So-net無料ブログ作成
カテゴリ <深圳深南大道> ( 13件  古い記事順 )

深圳八景・深南溢彩散歩(1) プロローグ

深南大道と地王大厦
深南大道

深南大道は深圳経済特別区を東西に30km近く走る深圳の主幹線です。そして深南溢彩として 深圳八景に選ばれています。
東西に30km近く走る深南大道、距離も長いので道をたどるとその風景は大きく顔を変えていきます。で、いろいろに顔を変えていく深南大道に沿って寄り道しながら散歩してみることにしました。

深南大道は市中心区の東で深南中路、深南東路と名前を変えていきますがこれらも深南大道として歩いていきます。
深南大道の東の起点として深南東路はずれの古玩城を選びました。ここを出発して宝安区境の南頭検査站を目指します。
目的は周りの雰囲気を感じて楽しみながら散歩することです。

今日は試しに古玩城から10km足らず、崗厦までを歩いてみました。大阪ならば御堂筋をミナミからキタへ心斎橋などへ寄り道しながら歩く感じで。
いろいろと自分なりに発見があったと感じてます。
出発点 古玩城






上海賓館をすぎたあたり。あちこち道草をしてここまで3時間あまり


深圳八景 深南溢彩散歩(2) 黄貝嶺村


黄貝嶺村

古玩城を出ると羅湖の繁華街、東門から2km程度だというのにまだ少し古い深圳の街並みでした。


そしてこんなものが・・
深圳にしてはこんなに近くに歴史的に見える建築が残っていようとは思いもよりませんでした。


で、早速道草をして付近に行ってみました。




ここは黄貝嶺村でした。



外の通りは少し距離を置いて見慣れた羅湖のビルが・・


そしてLED掲示板で道案内


掲示板の内容が変わって・・・

市区内でクラクションを鳴らせば150元の罰金
たぶんこの罰金制度ができたのは10年以上前です。
1992年に初めて深圳を訪れた時、それはもうクラクションの音がうるさくてたまりませんでした。ところが数度後に訪れた深圳は嘘みたいに静かになっていて面食らってしまいました。
そんなあほな・・・

「喇叭」は文字通りラッパです。ここではクラクションですがスピーカーも喇叭です。
「挙報電話110」挙報は告発、110は日本と同じく警察への緊急電話番号。ついでながら消防署も日本と同じ119。
さらに歩きます。この金ぴかのビル群はさすが中国か。でもきらいではありません




地図 深南東路
クリックすると捜狗地図ページへ


深圳八景 深南溢彩散歩(3) U字歩道橋

U字の歩道橋から

引き続き歩きます


日本料理屋
初めての日本料理屋がありました。出発点から1.6km地点。
現在深圳にはどれくらいの日本料理屋があるかわかりませんが羅湖のイミグレを出た繁華街では徒歩5分以内に20軒近い日本料理屋があります。


隣にはホテル


大金空調
さらに進みます。「大金空調」はそのままダイキン・エアコンと読んでください
ダイキンは業務用エアコンで有名な日本ブランド。
深圳で見た空調の日本ブランドはPanasonic、三菱それにダイキン。
ダイキンは日本製部品をたくさん使い品質は一番よいと中国人の業者が言っていました。
そのかわりPanasonic、三菱より20-30%お高くなっております。


金ぴかビルの正体、羅湖ビジネスセンター


繁華街も近づいてきました


インラインスケートのカップル発見


ここを右に曲がると深圳随一のショッピング街、東門歩行街 出発から2.3km地点


ここから東門に入れます 横目に見て進みます


宿泊客の80%が日本人だという、日本人御用達の粤海酒店 2.6km地点


U字型歩道橋が見えてきました 2.7km地点


U字型になった歩道橋です 写真3枚つなぎですが、つなぎ目がよくありません。すみません


これも3枚つなぎ


この歩道橋にはエスカレータもついています (道路は人民南路。イミグレへ向かう道)






