So-net無料ブログ作成
カテゴリ <生活> ( 123件  古い記事順 )
次の10件

2006-06-02     カテゴリ  《 生活 》

大根ジュース


【食】 大根ジュース

2006年 06月 02日

私は胃が悪く、逆流性食道炎と診断されています。オメプラールという胃酸を抑える薬が良く効くのですが長期間利用すると少し不具合が出る可能性があるようです。一般的な副作用と しては便秘っぽくなるとのこと。

で、薬もなくなり中国でかなり具合が悪くなってきた時、ふと思いついて大根おろしを食べてみました。子供の頃、天ぷらと大根おろしを一緒に食べると胸焼けがしないことに感激した ことを思い出したのです。
けっこう具合がいいのでしばらく食べていたのですが、とある日、思いついて大根おろしを発展させて大根ジュースと言うものを作ってみました。

大根をミキサーにかけるため液体の媒体が必要なので手近にあったヨーグルトを、さらに大根の辛さを和らげるためローヤルゼリーを混ぜることにしました。
中国の大根は辛く、特に根っこ付近は強烈で大根おろしではとても食べることができませんのでローヤルゼリーや蜂蜜は必要です。大根おろしにする時は大根の上部を使い、根っこに 近い部分は大根ジュースに使っています。

大根ジュースは、大根を1 - 2cmの厚さ(50 - 100g)に切り、ミキサーにかけるため適当に細かく刻みます。それにヨーグルトを100g程度、蜂蜜、またはローヤルゼリーを大さじ0.5から1杯をミキサーに入れてミックスしてできあがりです。


蜂蜜とヨーグルト
大根    2~3元/1kg
ヨーグルト 20元程度/2リットル
蜂蜜またはローヤルゼリー  15~30元/1kg


この大根ジュースを飲み続けて5ヶ月になりますが胃の調子はきわめて良好で、以前の胃の燃えるような感じはほとんどなくなりました。ジュースを作れない 状況の時(外出、旅行時など)のみオメプラール錠剤を服用しています。以前は朝起きると、ひどい口臭を感じていたのですがこれもなくなりました。胃酸の臭 いがしていたのでしょうか..
難点はあまりおいしくない。薬のつもりで飲むので飲めますが、味をよくするのが今後の課題です。

ホームページで大根おろしを調べてみると消化酵素があり、ビタミンも豊富、など良いことばかりが列挙されています。
ビタミンC 5分後に90% 2時間後に半分 

大根
胃の消化を助ける消化酵素が豊富、発ガン物質を中和する効果あり、ビタミンCも豊富に含まれる。
消化酵素は熱に弱いので生ですり下ろして食べる。ビタミンCはすり下ろすとどんどん少なくなる。すり下ろし後2時間で半分になるので早く食べる。

ヨーグルト
腸のビフィズス菌を育てて、便通をよくし、骨を作り、老化を防ぐ。

現在は大根ジュースはしていません。メラミン問題があったことと、解決法が見つかったのです。
油ものを食べたあと、胃がおかしくなっていたのは、油をピーナッツ油からトウモロコシの油に換えることで症状が全く出なくなりました。
おそらくこちらに来てからの胃の具合の悪い原因はこれだと思われました。
したがって外食はなるべく避け自炊でしのぐ生活スタイルに変えました。外食する時は店を選ぶ必要があります。
今のところ胃の調子は日本にいた頃に戻りました。(よくなりました) (2009.3.)
2006-06-02  |  コメント(0)  |  記事の先頭へ▲
タグ:

2006-06-05     カテゴリ  《 生活 》

中国産 「あきたこまち」


【食】 中国産 「あきたこまち」

2006年 06月 05日


中国産あきたこまち
深圳の山姆会員店で中国産の秋田小町を買いました。袋の印刷を見てみると湖北省で生産されたようです。5kg44.6元(625円)。JUSCOでも売っていますが値段が53元と高いです。普通は中国・東北大米を買っていますが、これが10kg38元(530円)なので2倍ちょっとの値段。そんなに高いわけでもなく試してみる気になりました。

香港では主に粒の長いインディカ米が売られていて粒の丸いジャポニカ米は種類が限られます。香港時代は「桜城」という種類を買っていました。
これが確か5kgで35香港ドルぐらいだったと思います。カリフォルニア米が2倍近い値段で売っていましたが、味がそんなに良いと思わなくて桜城を選択してました。


