So-net無料ブログ作成
カテゴリ <テーマパーク / 休暇村> ( 9件  古い記事順 )

南山区 テーマパーク 世界之窗 - 小朋友と (2006.7.21)

入場料収益で中国NO.1の人気テーマパークということです。世界の名勝をミニサイズで展示するのがメインでアトラクションもいろいろあります。敷地面積48万m2
→  世界之窗 HP 

今回はかわいい「モデル」と一緒に。
知り合いの中国人の親戚の子が深圳へ遊びに来ました。もちろん中国人。世界の窓が気に入ったようで大はしゃぎ。小朋友との1日です。



6歳で自然にでるこのポーズ


 



 

 

 

 

 

大雨を降らせて川を氾濫させるアトラクション
 

 

本当に滑れる室内人工スキー場もあります。ジャンパーを貸してくれますが 寒い!!
 

 





2006-07-23  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 世界之窗 | 

2006-10-10     カテゴリ  《 テーマパーク / 休暇村 》

南山区 青青世界

Intermission 南山区 青青世界

2006年 10月 10日
深圳南山にある「青青世界」、花と園芸の世界です。



さすがここにもタウンハウスが






2006-10-10  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 青青世界 | 

南山区 テーマパーク 深圳・民族村


中国には56の民族がいるとか。深圳民族村にはその内21の民族を取り上げています。
民族を実感する意味では昆明かな・・・・

2006年 06月 03日









2006年10月23日

































2006-10-23  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 民族村 | 

福田区 園博園

2007年1月4日

園博園(深圳国際園林花卉博覧園)は深圳・南山区の錦綉中華(ミニチャイナ)に近い福田区にあります。

中国建設部と深圳市が共同開催した第5期中国国際庭園の花博の地です。今はあまり使ってない施設があって少し荒れています。少しだけ散歩しました。

→  园博园 


























2007-01-04  |  コメント(2)  | 
タグ:

塩田区 沙頭角と明思克航母世界 その入り口まで

2007年 07月 12日

梧桐山トンネルを抜けて塩田区に入ったところ。山の向こうは羅湖区

塩田区へ
塩田区は羅湖から東へ、深圳最高峰の梧桐山、その梧桐山トンネル(2300m)をぬけると経済特区の東端、塩田区です。

私はここを通るたび、大阪から奈良へぬける近鉄の生駒トンネル(3400m)のような気がしてしまいます。大阪の雑踏からトンネルを越えたら静かな奈良の住宅街(田舎)みたいな感じが符合するのです。おまけに梧桐山(944m)にも生駒山(642m)にももテレビ塔があり、どちらもテレビ塔は600mちょっとのところです。ほんとに深圳はふるさとを連想させるところが多いです。
・・・それとも自分で勝手に思いこんでしまうのか・・・


大梅沙の海水浴場
塩田区は日系企業が少なくて日本人にはあまりなじみのない地域とか。72平方キロ、15万人(2000年)。貿易港の塩田港があります。
羅湖と塩田区を結ぶ路線バスは意外と多くひっきりなしにバスがやってきます。
とくに経済特区東端付近には大梅沙、小梅沙の砂浜の海水浴場があり、今はシーズン真っ最中。海水浴客でバスは満員。

テーマパーク 航母世界
そんな中にもテーマパークがあります。「ミンスク航母世界」。ソ連製の本物の軍艦を使ってテーマパークにしています。
入場料110元。今のところ入場する予定がないので外側の風景を・・・ミンスク内のは多くのHPやブログで公開されてました。


左隅に貿易港の塩田港が見えます

ミンスクは全長284m、排水量4万3000トンで1978年に進水したソ連軍の本物の軍艦です。
1995年に韓国に売却されたあと1997年に中国の企業が買い取り。2000年6月にテーマパークとして公開、2005年に親会社の倒産で経営会社が変わって運営しています。各国を転々と売却される間、2度の火災に遭っているため内部は張りぼてのようすです。


明思克(ミンスク)航母世界 入り口




なに・・全票(おとな)110元!高い・ で入場せず






遠くにもう一つの船が・・






デジカメで写してその場でプリント 1枚10元


子供を風船に入れて・・・




近くの誰もいない緑地の木陰。ひとりで本を読んでいました。なんかいいですね。




梧桐山


2007-07-12  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: ミンスク | 航母世界 | 

世界之窗 野外ナイトショー (2008.11.3)