次にめざす地王大厦


深圳八景 深南溢彩散歩(4) 地王大厦へ

地王大厦

深南中路へ
U型歩道橋をすぎると広州へ行く鉄道、広九鉄路の高架下に出ます。ここまで約3kmの深南東路はおしまい、ここから西は深南中路に名前が変わり上海賓館のある華富路との十字路まで3.5kmを行きます。

深南中路にはいるとすぐに世界金融中心ビルがあり、この2、3階に自称アジア最大という日本料理屋、「中森名菜」があります。真偽はわかりませんが中は確かにばかでかい。
そしてすぐに羅湖区の中心部、地王大厦のビル群に出会います。

地王大厦は塔の先端まで384m。1996年に建設された当時は中国で一番高いビルでした。深圳では今でも一番高いビルです。
この近く、蔡屋围に新たに400mを越えるビルを建設準備中です。たぶん、釘子戸で有名になったあのあたり。でも深圳一の高さにはならないとのこと。そのころには福田区の購物公園、COCO-Park付近に450mのビルができるそうです。
深南中路 クリックしてください 地図サイトを表示します

広九鉄路の高架


旧タイプの2階建てバス 香港のとは違い小振りです。香港のは後輪が2群ですがこちらは1群


深南中路に入った歩道橋では手相見の商売。写真を撮ったら彼女ににらまれました。


国際金融センター


2階と3階に超特大の日本料理屋「中森名菜」があります


地王大厦近くのモニュメント


地王大厦の前で


地王大厦のスタバ


地王の対面のビル群。


地下道で対面へ。mixc、万象城は中に吹き抜けの大きな室内スケートリンクがあります。


mixcの横にはGUCCI。総ガラスの壁面は夜になると全体が光ります。


地王大厦の西側歩道橋から東を


歩道橋には撮影の人々がよくたむろしてます




地王大厦をすぎて大劇院へ


大劇院から地王大厦を振り返ります


深圳八景 深南溢彩散歩(5) 深南中路

深南中路

地王大厦
深圳一ののっぽビル、地王大厦、大劇院を過ぎると深圳博物館や深圳第一号店のJUSCO、さらに深圳の電気街、華強路へ。そして中心公園の東端、上海賓館横の華富路と交差するところで深南中路は終了、それより西は深南大道となります。
まず小平の大きな絵のそばの新聞大厦


そして深圳博物館旧館  地王大厦から900m


JUSCO さらに300m


市委 JUSCOの対面


交差点、書籍ビルの向こうに華強路が見えます


歩道橋替わりに地下道。最近は歩道橋と同時に地下道が増えてきました。
地下鉄に通じる地下街となっています




地下鉄科学館駅 JUSCOへはここで下車




電気街、華強路 南北に走り、深南中路と交差しています
賽格広場 JUSCOから1.2km


華強路


さすがに電気街、特大のLEDディスプレイが乱立


華強路を過ぎて・・・


上海賓館へ 華強路の交差点から500m 深南中路の終点間近 


上海賓館近くの夜景 2007年2月17日の大晦日
これより深南中路から深南大道と名を変えます




そして深圳新都心に向けここから深南大道が大きく変貌します

深圳八景 深南溢彩散歩(6) 深南大道へ - 新都心

深南大道と水晶島 (中央分離帯の一番広い部分)

深南大道に入って2.6km地点(出発点から9.4km地点)から東側を見る
クリックすると大きくなります

深圳市の中心部へ - 深南大道
さて深南中路は上海賓館を過ぎると深南大道と名前を変え、規模を拡大しながら建設中の新都心へと向かいます。
華富路との交差点を過ぎると緑化された大きな中央分離帯とともに緑豊かな大道となります。

4車線分くらいある中央分離帯は芝生と花園で彩られ、片側4-5車線の本道と2車線程度の輔道がありその間は1-2車線分ぐらいの緑化された分離帯があります。車道の次に歩道、10m程度の緑地帯と続きその次に建築物となり、これまでの深南東路、深南中路とは全く規模が変わります。