普通こちら(香港・中国)で買う米は炊いたあとしばらくすると米が団子のような感じに固まっていくような感じがします。香港時代、友人が日本から遊びに来た時に日本のコシヒカリを買ってきてくれましたが、これが雰囲気も味も非常に良くて、水を多い目にして炊くと炊きあがりのお米がほんとにきらきら光っていて感激したものです。この時は桜城とははっきり差がありまして日本で食べたおいしい米の味が再現されました。

さて、この中国産「秋田小町」の試食です。米のとぎ方は1回目だけミネラルウオーターで洗い2回目から水道水で、最後に水道水をよく切りミネラルウオーターでうめて約15分ほど放置した後、電気釜のスイッチをON。水は指定よりも30%ほど多く入れています。
炊きあがり後、米は光っていないながらもしゃもじでかき回すと感覚が違うように感じました。普通よりも粘りけがあります。
味はまあまあです。普通の中国産よりはおいしい感じがしますが日本米に比較するとちょっと違う気がします。ま、水の問題もあるのでもう少し工夫して米を炊いてみるかな。

再試食しました
前回の試食結果があまり良くなかったので再試食しました。水は多めですが前回よりは少なくしてできあがり直後に食べました。
お米が少しですが光っていました。味も日本で食べるのと遜色ないと思います。
どうやら前回の不評の原因は炊きあがってから時間が空いてたのかも知れません。これなら5kg44.6元はOKです。
明日20kgほど買い増します。
(2006.6.6)

2006-06-05  |  コメント(2)  |  記事の先頭へ▲
タグ:

2006-06-08     カテゴリ  《 生活 》

中国 東莞での とある結婚披露宴

中国 東莞での とある結婚披露宴

深圳のお隣、東莞での香港人新郎と朝鮮族中国人新婦の結婚披露宴です。新婦は会社で日本語の通訳をしています。深圳付近で日本語の通訳している人は私が知っているかぎり、ほとんど中国の東北からの朝鮮族です。黒竜江省あたりでは学校で外国語に日本語の選択もあるとのことでした。

日本語を話すある朝鮮族中国人は「外国語は英語と日本語を選択できたが日本語の先生しかいないので日本語を選ぶしかなかった」と言ってました。朝鮮語と日本語の文法がよく似ているとのことで勉強しやすいようです。

来賓は朝鮮族らしく民族衣装を着た縁者、香港人来賓は香港スタイルでラフな格好、日本人はネクタイ姿とはっきり民族性が出ていておもしろいものです。







2006-06-08  |  コメント(0)  |  記事の先頭へ▲
タグ: 結婚式 | 

2006-06-11     カテゴリ  《 生活 》

深圳の交通事情

深圳の交通事情 (2006.6.10)

 いつもの道が渋滞、どうやら事故があった模様。ほんとにたくさんの事故があります。自分にやってこないのが不思議。そのうち順番が回ってくるのでしょうか。
 大きな事故はまだ見たことはありませんが、ちょっとした小さな事故でも公安がきて検分するまで状態を保存しておくようで、日本に比べればはるかに広い道路なのに簡単に渋滞するようです。

 地下鉄工事が始まった頃、羅湖にあるミニバスのたまり場の停車場でのこと。

 ミニバスが数十台集まる停車場にどう思ったのか、ミニ生コンミキサー車が停車中のミニバスの間をぬってくねくねと通過しようとしていました。と、あるミニバスの横をゆっくり左折した生コンミキサー車は、真新しいミニバスのテールを引っかけました。びっくりしたのはミニバス。急いで前に少しずらしました。ミニ生コンミキサー車は引っかけたことに気がつかないような感じで普通に走りすぎようとしていましたがやっと気がついたようでした。

 真新しいミニバスは無惨にもテールランプのカバーはめちゃめちゃに破壊され車体にも被害を受けた様子。ミニバスの運転手とミニ生コンミキサー車の運転手が外に出てきてなにやら始めたところで、私の乗ったミニバスが発車。残念ながら最後まで見届けることができませんでしたが、これが始めから見ていたちょっとした事故でした。こういう軽い事故はよくある出来事のようで、これが道路上で起こるとすぐ渋滞するのでしょうね。



