So-net無料ブログ作成
検索選択
2014年09月 ◄ 2014年10月 (18件) ► 2014年11月
次の10件

中山生活のはじまり - まず中山通を買う (2014.10)

9月30日、いろいろハプニングがありながらも中山への引っ越しが終わり中山での生活が始まりました。
ただ日が悪く国慶節連休の前日のため中山のインターネットの手配が間に合わず、国慶節の連休が終わるまでインターネットが使えません。インターネット中毒気味の私にはとても辛いです。
で、この間はスマホのデータ通信でつなぐことにしました。PCのようにはいきませんがないよりはいいですね。8日ぐらいまでは我慢です。
あとマンション売却の最後の手続きも休み明けとなりました。また深圳にも行かなければなりません。まだまだ緊張が続きます。

とりあえず疲れをとるため2日ほど完全休養して少しずつ行動開始です。


まず中山通を買う

中り山通
中山にも深圳通のようなICカードがあります。中山通といいますがまずこれを入手しないと・・
中山のバスの初乗り料金は2元、深圳とも同じようにおつりは用意されていませんので乗車前に準備しておかなければなりません。おつりが欲しい時は現金で乗ってくる人からおつりを受けとりますが最近はICカードで乗る人が多いのであまり期待できません。ですのでICカードは必需品ですね。

まずスマホのデータ通信を利用してネットでICカードの名前を調べます。すぐに「中山通」という名前が知れました。あとは売っている所を・・おーなるほど。

マンションの近くのバス停から中山汽車総站へ。ここで売っているはず・・・案内所でたずねて場所へ行くと・・ありました、看板に中山通の文字。
65歳以上の老人卡というのがあるはずなので一か八か聞いてみると手続きできないと・・たぶん戸籍が必要?
で普通卡というのを購入。保証金が25元となっていました。全部で100元にして欲しいと言ったので使える金額は75元。当分は大丈夫でしょう。

 

2014-10-06  |  コメント(6)  | 
タグ:

2014-10-09     カテゴリ  《 中山日記 》

スマホの無料VPNアプリ

スマホの無料VPNアプリ

昨日、中山通を買ったことを微信(WeChat)にUpしたら中山の人からいろいろ教わりました。
まずバスに乗ったら割引は50%であること、200元以上が入っていれば貸自転車を無料で乗れるとか・・
微信もいいものです。現在の相手で友人以外は主に不動産関係の人々ですが何となく身近になったように感じられてきます。

スマホのデータ通信の10元套餐、100M分を5日で使い切りましたので20元套餐を追加しました。300M。まあ今月はこれで充分でしょう。百度の地図アプリ、特に使い勝手がよろしい。近くに日本料理屋がたくさんあるのをこれで知りました。


ところで・・・
以前香港でインストールしたスマホのVPNアプリですが現在使っておりまして充分役に立っております。
まずGoogle Playが問題なく読み込めますので個人的に安心のアプリをダウンロード、インストールすることができます。

今AVGのスマホ用アンチウイルスアプリを導入してウイルスチェックをしているのですが百度応用からインストールしたものの中には時々このAVGチェックに引っかかって「アン・インストールしてください」のコメントが出てきます。ちょっと危険な香り・・・

中国製のアプリはポップアップの感覚のコマーシャルも多いし、何かの操作をすると何の断りもなしに別のアプリをどんどんダウンロードされてしまうこともあるのでかなり不信感が出てしまうのです。
まあ中国語でいろいろ書かれているのではっきり把握しないままに進んでいくことも不安のつのる原因かも知れません。それにしても中国のアプリはランするとあちこち元気よく走り回っているような気がします。

で現在、中国のアプリは百度応用からインストールすることが多いですがそのほかのアプリはGoogle Playとか日本のサイトから利用しています。VPNアプリを導入する前は香港に行ってダウンロードするしかありませんでしたが今はとても自由です。
ユーチューブとかも見られますしツイッターもLINEも問題なしです。
興味のある方お試しを。

 


中山・長江水世界
141005-2_600.jpg

長江水世界の近くで
141005-1_600.jpg

2014-10-09  |  コメント(2)  | 
タグ:

中山・インターネットの手配 (2014.10.9)