衛星写真で簡単に測ってみると最大となる市政府付近の道幅は200mぐらいありました。(衛星写真は古いので工事中南山区ため少しわかりにくいです)

新都心建設がいつ頃から始まったか知りませんが、2005、6年あたりから本格的に始まったように感じていますが、ここまで急激とは思いも寄りませんでした。休むことなく今も急激にその姿を変えています。
関連記事 →  新深圳の建設 2007 2008 

新都心は深南大道の南側で建設が盛んです。


深南大道を深南東路(3km)、深南中路(3.8km)、深南大道(18km)の3ブロックに分けています。(距離は電子地図を測定したもので正確でないかも知れません)
 深南大道 地図 

クリックすると地図ページへ
深南大道に入りました


中央分離帯ができる地点


立体交差付近でサトウキビ - 興味がなくまだ食べていません・・・


崗厦-深南大道1.4km地点 本道と輔道の分離帯には赤いブーゲンビリア


そしてまた立体交差付近の物売り ゆでトウモロコシを2元で買って歩き食い・・


道幅があるので横断歩道も半端ではありません


緑地帯で元気な子供たち




中央分離帯を歩きます 東側を


西側(進行方向)を


輔道のブーゲンビリア


そして新都心へ 撮影場所を探します


深圳八景 深南溢彩散歩(7) 新市政府/市民中心

花の深南大道
ミツバチがわんさかいました
市政府と市民中心
深南大道に入ってから2.2km、出発点からは9kmの地点に新市政府と市民中心があります。

古代日本では中国長安(今の西安)の都を手本に規模を長さで半分にして平城京を造りました。
2010年に遷都1300年を迎える平城京ですが、都の真ん中を南北に走る朱雀大路はなんと道幅が75mありました。これには十分驚きでしたが、手本となった長安は150mの道幅があったということです。この時代は権力を誇示する目的のようですが、深南大道よりも巨大だったということで見てみたい気になります。平城京では一部復元されているので今度帰った時にじっくり雰囲気を。 
 →  朱雀大路復元計画 
1000年以上昔にも思いをはせさせる深南大道散歩ですが、やっぱり都市造りの基本概念は見習うべきものがあるように思います。
そしてまだまだ散歩はつづきます。

深南大道を深南東路(3km)、深南中路(3.8km)、深南大道(18km)の3ブロックに分けています。(距離は電子地図を測定したもので正確でないかも知れません)
 深南大道 地図 
近くの緑地帯で




金田路から 深南大道1.9km地点 出発点から8.7km
クリックしてください 壁紙です



クリックすると大きくなります





金田路を行く・・ 高架の部分は車道しかありませんが頑張ってます


緑地帯の花々






益田路から 深南大道2.6km地点 出発点から9.4km
クリックしてください 壁紙です



益田路 こちらも高架部は歩道がありません・・




さらに歩きます


深圳八景 深南溢彩散歩(8)  車公廟へ

招商銀行大厦 (深南大道6km地点、起点から12.8km)

西の高層ビル 50階建ての招商銀行大厦
第一のクライマックス、新市政府・市民センターを過ぎてさらに西へ。
目指すは西の高層ビル、50階建ての招商銀行大厦です。大阪の通天閣に似たデザインで善し悪しはそれぞれの判断に任せて、とにかく印象に残るビルではないでしょうか。地下鉄車公廟駅があります。

深南大道を深南東路(3km)、深南中路(3.8km)、深南大道(18km)の3ブロックに分けています。(距離は電子地図を測定したもので正確でないかも知れません)
今回の行程は市民センターから招商銀行大厦まで3kmあまり。