 そして信号機です。私はバスをよく利用しているのですが、信号機でよくいらついてしまうのです。

 日本の場合、信号では対面どおしの車は同時に通行して右折車は最後の少しの時間だけ通行するようになっていると思うのですが、香港・中国では対面する車も別々に走ります。1回の信号で走るのは基本的に1方向の車だけです。したがって1サイクルとして4回の信号の変化があります。全部こういうスタイルではありませんがこういうスタイルが主流だと思います。

 ま、これは方法の違いだけでたいした問題ではないのですが、問題は信号の変わる時間です。大きな交差点では1回の信号の変化に1分以上かかることがまれではありません。ですので、運が悪いと信号で4分以上待つことになります。
 さらに各交差点の信号はコンピューターで系統となっていないようなので、しばしば走行が中断され時間のかかる原因にもなっています。走る時間よりも信号を待っている時間がはるかに長くなることも多く、いらいらするのです。




 バスの場合、時間がかかるということはコストがかかるということで、このロスのために運賃が高いのではないかと思ってしまうのです。さらにアイドリングが長いので空気汚染にもつながるでしょうし。

 深圳・福田区など、立体交差が進んでいるし道も広くて気持ちがいいのですが、当局に何とか考えて欲しいものです。

2006-06-11  |  コメント(0)  |  記事の先頭へ▲
タグ:

2006-06-15     カテゴリ  《 生活 》

香港の銀行と中国(深圳)の銀行 (1)


香港の銀行と深圳の銀行

2006年 06月 15日

私が1996年、香港に来て香港銀行(HSBC)に口座を作り、使ってみてこちらのシステムが進んでいることに驚きました。

まずATMは年中無休24時間営業で手数料無し。ATMは銀行所有ではなくATM専門会社の所有で、銀行は顧客のATM利用額の1/1000をATM会社に支払うということのようです。

街での買い物もキャッシュカードで払えたので大金を持ち歩く必要がありませんでした。光熱費などの支払いも登録さえしておけば電話を利用して振り込めましたし(PPS; Payment-by-PhoneService)、街にはATMのような支払機があってバーコードのついている請求書ならここでも支払えました。もちろん今はインターネットでも振り込めます。これらのシステムは単身生活の私にはこの上なく便利でしたし、自分の性格にも合い重宝しました。




最初の口座を作ってしばらくしてからその口座の不便なことが判り、新しく「POWER VANTAGE」というHSBCの口座を作りました。定期預金、外貨、小切手などのある総合口座です。これには通帳はなくカードだけで、月末に利用詳細が郵送されてくるというシステムで、現金の取引以外は電話で指示ができました。

これも今はインターネットでできます。インターネットのログインは自分の指定の暗証番号のほか、安全のため、銀行から支給された暗証番号発生器で1回限りの暗証番号を発生させてこの番号も同時に使用します。

カードの裏にあるEPSと言うのがキャッシュカードでの支払いのシステムです。


香港では当時、小切手は頻繁に使用されていました。現金書留なるものがないためか、現金の代わりに小切手を送るのです。光熱費などの支払いも会社によっては小切手を送りました。インターネットはNTT系のを使っていましたがここは電話の支払いができなくて小切手を郵送していました。最初の口座のは小切手がなかったのです。

2006-06-15  |  コメント(0)  |  記事の先頭へ▲
タグ:

2006-06-16     カテゴリ  《 生活 》

香港の銀行と中国(深圳)の銀行 (2)


香港の銀行と深圳の銀行 (2)

2006年 06月 15日

香港の銀行でインターネットバンキングが登場してからは小切手を使うことも少なくなりました。日本への送金などはインターネットで設定しておけば毎月決められた日に自動的に両替して送金することもでき、家賃などの支払いも予約しておけます。インターネットですので操作は日本でもできますので重宝します。

深圳では招商銀行工商銀行に口座を持っていますが、招商銀行の口座には通帳はありません。残高や履歴などはATMやインターネットで確認します。でもインターネットバンキングはセキュリティーに不安があって中国ではしていません。メインの銀行は香港にしています。工商銀行は香港の小切手でも入金できると言っていましたが、私はまだ利用したことがありません。