インターネット(ADSL)手配
国慶節の休み明けに深圳に行き売房子の最後の引き継ぎを行ったあと香港に出て珈琲屋をやっている香港人の友人から簡単なコーヒーセットを買って中山に帰ってきました。
でやっと深圳のことが終了しましたので中山に腰を据えてインターネットの手配です。当初は不動産屋が手伝ってくれることになっていましたが長い休みのあとで気が抜けたのでしょうかね、「以前に教えた電話番号に自分で電話をすればOKですよ」と言う返事・・ちょっとつれない。

で電話をしてみると何かややこしそうです。身分証の提示も必要なようでやっぱりまずは直接会社に出向いて手続きをしないとだめなようです。会社の名前を聞くと中国電信。おっ、ここは深圳時代にいい印象がなかったのでできれば避けたいところですがまあとりあえず出かけてみることに。

でいつもの地図アプリで中国電信を捜して最寄りの営業所へ。ただ雰囲気がスマホ、ここでいいのかな。
とりあえず話しをすると 始めからスマホとインターネットをカプリングするセットメニューの話しが・・ADSL6Mでスマホのデータ通信500M、それに固定電話のセットで1ヶ月139元となっていました。光はないとのこと。やっぱり深圳は都会ですね。
現在使っている携帯電話は中国移動通信ですが変更する気はないのでセットメニューではなくインターネットだけのものはないかなと思ったのですがなかなかいい返事がない。
もしかしたら移動通信でもインターネットをやっていないかと聞くとやっているとのこと。で話しを中断しておとなりの移動通信で聞くと私のマンションには移動体通信がないのだとのことで再び電信に戻って・・・

インターネットだけのものはこれこれで設置するまでにだいたい1ヶ月かかると・・ホンマか! そんなことをしていたら競争相手に負けるでしょうが・・粘って話しをすると2、3日のものがあると言いました。と言うことでこれで手続き。1年分の前払い。カードはだめで現金のみと言うので近くのATMで引き出して戻ると全て準備は終了していました。
最後に彼女が言ったのは「モデムを準備しておいてください」
「は??」一瞬頭が真っ白とまではいきませんでしたがかなり明るい灰色・・モデムはインストールの時に持ってきてくれるのが当たり前と思っていたのでかなりの衝撃でした。
「どこで買えますか?」
「知りません。電脳の所ではないのかな・・・」
おーっ。


小さくなったモデム
考えてみると話しが何かちぐはぐな感じでした。言葉の問題でうまくやりとりができなかったのでしょうかね。
しょうがない、地図アプリで・・電脳の店が近くにあるようなので行ってみると何もない。で思い出したのがマンション見学の時にとあるマンションの近くにたしかあったような・・微信で彼の肩書きを見ると・・・
で数碼広場で検索するとけっこうヒットしました。バスで向かいます。始めの店で見つかりました。80元。値切れるのかどうかわかりませんが言い値で・・
それにしても小さくなったものです。深圳で10年使っていたものは大きいのにこれは手のひらサイズ。


モデムを探し回っている時にショートメール。
「明日の午後インストールに行きます。OKであれば同意、もし日を変えたいのであればいつがよいかを書いて返信してください」
これ、いいですね。電話がかかってきて’中国語で早口でしゃべられたらかないませんがメールで来るとちゃんと確認できます。もちろん「同意」で返信。するとさらにメール。
「あなたが予約したのは12時から18時の間です。業務に関するPC、MODEM、電話機などを用意しておいてください。」
12時から18時とはとてもざっくりしていますね。たいがいは2時間ぐらいの幅ですが6時間も幅があります。来る前には電話してくれるでしょうね。

インターネット(ADSL)設置
朝、昨日から少しおかしかった無線キーボードの調子が良くない。あわててキーボードを買いに出かけました。まず国美へ。あるにはあったのですが製品の封が解かれていてちょっといやな感じ。で近くのウォルマートへ。封がちゃんとしてあって良好な在庫管理状態。買いました。99元。国美より少し高い目ですが安心料かな・・

11時50分、電話がありました。ほぼ時間通り、いいスタートです。ほどなくやって来ました。
順調とは行かないまでもインストールが済んでやっとインターネットが使えるようになりました。これから更新は普通通りに。

 

中山
2014-10-10  |  コメント(4)  | 
タグ:

香港を結ぶ中山港へ (2014.10.7)

香港への船の玄関口 中山港
珠海の入り江にある中山には港もあります。そんなに大きな港ではありませんが香港へ行く時の1つのルートとしても考えられるので見学にやってきました。