龍崗の家具工場のあとは深圳に戻り夜10時頃までやっているという世界之窗へ出かけました。

世界之窗には5時過ぎの到着。少しするとほんのちょっと夕焼け。園内をモノレールと車で見学したあと、ナイトショー。無料の席は遠いのでA席20元、B席 10元、特別席が50元とあり、我々はA席へ。
初めての見学でしたが、トロイの木馬のなんたらかんたらのテーマで踊りが始まりました。
正直よくわかりませんでしたが
地球儀になったドームが開いて舞台が現れましたがけっこう大きな舞台でした。
回り舞台やら巨大なせり上がり、そして座席全体が動き、できたスペースに花道が上がってくるとか、仕掛けが大がかりでした。
最後はだんじりのような御輿が次々と出てきて猛スピードで会場を走り回ってました。これにはちょっとびっくり。

帰りは10時過ぎ、地下鉄は切符を買う人の行列、めちゃくちゃな人がバスに乗り込みました。




この地球儀の中が舞台になります






舞台があいて始まりました
















最後です。だんじりのような・・猛スピードで走ってました


舞台全景




2008-11-03  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: ナイトショー | 世界之窗 | 

東部華僑城

夜の東部華僑城

東部華僑城
深圳の有名な海水浴場、大梅沙の山岳地帯に35億元をかけて建設されたテーマパーク。面積9k㎡。
HP → 東部華僑城


夜の東部華僑城

先週大梅沙を散歩して東部華僑城を通った時、耳よりな情報を発見・・
東部華僑城の一部を8月31日まで夜間19時から22時まで無料開放するとのこと。

東部華僑城は入場料が他のテーマパークに比較して格段に高く(280元)、今まで入場する気にならなかったのですが無料開放するのなら様子見にと出かけました。

午後6時過ぎ、華僑城に到着。まだ早いかなと思ったのですがとりあえずゲートに行って見るとすでに開放されていました。



東部華僑城へのアプローチ
t-kakyoujou-3_500.jpg

t-kakyoujou-4_500.jpg

ゲートをくぐって
t-kakyoujou-5_500.jpg

t-kakyoujou-6_500.jpg

「大峡谷瀑布」と山上の「雲海高地」
t-kakyoujou-7_500.jpg

t-kakyoujou-8_500.jpg

海側では夕闇迫る大鵬湾と香港シャープピークが見えます。一番手前の島はおそらく塔門洲
t-kakyoujou-9_500.jpg

トンネルをくぐると
t-kakyoujou-10_500.jpg

t-kakyoujou-11_500.jpg

天井はLEDの巨大なディスプレー 動画が映し出されていました
t-kakyoujou-12_500.jpg

t-kakyoujou-13_500.jpg

t-kakyoujou-14_500.jpg

t-kakyoujou-15_500.jpg

t-kakyoujou-15a_300.jpg

そろそろ暗くなる頃・・・

t-kakyoujou-15b_250.jpg

まずは腹ごしらえ
なんか果物の入ったチャーハン 18元


食事をして外へ出ると暗くなっていました


天井のLEDはめちゃ明るい
t-kakyoujou-16_500.jpg

t-kakyoujou-17_500.jpg

t-kakyoujou-18_500.jpg

2009-07-02  |  コメント(2)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 東部華僑城 | 
園博園の福塔 (2010.6.6)

園博園 (深圳国際園林花卉博覧園)
中国建設部と深圳市が2004年9月から2005年4月まで共同開催した第5期中国国際庭園の花博の跡地です。面積66万㎡。園内には1800種以上の草花が栽培されているとのこと。

福田区竹子林西、深圳の動脈、深南大道沿いにあり、しばらく入場料を取って運営されていたのですが現在は無料開放されています。

ホームページ http://www.szyby.cn/
アクセス
バス

「園博園」 →  園博園 
「園博園北門」 →  園博園北門 
「園博園西」  →  園博園西 
案内電話 0755-82829085、82829075

《テーマパーク》 園博園(深圳国際園林花卉博覧園)

深南路歩道橋から

高さ52m、9層の福塔
園博園へ (2010.6.6)
農園路を歩いて深南路に出て歩道橋から写真を撮影、反対側を見ると・・山頂に塔が見えました。「おっ園博園、久しぶりにあそこに行ってみよう」
というわけで深南路を西に歩きました。
道草をしながら30分あまり歩くと園博園に到着。以前2006年10月、入場料がたしか15元の時にやってきてから実に3年半ぶり。今は無料開放されています。