50階建ての招商銀行ビル
深圳でも大きな店ではキャッシュカードで買い物ができて便利です。地元の大きい商店、JUSCOなど外資系の商店でも使用できます。

香港ドルから人民元への両替ですが、人民元切り上げ前は香港ドルを深圳の銀行に入れてから口座内で両替をしていました。当時はレートが良かったのです。切り上げ付近から様子が変わり、レートが悪くなったので羅湖のイミグレ前で両替してから人民元で銀行に預金するようになりました。銀行で両替をすると両替証明を発行してくれますので再両替が必要な場合に便利です。
Power Vantageの場合はインターネットで両替できるので楽なのですが・・・銀行サービスに関しては香港に比べてかなり不便です。
2006-06-16  |  コメント(0)  |  記事の先頭へ▲
タグ:

2006-06-18     カテゴリ  《 生活 》

深圳のこんなサービス


深圳のサービス

2006年 06月 18日

香港のめし屋ではレジで支払いをするところが多いですが、一般に香港や中国のレストランでは食後の支払いは普通、ウェイトレスを呼んで座席に着いたままで支払いをします。喫茶店でも同じで、有名チェーン店、「名典珈琲」のとある店の奥で友人と軽食をとっていた時のことです。


ウェイトレスを呼んで支払いをすると、彼女は「今、外は大雨だからもう少し後で帰った方がいい」と教えてくれました。確認するとすごい大雨。で、とって返して友人とおしゃべり。と彼女は新しい水を持ってきてくれて、ゆっくりしていきなさい、と言ってくれました。しばらくすると先ほどの彼女がやってきて「雨が小降りになってきたから帰れますよ」と教えてくれ、私たちは引き上げました。



こういうサービスもなんかすごく嬉しくて未 だに頭に残っています。他にも、いつもよくDVDを買いに行く店では私が日本人であることも趣味も大まかに知っているので、行くと必ず私好みの新着DVDを紹介してくれます。ま、これは商売ですが。店内DVDを探して歩くと一緒についてきてピックアップしたDVDの荷物持ちをやってくれます。


荷物持ちをやってくれるのは文房具屋でもありましたし、レストランでは出てくるのが遅い時にウェイトレスに言うと必ず厨房へ行って確認して急がせてくれますので、効果のあることが多い、というように、数えたらきりがありません。中国のサービスを最低だという話をよく聞きますが、私にはこういうことがすごく気持ちがいいのです。

確かに話し方や態度は日本人には横柄に見えるのですが、割り切ってしまうと杓子定規でもなくマニュアル的でもない気楽さがあるので私はけっこう気に入っているのですがね。相性がいいのかも知れません。
2006-06-18  |  コメント(0)  |  記事の先頭へ▲
タグ:

2006-06-20     カテゴリ  《 生活 》

果物の王様 ドリアン (榴蓮)


【食】 果物の王様 ドリアン (榴蓮)

2006年 06月 20日

今年もかなり安くなってきたのでドリアン(榴莲liúlián)を食べました。500g5.8元。強烈な臭いと味に日本人には好き嫌いがはっきりしている食べ物のようですが、 私はけっこうよく食べます。

今までは取り出された中身だけを買っていたのですが今回は1個丸ごとを買ってみました。30元ちょっと。部屋がドリアンの臭いで充満。外から帰ってくるといっそう 臭いを感じます。このごろ慣れたのか、けっこういいにおいに思えています。



今年初めて買ったのは半月ほど前に香港へ行った時に買って帰りました。香港の方が深圳より心持ち安いです。袋を2重にしてドリアンを密封して、香港の上水 からミニバスに乗ったのですが運転手がこっちを見てニコッ。やっぱり臭いが漏れてました。乗客はたぶん香港人ばかりだったと思うのでいやがられることはあ りませんでしたが。
イミグレではインドネシア人がちらっとこちらを見ました。

2006-06-20  |  コメント(0)  |  記事の先頭へ▲
タグ:

2006-06-25     カテゴリ  《 生活 》

香港人・深圳人のマナー (1)

香港人・深圳人のマナー (1)

 普通電車の乗降は降りる人が先のはずなのですが、深圳や香港では様子が違います。混雑する駅ではうまく降りないと降りそびれてしまうかと思うほど乗ってくる人に迫力があります。