中山の中心部からは15kmほど離れた田舎の中にあります。中山中心部の利和広場から1路のバス(路線図)で。
駅数は23站、15kmほどの道のりです。それなりに時間はかかりました。

バス停を降りてから入り口がわかりにくいながらもどうにかたどり着きました。
中はこぢんまりまとまっています。ちょうど便が到着したところのようで乗客がたくさん出てきました。

便は香港中港城(尖沙咀の西の港)便と香港国際空港便。
中港城へは1日7、8往復、香港空港へは1日3往復です。こんなもんでしょう。

お値段は・・・お高いですね。中港城で180元ほどですが長者(65歳以上)割引が140元。いずれにしても高いですね。
ただいろいろな得点や割引がありそうではありますが・・・
  → 中港城へネット業務

バスで深圳へ行くと75元。長者の場合深圳の地下鉄は無料ですからこれで福田口岸から香港に入ってバスで元朗なら2ドルですね・・・

船の場合は尖沙咀や香港島へ行くのは非常に楽ですし時間的にも早い。
香港国際空港へ行って日本へ行く場合は香港で通関手続きが必要ないと思われるので、まあ目的次第でケースバイケースでしょうかね。

公交バス → 中山港客运码头(沿江东路)





 

2014-10-11  |  コメント(0)  | 
タグ: 中山港 | 

左ハンドル左ドアのバス

左ドアのバス

ドアが進行方向に向かって右ではなく左のバス
初めて中山に来た時不思議だったのがこのバスです。
日本は車が左を走るのでバスは右ハンドルで左側にドアがなければなりませんが中国は「車は右」の国ですからバスは左ハンドル、乗客出入り口は進行方向に向かって右側でなければなりません。ところが写真のバスは左側、そして運転手も左。






左ドアのバス車内(連結バス)
なぜこうなるかというと・・・
実は中央分離帯にバス停があるのです。改札口があり「プラットホーム」に入ります。ホームの両側にバスの乗り口あってバスが来ると乗り口のホーム・ドアが開きます。
で、歩道側に止まるバスとは乗り口がかわるのです。

実は初めに見つけたのは左ドアバスではなくて中央分離帯にバス停があることです。
発想としていいかも、と思ったのですがよく考えてみるとバスのドアが反対側になるはず・・と思って観察してみて左ドアのバスを見つけたのです。

このバス、特注なんでしょうかね。2両連結のバスもありますしけっこうお金がかかっているような。
バス停には無料のWiFiも設置されているようです。



中山のもう一つのウォルマート
地図アプリで検索すると中山にはウォルマートが2店舗あるようです。一つは中心部にあるのですが、もう一つは中心部からかなり離れていて、もしかしたら大きなニュータウンがあるのかも・・と、ちょっと興味が出ましたので行ってみました。
左ドアのバスB1(→路線図)の終点にもう一つのウォルマートがありました。火炬開発区。中心部からは地図で測ると13kmほどありました。あたりは開発中のようでたくさんの新しいマンションができ、また建設中。まあ広々としています。
近くには4188元/m2と書かれた新築マンション。安いですね。

ウォルマートの店舗はすごく大きいスペース。太陽城購物中心にありました。お客さんはどれくらい来るのでしょうか。
見学したあと時刻も遅いので太陽城の小さなフードコートで叉焼飯とたこ焼きを食べて帰りました。

 


中央分離帯にあるバスの「プラットホーム」


改札を通るとこんな感じ。駅構内ですね。


このピンクの花、●徳利木綿(とっくりきわた ★美人树 → 花暦)のようなのですが時期が少し早い感じ。あちこちの中央分離帯に植えられていて日本の桜みたいにとてもきれいでした。
徳利木綿はとげのある幹がトックリみたいに中ほどがふくれています。

バスは左ドアのバスB1路


もう一つのウォルマートの入っている太陽城


帰りのバスで。やっぱり左ドアのB!路のバス


2014-10-12  |  コメント(0)  | 
タグ: ウォルマート | 

中山のデカトロン (2014.10.13)

深圳にいた時に山登り関係の用品を買うのに重宝していたフランス、アウトドア用品スーパーのデカトロン(Decathlon、★迪卡侬)。引っ越しにあたって中山にはないかも、と思い少し買いためておいたのですが思いがけず中山にもありました。ただし地図で見ると場所はちょっとへんぴな所、近くにバス停がありませんので一番近いバス停から歩いて行かなければなりません。情報はもちろん地図アプリです。

ただへんぴといえどデカトロンが店を構えたところ、都市計画があるかも知れません。と言うことで少し期待しつつ出かけました。

中山のデカトロン
中山のデカトロン


付近はマンション建設が盛ん
繁華街(利和広場)から24路のバス(路線図)に乗って終点まで行ってみました。(翠景豪苑方面)
途中もたくさんの新しいマンションの建設。ショッピングセンターを持った30階以上の棟が10棟以上ある大きな団地もありました。なかなかいい感じ。後日偵察してみるかな。
デカトロン近くも新しいマンション建設でごった返しています。デカトロンを見たあと見学でもしてみましょうかね。


まずはデカトロンへ。けっこう歩きます。建設現場を横に見ながら歩いていくとようやく見えてきました。見慣れたデカトロンの建物デザイン。
周りには何もありません。原っぱだけ。雰囲気的にはこのあたりも新しいマンションが建設されるようなので将来を見越してのことなんでしょうか。それにしても少し時期が早いような。

とりあえず中に入ってみました。広さは深圳に比べて遜色ありません。ただ平日ということもあるのでしょうがお客さんは少ないですね。
ほぼ深圳と同じ構成。ただ金額的に安価なのも充実していて買いやすそうです。

汗を外に出すシャツとかランニングパンツ、靴下などを買って帰りました。

デカトロンHP → Decathlon 迪卡侬

 


中山のデカトロン


中は広いです。深圳のとほとんどかわりません。





近くの建設中のマンション
近くの建設中のマンションのモデルルームを見てみました。
90m2ぐらいの小さな物件しかないようです。おまけに90m2に3室を造っている窮屈設計。興味は出ませんでした。
若い人を対象にしているのでしょうかね、青年豪宅のキャッチコピーがありました。
近くにはドイツの会員制スーパー、メトロがあるので買い物は大丈夫なようですが・・・


 


近くを通る24路のバス


近くのマンション建設。别墅もたくさん




2014-10-14  |  コメント(0)  | 
タグ: Decathlon | デカトロン | 迪卡侬 | 

中山マンション巡り (1) 東部の凯茵豪园 (2014.10.7)

凯茵豪园(kǎi yīn háo yuán)

中山港に行った時、帰りに寄ってみました。
ここは各地下調べの時にすごくいい印象だったのでまた来てみました。ただ問題点は市中心部から遠くバスの便もあまりよくないことです。豪園専用バスもあって市中心を往復しているようですし、香港への船が出る中山港へもバスが行ってくれるとか。さらに香港行きの船の割引もあるという話しですが・・・
あと買い物とか生活環境の確認も必要・・ 車を持っていれば問題ないでしょうね。

まあ遠いと言っても10kmたらずなのですが市の規模からすると遠いということになるでしょうか。
めちゃくちゃ広大なエリアで★别墅(直訳すると別荘ですが戸建ての家)も非常に多くありました。広さも300m2程度のものから90m2ぐらいのものまでさまざまですがどちらかというと比較的高級な物件が多そうです。

ここの開発商は香港関係らしくて買った人の30%は香港人だとのこと。すでに売り切れているところが多く売れている部分は開発商の手から離れて不動産屋の仕事になります。
不動産屋へ行くとまだ内装のしていない物件がふんだんにありました。買ってすぐに売りたいという物件です。転売して儲けるというのが普通ですがここのマンション群は買ってみたけどちょっと不便ということで売る人もいるとかいないとか’・・・

それにしてもあちこち别墅だらけ。このエリアはそういうコンセプトなのでしょうか。ここからさらに離れたところ、広珠城軌の線路近くにまで伸びていて城軌に乗るとよく見えます。すごくきれい。でもここはさらに3kmほど離れていて車がないと無理ですね。

帰る頃は黄昏。バスを待っていると住戸専用というバスがやって来ました。私が乗っていいのかわかりませんがとりあえず乗りました。高級そうなシャトルバス。
市の中心部で下車、やっぱりお金がいりました。中山通でぴっ。




 


凯茵豪园


丘に広がる别墅群




こちらはガーデン内に併設されている别墅








販売所。売れ残っている物件や新しく建設中の物件を売ります。


帰る頃には黄昏・・


2014-10-15  |  コメント(0)  | 
タグ:

太陽城数嗎広場 (2013.1016)

中山もそろそろPCやスマホ関連などの部品を買う深圳の華強路みたいな所を捜しておいた方がいいかな・・ということでこの前モデムを買った所が充実してそうな感じがしたのでじっくり見学しました。