 深南大道 地図 
西へ


東を振り返ると・・・




招商銀行の夕日


香蜜湖休暇村




Uターン用の路線もあります


地下鉄車公廟駅のバス停 路線が多いのでホームが二つ。


歩道橋はどこでも商売繁盛




道ばたの花








深圳八景 深南溢彩散歩(9) テーマパーク群へ

車公廟付近


鳳凰木と通天閣・招商銀行大厦
さてやっと雨模様の空から解放されていい天気となりましたので深南大道歩きを再開しました。

いい天気と同時にめちゃ暑くなりました。半ズボンにつばの広い帽子とスタイルも一新しての再開。
前回の車公廟から歩き始めます。
今日はまあ、いつものようにあちこち道草をしながら4時間あまり、2万歩を歩きました。地図を測るとマンションから車公廟までの距離も含めて9.5km程度。でもそんなに歩いた感じはないのですが・・


深南大道を深南東路(3km)、深南中路(3.8km)、深南大道(18km)の3ブロックに分けています。(距離は電子地図を測定したもので正確でないかも知れません)
 深南大道 地図 
深南大道を西に向かいます


歩道横の緑地帯で。紅羅雲(コウラウン)という鳥。中国語で红耳鹎
鳥は5mぐらいまでに近づくと逃げますので新カメラの18倍ズームは魅力です。




新しい福田バスターミナル

地下鉄竹子林駅に建設されていた巨大なガラス張りの建物はなんだろうと思っていたら新しい福田汽车站、長距離バスターミナルでした。営業しながら今なお工事中。
中に入ってみるとばかでかい規模。

竹子林のビル群




商売商売

横断歩道でうろうろするこの人、なんだかわかりますか。
信号待ちで停車する車に太陽防止の反射パネルとか売っています
地下鉄本部


そして園博園。前 は有料だったのですが、現在は無料開放。



そしてここからテーマパーク群に向け再び深南大道が変貌します。
中央分離帯、車線分離帯に木が林みたいに・・




有名な家電メーカー KONKA


もう分離帯の木々で森の中を走る道路みたいに・・・


錦繍中華、ミニチャイナと民族村


入り口


記念写真にポーズをとる美人




歩道も憩いの場所に




東塔世界之窗へ。バスは多いのでバス停「プラットホーム」は3つ。これはその1




やって来ました、世界之窗


深圳八景 深南溢彩散歩(10) 世界之窗から科技園

世界之窗  深南大道ブロック11km地点、起点からは18km地点

世界之窗
入場料収益が中国No.1と言われる世界之窗からハイテク企業の集まる科技園へ向かいます。
世界之窗から科技園まで3kmあまりの区域です。

深南大道を深南東路(3km)、深南中路(3.8km)、深南大道(18km)の3ブロックに分けています。(距離は電子地図を測定したもので正確でないかも知れません)
 深南大道 地図 
世界之窗








世界之窗から空港への地下鉄が今年開通予定で、占有されていた中央分離帯が戻ってきました。車線がまだややこしく残っています。かなり大きな部分を占有されていました。


世界之窗をあとに先へ進みます


新しくなった2階建てバス 香港のよりもかなり小粒です。
後輪が香港のは2群ですが、深圳のは1群


世界之窗から少し離れたマンション


こちらは横道へ。 ちょっと高級・・・


テーマパーク群を過ぎるとのんびりとした歩道の緑地帯が帰ってきました


脇道にはこんなのどかな風景も


地下鉄工事続行中


大型テレビの巨頭会社、スカイワース (左)




南山区・科技園へ(テーマパーク群から南山区になります)
最近時々感じるのですが、
南山区の都市造りは公園を中心に緑が豊かな気がします。町作りも比較的細かな部分にも気を遣ってきれいな気がするのです。
特にこの深南大道・科技園から海の方へ浜海大道あたりはしっかり区画されていて整然としている感じがします。今はまだ建設途中ですが。
深圳湾口岸付近の整備は同じ時期に開通した福田口岸とは大きな差があるように感じます。
福田区は新都心造りでそこまで手が回らないのでしょうか・・