園博園を歩く
有料だった2006年に訪れた時は博覧会が終わったためか、あちこち荒れていて廃墟のような感じを受けたのですが久しぶりに訪れた園博園は全く印象が変わってしまいました。有料の時よりも立派でございます。
園内は美しく整備されて訪れる人もたくさん。無料と有料でこんなに活況が違うのか、と思ってしまいました。かくいう自分も一度は有料で入ってみたものの有料なら次はこないと思っていましたから。

深圳のあちこちの公園と同じように人々が利用しています。ただひと味違うのか、プロかと思えるような撮影や舞台関係の人とかが多く利用していました。劇団みたいな集団のいたところでは「写真を撮るな」のポーズをされてしまいました・・・


撮影していたあか抜けした美人
きれいな人でした

いろいろなポーズを堂々とこなしていました
やっぱりプロなのでしょうね。


入園した時間も遅いので(午後4時半)目標を塔まで行くことにして歩きました。
それにしても見応えのあるところです。筆架山、蓮花山同様、散歩する場所がまた一つ増えました。何しろ、マンションからはバスで3、4駅、歩いても20分ぐらいで北門まで行けそうです。塔のある展望台からは私のマンション付近もすぐそこに見えました。
いずれにしてもまたゆっくり来ようっと。ちょっとやみつきになりそう。


あれこれ
Start Here と書いています。どうやら来年2011年深圳ユニバーシアードのスタート地点のようですが・・

日本庭園もありました。現在整備工事中でした。どういう風になるのか楽しみです。




プルメリアの前には一面のピンク



花の咲いているのがありました。
おや・・これ崑崙花(こんろんか)?
緋衣崑崙花(ひごろもこんろんか)のほかにもピンクのがあると書いてありましたがこれなのでしょうか・・・

( 中国のサイトでいくつか見つかりました。崑崙花属(玉叶金花属)のようです。
 → 崑崙花属 )
2010.6.9

見事な台湾連翹(たいわんれんぎょう)でした。これだけ見事なの、初めて見ました。




振り返ると・・香港が見えました。




山頂の石塔・福塔




塔のある展望台からの風景、道路は僑香路。隣の新しいマンションがなければ私のマンションが見えたはず・・・


塔付近にもたくさんの源平葛。この赤白の色合いを見ると清楚な気分になります。好きですね。








真っ白のハイビスカスもなぜか激しさが。


大花百日紅(おおばなさるすべり)


茉莉花(まつりか)、ジャスミンです。撮影中、すてきな香りが


誰かが持ってきたオウム。木に乗せると撮影会が始まりました。


2010-06-08  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 園博園 | 
ライオンショー。 たてがみのある雄もいましたがほとんど芸をせず雌ががんばっていました。

深圳野生動物園へ (2013.8.7)

小朋友たちと動物園に行きました。私も行っていないので全員初めての深圳野生動物園でした。
自宅からバスで出発。遠いかな、と思っていたら意外にすぐくらいに到着。でも入場券は何と一人200元。ボクは身長1m20cm以下で無料。

中は広いし気温は高いし、で遊覧バスで巡りました。
ショーは3つ、鳥のショー、ライオンショー、それとイルカショーでした。どれもそんなに立派ではありませんが体裁はとっていました。
でもまあ、中身を見ると入場料の200元は信じられないくらい高いですね。100元でも高いと思うくらいです。
まあ、中国も一人っ子政策で子供のためには・・と言うことで価値が高騰しているのでしょうかね。深圳人は所得も多そうですし。

 


動物園入り口






小鳥のショーです



ショーの最後、お客さんがお札(5元から20元)を持って振ると達磨鸚哥(だるまいんこ)が飛んできてお札をくわえて持って帰ります。まあチップでしょうか。
それにしてもすごいアイデアですね。1元札を振っている子もいましたが1元札には鸚哥は行きませんでした・・・立派なもんです。



最後はいるかショー。
ここはショーのあとでイルカにさわっているところを撮影できると言うのをやっていました。たしか一人40か50元。高すぎるのでパス。


2013-08-13  |  コメント(2)  | 
タグ: 深圳野生動物園 | 





Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "深圳・香港 夢時間" all rights reserved