香港KCR粉嶺駅


香港のとあるバス停

 普通、駅で列車を待つ人はドアの両側付近に待機しているのですが、ドアの真ん中に待機、列車が着いてドアが開くと降りる人も関係なく一目散に空いている座席めがけて突進。親に怒られていた自分の子供時代を思い出しました。とすれば、こちらでは子供のままの状態?
 深圳と香港の境界駅の羅湖ではこれが一番ひどい状態でした。今は乗降ホームが別になったので楽ですが。

 私は電車内の携帯電話の使用は全く問題ないと思っているのですが、こちらでは話す声が馬鹿になりません。対岸の人に大声で話しかけるぐらいの声で話します。そんなに大声なら携帯電話がなくても相手に聞こえるだろうに・・・

 と、マナーは最悪のように思えますが、ここにも彼ら独特のマナーがあることを発見することができます。老人やハンディのある人が乗ってくると必ず誰かが席を譲ります。香港でも中国でも観察しているとこれは徹底しています。妊婦さんにも譲ります。
 香港では以前、日本のシルバーシートのような座席ができたことがありましたが、今ではなくなったようです。こういうシートは必要ないのです。誰かが席を譲ってくれます。

 深圳のバスには「老・弱・病・残・孕・抱?者?座」と書かれています。(?は譲の簡体字)。老人、虚弱者、病人、身障者、妊婦、それに赤ちゃんを抱いた人には席を譲りましょう、というものです。
 これらに該当する人や準じる人が乗ってくると必ず席を譲ります。時々はバスの車掌がそういう人が乗ってきた場合、すぐさま周りを見渡して「あなた、席を替わって!」と指示することもあります。その指示は絶対的なようで乗客も素直に従います。
 私はこういう場面に数え切れないくらい遭遇していますが見ていてもほんとに気分のいいものです。


 深圳に引っ越して1年。時々香港に行きますが、香港では急速にマナーが改善されていまして電車を降りる前に突進する人もぐっと減ってきましたし、携帯電話も声がかなり小さくなりました。

 道路横断のとき、赤信号を無視することも少なくなってきました。ただ...
小さい声で言いますと、これは改善しなくても良かったのですが....実は私がそうなのです・・・やりにくいなあ

2006-06-25  |  コメント(0)  |  記事の先頭へ▲
タグ:

香港人・深圳人のマナー (2) KCRでの小事件

 香港・深圳共に「老弱病残孕抱嬰者譲座」のマナーは絶対的なようですが、香港KCR列車内での出来事です。

(写真:香港・粉嶺)

 羅湖でイミグレをすませてKCR鉄道を利用して中国から香港へ行く白人ペアがいました。いつも通り羅湖駅は大混雑で到着した列車に乗り込むのはたいへんでどうにか車内に入り込みました。

 見ているとな白人ペアの女性の方が座っている老人になにやら怒っている様子で、最後には杖をついた老人を席から立たせて自分たちが座り込みました。おそらくその老人が自分たちを押しのけて座った、とでもいってるのでしょうか。

 これを見ていた香港人の中年女性が自分の席をその老人に譲り激しく白人をにらみつけていました。広東語で文句を言いますが白人はきょとんとした顔。

 電車が次の駅の上水に着く頃、思いあまったような香港人中年女性は知っている英語の単語をすべてはき出すかのように「私たちは香港人だ!」と白人に対して怒鳴りました。

 私は声はよく聞き取れなかったものの、知ってる範囲だけで推測すれば、どんな事情があるにしろ、はっきり見てわかるハンディーのある老人を無理矢理立たせる、というのはやりすぎだと思います。
 白人側もこの大混雑で自分たち流のマナーを持たない香港人にいらついて理性を瞬間的になくした気持ちもよくわかりますが、第3者から見れば明らかに問題でした。

 つれの白人男性は黙ったままでしたが冷静になりやすい立場だったので冷静に判断して欲しかったような・・・

 やっぱり、郷に入れば郷に従え、当地の常識をまず把握することが大切と思った事件でした。

(写真:香港・ビクトリアピーク)

2006-06-26  |  コメント(0)  |  記事の先頭へ▲
タグ:
次の10件





Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "深圳・香港 夢時間" all rights reserved