深南大道14.2km地点、起点からは21km地点。ゴールは近い


深圳八景 深南溢彩散歩(11) 科技園から第二ボーダー、終点へ

深南大道 南頭・関帝廟付近 深南大道16.7km、起点から22.5km地点

さらに西へ 終点の南頭検査站へ

南頭商業城
ハイテク企業の集まる科技園を過ぎてさらに西へ向かい南頭(南头)に入ります。ここは西暦331年、深圳の前身である宝安県が誕生してその中心地となったところ。


関帝廟
そしてすぐに新安古城(深圳市は1368年-1911年の間、新安県と呼ばれていました。
関帝廟があります。
関帝廟は、関羽をまつります。関羽はいまから約1800年前(西暦200年前後)の後漢、三国時代にかけて活躍した実在の武将で関帝廟は文廟と呼ばれる孔子廟に対して武廟と呼ばれます。


中山公園
そしてこれを抜けると深南大道最後のモニュメント中山公園です。中山とは孫文のことであちこちにこの公園はありますが、深圳の中山公園は1925年に創設された深圳でも最も古い公園。

最後は南頭検査站。深圳の経済特区の境界線です。今ではほとんど形骸化してしまったような感がありますが以前は経済特区へ入る許可証を乗ってない人をきびしく罰していました。私自身、羅湖駅前で不正に進入した人を警察の護送車のようなものに入れ人目に立つところに放置されていたのを目撃したことがあります。

何はともあれ南頭検査站は今回深南大道を歩着始める時に定めた深南大道約25キロの終点です。何回かに分けてようやくゴールにたどり着きました。
一日で歩ききることも考えたのですが、先だって試行した時、いつもの癖で大量撮影によるデジカメの電池、メモリー容量が足らないことが判明、とりあえずは数回に分けて歩くこととしました。でも一日で歩ききりたいという気持ちはありますので又ご報告できることになるかも知れません。
とりあえず深南大道第一回目の連載は終了です。
深南大道を深南東路(3km)、深南中路(3.8km)、深南大道(18km)の3ブロックに分けています。(距離は電子地図を測定したもので正確でないかも知れません)

 深南大道 地図 



科技園をあとに


先へ進みます


蛇口へ向かう道、南海大道


歩道を歩くと街路樹で直射日光は当たらないのですが・・


中央分離帯を行きます


関帝廟


関帝廟


関帝廟 新安城 (マンションは関係ありません)


新安城


日本で言えばお地蔵様かな


おいぬさま




南頭古城博物館


東方新地


さらに進んで・・・


中山公園


孫文像


中山公園で


終点 深圳経済特区南頭検査站


検査站のバスターミナル

深圳八景 深南溢彩散歩
おわり

深南大道 2013年1月1日

蓮花山公園の帰りに寄ったまだまだ地下駅工事の続く深南大道、福田駅付近です。

福田駅付近から東側 クリックすると大画面に


福田駅付近から西側 クリックすると大画面に


地下駅工事中です


これも工事中



深南大道の鳥たち

いつもの紅羅雲(こうらうん)

顔黒画眉鳥(かおぐろがびちょう)

四十雀(しじゅうから)

これ初めて見ます。顔と目だけ見ると黒歌鳥ですが身体の色が・・・

調べ切れませんでした・。ショック

タグ:
2013-01-02 コメント(0)
蓮花山から深圳市中心部 (2013.7.3)

深圳・深南大道の最新風景 蓮花山からも

深圳・深南大道の中心部、福田はすでに長いこと地下工事をやっています。地下鉄が開通してからも新たな地下鉄と新幹線の地下工事が続いています。特に新幹線の地下駅は中国で最大の地下駅になる予定で終わりがないと思えるほどの工事。

で昨日蓮花山からの市中心部の写真を撮影したので今日は地下鉄で福田駅へ、深南大道の写真を。
まだまだ工事が続くので落ち着きませんが現状です。
クリックすると大画像に
深南大道で
市民中心の西側です。 かわったビルは建設中です






深南大道南側の深圳中心部。




地下駅工事中


左に市民中心 緑地は深南大道の水晶島。




タグ:
2013-07-04 コメント(2)



Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved