So-net無料ブログ作成
全2795件 ( 新しい記事順 )
前の5件 次の5件

ラハイナヌーン(Lahaina Noon)珠江デルタ版2018

今年もまたこのシーズンですね。6月、7月の華南、珠江デルタ(珠三角)はラハイナヌーンのシーズンです。広州白雲空港を北限として太陽が頭上真上、天頂を通過する季節。夏至(2018年は6月21日)前後の二度訪れます。
去年はちょっとお休みでしたが復活です。


ラハイナヌーン(Lahaina Noon)2018日程
珠江デルタ版日程(中山・深圳・香港 広州・東莞・恵州・マカオ/★澳門・珠海)
日は少しずれても大丈夫ですが時刻は正確に。
時差があるのでぴったり12時にはなりません。時刻は秒単位を切り捨てています。



ラハイナヌーン (Lahaina Noon)


普通、太陽は北半球では南にあり、南半球では北にあります。
北半球の日本で太陽は南を通過しますが、日本を離れてどんどん南へ行くと北半球でも太陽が北を通過することのある地域があります。地軸が23.4度傾いているため北緯23.4度から赤道までの間の地域で夏至を中心とする一定期間太陽が北を通過します。中国・珠江デルタ地域では広州白雲国際空港あたりの緯度を北限とした地域です。一番北になるのは夏至で正中した太陽は北にあります。中山、深圳など、10mの柱があれば真南に15cmほどの影ができます。

したがって太陽が南から北に移動する途中で太陽が頭上真上を通過する時があるのです。ハワイでは公募でこれをラハイナヌーンと名付けていますのでこの名前を拝借。
完全な意味でのラハイナヌーンは正中した時の太陽高度が正確に90度でなければなりませんがそううまくはいきませんので90度に最も近い日をラハイナヌーンとしています。

普通太陽高度が一番高いのは夏至ですがこの地域ではラハイナヌーン時が一番高くなります。
日本で太陽が一番高くなる夏至、奈良では正中時78.8度ほどです。

2011年6月5日、深圳のラハイナヌーン 12時22分に街灯の柱の陰がなくなっています。
 
ラハイナヌーンの過去記事 → ラハイナヌーン

マカオ国際空港展望とタイパ最高点 (2018.5.4)

マカオ国際空港遠望

あまり縁のないところなので今まで行かなかったのですが気が向いてちょっと遠望してみました。
遠目には意外に小さく見栄えのする空港ではありませんでした。まあ、新カジノ地区(コタイ)に近いのでその関係の人には便利?

それでも右肩上がりの利用客で去年2017年通年で延べ716万人が利用しています。マカオの人口(2017年末で65万人)の11倍。今年の第1四半期で200万人越えと伸びています。
現時点の就航都市数は47で、市場別シェアは中国本土が36%、台湾が22%、東南アジア及びその他が42%。
1995年開港。関空と成田からそれぞれ1日1往復。あと福岡に週3往復。


マカオ・タイパ地区最高点159.2m

ここからタイパの最高点に行くことができます。最高点と言っても159.2mですからたいしたことはありませんがまっすぐ最高点に向かう石段なのでちょっときついと感じるかもしれません。
159mなら50階ぐらいでしょうが登山口はすでにけっこう標高がありますので。

展望は木々に遮られていますのですきまから・・

マカオ国際空港 小さな空港です


滑走路へ


着陸する機と離陸準備の機





タイパ最高峰 大潭山159.2mの三角点


黄花夾竹桃(きばなきょうちくとう)です。道路沿いに植えられていました。

旬ですね、崑崙花(こんろんか)

白頭(しろがしら)

この日はこの鳥が実に多くて・・

タグ:
2018-05-07 コメント(0)

急峻な斜面を上下する斜行エレベータ (2018.5.4)

マカオ・タイパ地区、最高点は大潭山159.2mです。この麓の小高いところに眺望台があります。
眺望台を見学したあと、どこから降りられるかな・・・とあちこち探っていると・・ふと変な入口らしきものを発見。
横に「斜行電梯乗梯指引」という案内書きがありました。どうやらエレベータのようです。上から見るとかなり急峻。あちこちガラス張りで高所恐怖症の人は無理かな・・と思うくらい。
斜行エレベータを見るのは初めてなのでワクワクしながら下りボタンを押していました。

調べてみると日本でも色んな所で見られるようですね。面白い遊び道具があるものです。

道路から


眺望台の乗り場から


二階部分ですね。ここから眺望台へ


タグ:
2018-05-05 コメント(2)

五桂山へ 田心森林公園から (2018.5.1)

田心森林公園の対面に続いていた五桂山への登山道らしい道、登りに行ってみました。コメントの情報、五桂山に続いているとのことで安心して出発です。
交通の手軽さでよく登っている大尖山は五桂山第二峰で391m。今回登るのは五桂山の主峰531m。低い山ですがそれでも中山の最高峰。

五桂山主峰へ

中山で最初に五桂山に登ったとき、頂上からテレビ塔の建ち並ぶ山が対面に見えて「あれが主峰なのかなあ」と考えておりました。山頂からは登ってきたルートとは違う登山道にも続いていましたが時間的な関係で当時は元の道を引き返しました。まあ道を取り違えましたが。 → 五桂山へ
今回はそのテレビ塔のある主峰を目指します。

