ科ホルトノキ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)








2017-06-10  |  コメント(0)  | 
タグ: 水石榕 | ホルトノキ科 | ホルトノキ属 | 

2017-06-09     カテゴリ  《 中山日記 》

《中山》 無料バス路線登場

無料バス登場

長期日本滞在を経て中山に戻ってきたらマンションの前に見慣れぬミニバスが数台あってよく見ると「免费」の文字。タダです。無料。
香港にいたときのようにマンションが住民サービスのバスを買ったのかな、と一瞬思ったのですが、香港の時はマンションのバスでも料金が必要でした。
車体に書いてあるのを見るとどうやら市がサービスでやってるような感じ・・でも何か条件付きで無料かな・・
そして行き先は・・・知らない町ですが繁華街、利和広場を経由していくようなので便利。そして、このマンションが始発駅になっていました。

で、ある日、出かけるときにちょうどバスが出発するようなので試しに乗ってみました。数人の人も乗り込んできました。カード読み取り機や料金箱がないのでおそらく無料。
途中からも老若男女乗り込んできます。条件無しに無料のようです。
そして利和広場付近で下車。全くお金はいりませんでした。

町にはあちこちで同じようなバスが走っていていずれも無料。どうなってるんでしょうね。こんなことがあり得るのでしょうか・・・

まあ、元々バスの値段は安いですが。初乗り10km程度まで2元(32円)ですが非接触ICカードを使うと半額ですのでこれがタダになったからといってそんなに大差ないかもしれませんが・・・
どういう理由なんでしょうかね。家に帰ってネットで調べてみても「朗報!無料バス」とか書かれているだけでまだ理由までわかりません。3月あたりに初登場してすでにたくさんの路線があるようです。
どうしてタダなのかそのうちわかるでしょうかね。

私のマンション始発になっているバス。


「村村通 環境保護無料バス」と書かれています。従ってもちろん電気バスです。


 

2017-06-09  |  コメント(0)  | 
タグ:

紫馬嶺公園の幼鳥 (2017.5.28)

紫馬嶺公園はけっこう鳥がいます。今回は少し探してみました。
と、よくいる四季鳥。かっpる厦と思えば・・・親子のようでした。なんかほほえましいですね。

四季鳥がいました。これは雄です。濃い青色のボディ。雌は灰色。


で、これはカップル?と思ったら・・・


お子さんでした。胸の部分がまだらになってます。


他にもたくさんの鳥。 これは四十雀(しじゅうから)ですね。


そして目白(めじろ)も。




2017-06-06  |  コメント(0)  | 
タグ:
(313)

紫馬嶺公園の花々 (2017.5.28)

いい天気に誘われて久しぶりに近くの紫馬嶺公園へ行きました。南門のそばのバラ園では鋭く真っ赤なバラの花が咲き誇っていました。写真ではうまく撮影できませんでしたが見事に真っ赤。
そのほかにもたくさんの花々が・・
バラ園で






鳳凰木(ほうおうぼく)
凤凰木鳳凰木 (fèng huáng mù)
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
果 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12






展望台から


姫有明葛(ひめありあけかずら)
黄蝉 (huáng chán)
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
果 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


黄花夾竹桃(きばなきょうちくとう)
黄花夹竹桃黃花夾竹桃 (huáng huā jiā zhú táo)
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
果 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


アメリカ浜車(アメリカはまぐるま)
南美蟛蜞菊 (nán měi péng qí jú)
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


2017-06-05  |  コメント(0)  | 
タグ:





Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "深圳・香港 夢時間" all rights reserved