場所は富華酒店(★富华酒店)にほど近い太陽城数嗎広場(★太阳城数码广场)。

富華酒店から西の陸橋を渡った所の新しいビルの中にあります。1階から3階。
深圳華強路と同じ雰囲気です。

ウエブカメラを買ってみました。言葉があれですので「あなたはどこの出身?香港?」と言われて「日本人」と答えると少しびっくりした様子で「ここに日本人が一人で?」と。
あまり日本人は来ないのでしょうかね。

Bluetoothのイヤホーンも捜してみましたがステレオのは見つかりませんでした。
値段を聞いてもそんなにふっかけている感じはしませんでした。









 

2014-10-16  |  コメント(0)  | 
タグ:

孫中山紀念堂公園から中山公園、富華酒店へ (2014.10.17)

中山市と言うと孫文(孫中山)のふるさと。中山に来たのでやっぱりここには行っておかないと・・と言うことで孫中山紀念堂公園へ散歩に出かけました。


散歩
マンションを出て中山二路を横切って裏通りを歩いていきます。ガジュマル並木を歩いていくとキリスト教会があったりして不思議な所。


ガジュマル並木

教会がありました


30分ちょっとで孫中山紀念堂公園に到着。意外に早かった。

孫中山紀念堂公園




さらに歩いていくと中山紀念図書館と書かれた石門。くぐっていくとなぜか西山寺・・・


さらに歩くと中山公園。
いきなりの石段を登っていくと七重塔に着きました。あちこちでよく見えていた塔はこれだったんですね。正体がわかってちょっと嬉しい。
名前が「烟潡山塔(●煙墩山塔)」となっていました。のろし台だったのでしょうかね。


中山公園を出るとあとは歩行街を歩いて富華酒店へ。
トイレだけ借りて006路のバスで帰宅。

 



孫中山紀念堂公園








西山寺






西山寺から利和広場を展望




中山公園








そして
前に歩いたことのある歩行街


富華酒店に到着


2014-10-19  |  コメント(2)  | 
タグ: 孫文 | 孫中山 | 

孫中山故居紀念館へ (2014.10.18)

中山市と言えばやっぱりこれですね。孫文の旧居記念館。
中山の中心部からはけっこう離れます。珠海との市境に近い所にありました。もう少し行くと城軌珠海北站。スマホの画面では私の居所からは16.7kmとなっています。そんなに遠いわけではないのですがバスで行くとおよそ1時間かかります。
利和広場から12路のバスで出かけました。ほぼ1時間後到着。想像していたよりこぢんまりした所。門票無料。

孫中山(孫文)
お恥ずかしながら私は孫文のことをそんなに知りませんでした。深圳でも中山公園がありますし、中国各地に中山公園があります。台湾も同じ。ですので疑問に思って調べてもいいはずなのですがちょっと放っておりました。

ただ孫文のふるさとである中山市に引っ越してきたら放っておく訳にもいかないような気が・・ということで今回の孫中山故居紀念館訪問は少し真剣に見てみようと。

おかげでかなり良くわかってきました。
展示でわかったことは中国で2000年あまり続いた封建的帝政を打ち破り1912年、中国に初の民政を始めたのが孫文でその臨時総統になったと言うこと。1912年を民国元年としたことで昔、台湾で仕事をしていた時に台湾の会社がこの年号を使っていたことを思い出しました。

ですから現代の中国の民政のドンはまず孫中山、そして毛沢東、鄧小平と続くということ・・この広東でまず民国の基盤が造られたということですね。
基礎的なことで知ってる人の方が多いと思うのですが私は把握しておりませんでしたので頭の中がすっきりしました。これからも少しずつネットで調べてみようと思います。なかなか興味深いです。


古民家の展示の散髪屋。懐かしい椅子でした。



バス
市中心部から(中山汽車総站←→珠海下柵検査站) → 中山12路
そのほか・・孫中山故居へのバス路線 → 孫中山故居


 




入口です






孫中山旧家


旧家入口です。中は撮影禁止なので・・・




昔の民家通り・・


孫文の子供時の家の再現




併設されている記念館






おとなりの辛亥革命紀念公園



2014-10-20  |  コメント(2)  | 
タグ: 孫中山故居紀念館 | 
次の10件
2014年09月 ◄ 2014年10月 ► 2014年11月





Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "深圳・香港 夢時間" all rights reserved