博覧中心からK16路で孫中山故居へ。更に乗り換えて田心森林公園まで行き少し歩くと登山口です。
5月1日のメーデーのためか故居周辺、田心森林公園周辺の道路は全くの渋滞。前に来たときはテキ屋が並んでいたのでここで水を買うつもりだったのですが公安が五一節の交通取締り中でテキ屋がいません。
水を買えなかったらどうしようと思ったのですが五桂山の登山口には少しテキ屋がいて水を買えましたので出発。

登山道を行く

登山口です
舗装路が続いていると聞いていましたがそのとおり・・・テレビ塔メンテの車が通れるように登山道ができているようなので難所はなく斜面も穏やか。難易度0ですね。ジーンズで来たのですが歩くと蒸れてくるので用意してきた短パンに穿き替えました。すっきり。たぶん舗装道でなければもう少し快適のはず。
あまり好みの登山道ではありませんが木々の緑がとってもみずみずしく美しい。癒される緑です。

途中でテレビ塔と観音廟への分岐点。テレビ塔の方が標高が高いはずなので今回の目的はテレビ塔。ま、寄り道のつもりで観音廟へ行ってみますかね。

観音廟へ

観音廟
分岐点からテレビ塔の風景を見ながら10分あまり歩くと観音廟に到着。
観音廟は大尖山にもあるような小さな祠ですがバックの岩場がいいですね。岩場に登っていくとすばらしい展望が見えます。

観音廟の岩場から
最高点のテレビ塔を目指して

分岐点
分岐点に戻ってテレビ塔へ歩きます。何故か人が極端に減ってきました。登山道を真っすぐ行けばテレビ塔に行くようになっているのに・・・
マウンテンバイクの2人組が通り過ぎていきました。


もうすぐ最高点・・
で分岐点から15分あまりで着いたテレビ塔は・・
立入禁止!
それで人が減ったのか・・・

香港と同様、ここの山頂もアンテナに占領されていました。あと少しで最高点という所で立ち入れないとは・・・前菜を食べたところでメインディッシュを取り上げられたような気分。

先程の観音廟がメインディッシュだったようです。まあしょうがない。





下山
もと来た道を引き返します。途中なにか別ルートがあるような感じもありましたがそちらを行く気にもなれずただひたすら下山です。
相変わらず道は渋滞ですがバス停に戻ると公安の姿はなくテキ屋が商売を再開していました。


ほとんど曇り空、油断をして日焼け止めをしていなかったので腕が真っ赤になっていました。まだヒリヒリしてます。

それにしても登山口からあっけなく山頂付近に到着しました。標高差が少ないのでしょうか・・大尖山のほうが高く感じます。


五桂山へ




観音廟へ テレビ塔群が近くに見えます



観音廟と展望
観音廟です


三郷方面のようです




お廟の裏。岩場を登ります







下りてきました。道路はまだのろのろ運転。駐車場がないので車で来た人は道の両側に車を停めていますのですぐキャパオーバー。渋滞するようです。


タグ: 五桂山
2018-05-03 コメント(0)

サバの三枚おろしと中国スタイルのホットプレート

さんまはあちこちで売っていることがわかったのですがまだサバがよくわかりませんでした。何となくあれかな・・とか思っていたのですが「鯖」という漢字が見当たらないし・・そもそも中国語を調べたこともありませんでしたので躊躇しておりました。
で、そろそろサバの領域にとスマホで調べると青花魚とか。で、市場へ探しに出かけました。いつもさんまを買う隣のお店にそれらしき魚が。
指さして「青花魚?」と言うと小姐はうなずきました。で、これをゲット。1匹まるごとで10元でした。

サバを三枚におろす
これが問題です。日本だと三枚におろしたものを買ってくればいいので私はまだやったことがありません。ですので自分で挑戦するつもりでとりあえず1匹買ったわけですが・・
まずはYoutubeで動画を探します。さすが、たくさんありましたので2つほどダウンロード、タブレットに入れて調理場で見ながら挑戦です。

 
前もって予習はしておきましたが割合すんなり行ったような気が。ただ動画の魚はピチピチしているように見えますが買ったサバは少し年寄りっぽい。お肌に張りが乏しい。


中国式ホットプレート
以前漢中からネットで買ってほしいと言って中国式のホットプレートの注文が。蓋にも電熱線が入っていて温めることもできます。中国式ホットプレート、中国語で電餅鐺(☆电饼铛)と言います。


电饼铛(電餅鐺)

蓋を開けたところ

で当方もお好み焼きに使えるかなと思い購入しました。人が来たときにはお好み焼きを2枚同時に焼けます。すでにお好み焼きとサンマは焼いています。今回はこれでサバを焼きます。

実はこの前の帰省で日本から魚焼きの網を買ってきてこちらで試しているのですが使用感もいまいち、使ったあとの手入れも大変でなかなか匂いも取れないし・・ちょっと腰が引けています。



サバを焼く
ホットプレートの上にアルミホイルを敷いて油を引きサンマを載せます。

アルミホイルを敷くとホットプレートを洗わなくてもいいので楽なのですが・・・


さて焼き具合は・・・・

油は引いてあるのですがそれでもホイルに皮が こびりつくので美しくありません。魚用のアルミホイルがあるらしいのですがこちらでも売ってるのかな・・

ホットプレートに直に油を引いてサバを置くといいのですがあとの洗いが・・考えるところですね。


食べた感想としては・・ほぼ骨はありませんでした。うまく骨抜きできたようです。
タグ:
2018-04-27 コメント(2)



Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved