So-net無料ブログ作成
2013年12月 ◄ 2014年01月 (26件) ► 2014年02月
2014.01.01 
謹賀新年2014
2014.01.02 
新年の深圳・蓮花山公園へ
2014.01.03 
福州・廈門と深圳北を結ぶ新幹線 廈深高速鉄道(厦深高速鉄路)が2013年12月28日に開通
2014.01.04 
《深圳で見かけた鳥》羊台山で唐赤腹の雌♀ ●唐赤腹(カラアカハラ) ★灰背鸫・灰背鶇
2014.01.05 
深圳・羊台山脈縦走 小羊台山から大羊台山へ
2014.01.06 
深圳・西麗のとある村で
2014.01.07 
《深圳で見かけた鳥》●尾長裁縫鳥(オナガサイホウチョウ) ★长尾缝叶莺 - 西麗で
2014.01.09 
《香港で見かけた鳥》●大杓鷸(ダイシャクシギ) ★白腰杓鹬・白腰杓鷸 - 香港湿地公園で
2014.01.10 
《深圳・香港花暦》ノボタンの紅葉? 新芽? ●尨毛野牡丹(ムクゲノボタン)
2014.01.11 
《香港花暦》●台湾椿(タイワンツバキ) ★大头茶・大頭茶 - 香港湿地公園で
2014.01.12 
《深圳で見かけた鳥》羊台山の鷲 ●冠鷲(カンムリワシ) ★蛇雕・蛇鵰 - 羊台山・西麗で
2014.01.13 
深圳・羊台山公園 - 西麗入口から小羊台山へ (2014.1.12)
2014.01.14 
《深圳花暦》羊台山はアオモジの花が満開 ●青文字(アオモジ) ★山苍树・山蒼樹
2014.01.15 
《深圳で見かけた鳥》深圳湾公園と尾長鴨(オナガガモ)  ★针尾鸭・針尾鴨
2014.01.16 
深圳・深圳湾公園 夕景 (2014.1.14)
次の15件

2014-01-01  カテゴリ: 定期記事

謹賀新年2014



明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

平成26年 ( 2014年 ) 甲午元旦






深圳中心部遠望





タグ: 謹賀新年
2014-01-01 コメント(12)
蓮花山公園で

新年の深圳・蓮花山公園へ (2014.1.1)

今年も年始は深圳中心部の蓮花山公園。天気予報通り天気は良好、気温も温暖。いつもの冬のように能見度(●視程)は悪い。
どうやら最高気温は20度を超えたかも。そのわりに重装備な服装の人もいました。
それにしてもいつもにまして人の多さ。春節の方が帰省する人が多いのでまだ少ないような気がします。
山頂への道は満員です




山頂からの展望








いつでもどこでも一斉にスマホ


四十雀(しじゅうから)ものんびり


タグ: 蓮花山公園
2014-01-02 コメント(2)
深圳北駅新幹線ホーム

福州・廈門と深圳北を結ぶ新幹線 廈深高速鉄路が開通

建設が進められていた福州・廈門(あもい)・廈門北駅と深圳・深圳北駅を結ぶ新幹線、廈深高速鉄路が先日2013年12月28日に開通しました。
これで深圳北駅は広深港高速鉄路と廈深高速鉄路の交点となりました。




廈深高速鉄路
路線全長 502km
20駅
厦门北(廈門北)・前场(前場)・角美・漳州南・漳浦・云霄(雲霄)・诏安(詔安)・饶平(饒平)・潮汕・潮阳(潮陽)・普宁(普寧)・葵潭・陆丰(陸豊)・汕尾・鲘门(鮜門)・惠东(恵東)・惠州南・深圳坪山・深圳北
運賃 深圳北<>廈門北 一等 181元/二等 150.5元
深圳北<>深圳坪山 13 / 10.5
深圳北<>恵州南  19.5 / 16.5
深圳北<>恵州東  31 / 25.5
所要時間 深圳北<>廈門北  最速 3時間34分 -- 4時間0分
新大阪・東京間の実程が515kmなのでだいたい同じですね。

で久しぶりに深圳北駅に行ってみました。かなり整備が進んでいましたが、2.4km2という中国最大の敷地を持つ駅、まだまだ整備は続くようです。

切符を買うにはIDカードの提示が必要で、中国人の場合、最新の非接触式の電子カードになったIDカードを持っている人は自動販売機が使えるのですが開通したばかりで使い方の不慣れな人もいてなぜかスマホ片手にかなりの時間をかけていたりして長蛇の列。人のいる窓口の方が早そう。試乗はいずれまた日を改めて。
切符売り場は長蛇の列でした






地下鉄龍華線と深圳北駅


駅前広場というか駅前の大緑地もだいぶ形が整ってきました。ビル群は龍華の街。旧市街みたいになっていくような感じ。


羊台山の唐赤腹(からあかはら) 雌♀
(164)

唐赤腹(からあかはら) 灰背鸫灰背鶇 - 羊台山で(2014.1.4)

小羊台山から大羊台山へ縦走をしている途中できれいなオレンジのおなかを見せて鳥が飛んできました。尉鶲(じょうびたき)かなと一瞬思いましたが大きな鳥だったので唐赤腹とわかりました。飛んでいる時のオレンジ色がとても印象的でした。

帰って写真を見てみると胸の黒い斑が見えて雌と判明。
日本では希な旅鳥として日本海側の島々で観測されるそうです。

唐赤腹 (からあかはら)
灰背鸫灰背鶇 (huī bèi dōng)

学 名turdus hortulorum
目 科スズメ目ツグミ科
全 長23cm
渡 り冬鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
雌雄異色
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)






羊台山縦走 小羊台山から大羊台山へ (2014.1.4)

羊台山が整備されて昨年の9月に小羊台山を知りましたので今回は羊台山脈の小羊台山から大羊台山へ縦走してみることにしました。

羊台山公園が整備されての休日ということでけっこうな人出でした。これまで小羊台遊覧区から大羊台山へ行く人はほとんど見なかったのですが整備されて日数が経過したためか今回は両遊覧区の往来が活発でした。整備すればこれだけの人が利用してくれたら整備する方もやりがいがあると言うものです。

前回大羊台山頂に来た時は整備が終わっていないのに誰もいなかったので整備が完了するのだろうかと思っていたのですが、終了していました。前回未完成だった新しい登山ルートも一応終了していました。
梅林山と言い、羊台山と言い、今回の公園整備は心構えが違うようですね。

あとの自分の課題は西麗入口を見つけることでしょうか。
今回の所要時間
小休止やロス時間を入れた全行程は3時間半

龍華入口の登山口 小羊台山頂 (462m) 55分
小羊台山頂 小羊台山遊覧区から大羊台山遊覧区への分岐点 30分
分岐点 大羊台山頂 (587m) 30分
大羊台山頂 石岩入口の登山口 65分
今回のコースは龍華入口から入り小羊台山に登ったあと大羊台山へ、大羊台山から白い道を通って石岩入口へ下山。


龍華入口から小羊台山頂をめざします


小羊台山頂


小羊台山頂から見た羊台山脈最高峰・大羊台山です


ここを左に行くと大羊台山遊覧区です


大羊台山遊覧区に入りました。



あと少しで大羊台山頂です

ほんとに羊台山は巨石だらけです


大羊台山頂。ちゃんと整備が終了


大羊台山頂から小羊台山を



下山です


石岩入口の登山口です。かすかに羊台山が見えます。(たぶんあれが山頂です・・・)


タグ: 羊台山
2014-01-05 コメント(0)
西麗風景 - 西麗水庫を中心に

深圳・西麗のとある村で (2014.1.5)

羊台山公園の西麗入口を探して


公園の案内図(ブログに載せている案内図の元写真です)

羊台山公園の西麗入口を探るため公園の案内図から当たりを付けてバスで西麗水庫北東の王京坑村というところへ出かけました。初めて行くところです。
66路と49路のバスがあるようですが49路を利用。

それにしても・・西麗から北へ6kmほど、そんなに遠いとは思えないのですが雰囲気は20年前の深圳に戻ったような感じ。なかなかの田舎でした。

バスを降りて当たりをつけて歩いていくとここらあたりも広東緑道になっているようで標識がありました。
写真に「i」(たぶんinfomation)と書かれている案内板には王京坑工業区という工場地帯がありました。地図の雰囲気ではこちら方向に羊台山公園の入口がありそうなので進みます。
私が1996年に香港に来た時と’同じような雰囲気の工場地帯をどんどん歩いていくと工場が終わって山の方に入っていきます。日曜日のことなので5、6人の若者グループ(たぶん工場の同僚でしょうね)が同じ方向に進んでいくのでもしかしたら、と思って同じように進みました。
鳥の声が騒がしいぐらいに聞こえて、養蜂場があったり果樹園があったりととてものどかな野道を写真を撮りながら進みます(登ります)。

30分ほどうろうろしているとリュックとトレッキングポール姿の一群が。どうやら羊台山の山歩きをしてきたようなので状況を聞いてみるとやっぱり羊台山に行けるとのことで3時間ほどかかるらしい。
当方この日は前日に大、小羊台山を縦走していて下調べだけのつもりでしたのでカメラバッグだけの軽い服装、おまけに時刻は午後4時。これから羊台山に行くと勘違いされたようでかなり怪訝そうな顔でこちらを見るので今日は見るだけといったのですがだいぶ心配されてしまいました。
まあ こちらも年ですので一応足には十分休息を盗らせますけど・・以前香港の八仙嶺では迷惑をかけたこともありますので・・・

でもどうやらここが羊台山公園の西麗入口のようですね。それにしても梅沙尖の登山道を探す時は数時間かかったというのに今回はロスなしで登山口らしきルートを見つけることができました。ちょっと充実した一日でした。
少し歩いた雰囲気は自然道が多くてとてもよさそう。後日羊台山の登山道として確認できたら羊台山登山の自分のメインルートはここになりそうな予感。

羊台山方面でしょうかね










この堆金菊(たいきんぎく、★千里光)が道すがら点々と咲いていました


バナナの木も


そして

バナナがなっていました



目白(めじろ)も自由奔放

尾長裁縫鳥(おながさいほうちょう)もあちこちにいました

タグ: 羊台山
2014-01-06 コメント(2)
尾長裁縫鳥 (おながさいほうちょう)
(165)

尾長裁縫鳥 (おながさいほうちょう) 长尾缝叶莺長尾縫葉鶯 - 西麗で(2014.1.5)

西麗の羊台山公園付近の野道にたくさんの尾長裁縫鳥(おながさいほうちょう)がいつものようにあちこちと忙しくかけずり回っていました。
この鳥は12cmと雀よりも小さいながらも庭や野原などでよく見かける鳥です。「こっこっこっ・・・」とミシンを踏むようなリズムで鳴いているのでよくわかります。

大きな葉の隅をくちばしで穴をあけて蜘蛛の糸とか植物の繊維で縫い合わせて巣を作るとか。で裁縫鳥というのでしょうかね。留鳥で年中お目にかかれます。

尾長裁縫鳥 (おながさいほうちょう)
长尾缝叶莺長尾縫葉鶯 (cháng wěi féng yè yīng)

学 名Orthotomus sutorius
目 科スズメ目ウグイス科
全 長12cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
雌雄ほぼ同色
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)









香港湿地公園の大杓鷸(だいしゃくしぎ)
(166)

大杓鷸 (だいしゃくしぎ) 白腰杓鹬白腰杓鷸 - 香港湿地公園で(2014.1.9)

今年初めての香港湿地公園です。1月1日で湿地公園のパスが切れたのでまずは更新。窓口で「Extension 1 year」と言って古いパスを渡すと手続きをやってくれます。100ドルを支払って写真を撮影。次回からはelderチケットの50ドルになります。

天気はよくないものの平日のためか鳥はたくさん出てきてくれました。いつもの川鵜(かわう)、黒面箆鷺の群れ。めずらしい鳥はいないかと探すと・・いました、大杓鷸が一羽。去年の1月にここで初めて見かけてから1年ぶりの再会です。

大杓鷸 (だいしゃくしぎ)
白腰杓鹬白腰杓鷸 (bái yāo sháo yù)

学 名Numenius arquata
目 科チドリ目シギ科
全 長50-60cm
渡 り春過秋過冬鳥
観察期1 2 34 5 6 7 89 10 11 12
雌雄同色
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)








尨毛野牡丹の紅葉?それとも新芽?
(252)

尨毛野牡丹の紅葉? - 西麗などで (2013.12.29 ~ 2014.1.9)


尨毛野牡丹の花 (2013.6.12)
近頃、尨毛野牡丹(むくげのぼたん)に赤い葉が目立つようになりました。
始めは12月29日の裏山。いつもの尨毛野牡丹の葉が斑に赤くなっているのを見つけました。紅葉?それとも葉が枯れる?と思っていたのですが・・
そして今年に入ってからは西麗で、美しく赤く染まった葉がありました。上の葉だけ赤く染まっているところを見ると新芽なのかと・・
さらに香港湿地公園で確かめるとやっぱり赤い・・・新芽なんでしょうかね。
日本と中国、香港のネットを調べてもなかなか赤い葉の写真が見つからない・・よくわかりません。


尨毛野牡丹(むくげのぼたん)
毛稔(máo rěn)・毛菍
学 名Melastoma sanguineum
科属名ノボタン科ノボタン属
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)
西麗で (2014.1.5)


聖人大座で (2013.12.29)


香港湿地公園で (2014.1.9)


台湾椿(たいわんつばき) - 香港湿地公園で
(253)

台湾椿(たいわんつばき) 大头茶大頭茶 - 香港湿地公園で(2014.1.9)


湿地公園で飛び立つ川鵜(かわう)
今年初の湿地公園。いきなり川鵜の離水ショー。川鵜が飛び立つ時は石切り遊びみたいに水面を助走します。着水する時も同じですが、見ていて面白いものです。

陸ではあちこちで椿が咲いていました。椿と言ってもこちらの椿、中国語では★大頭茶、和名は●台湾椿です。
中国南部からインドシナ、台湾にかけて分布。


台湾椿(たいわんつばき)
大头茶大頭茶 (dà tóu chá)

学 名Gordonia axillaris
科属名ツバキ科タイワンツバキ属
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)








天気の良くない香港湿地公園
冠鷲(かんむりわし) - 羊台山公園西麗で
(167)

冠鷲 (かんむりわし) 蛇雕蛇鵰 - 羊台山・西麗で (2014.1.12)

羊台山公園の西麗入口から歩いて行くと大きな翼を広げた鳥が悠々と飛んでいました。歩き始めたばかりでカメラの準備が・・・
大急ぎで準備をして撮影、でも一番近くを飛んでいた姿は撮れず・・しょうがないか。
お初の鳥でした。ちょっと遠いのをトリミングしていますのであまりいい写真ではないですが、ま、証拠写真ですかね。

帰って調べてみるとタカ科の冠鷲(かんむりわし)。日本では沖縄・八重山諸島に分布。

冠鷲 (かんむりわし)
蛇雕蛇鵰 (shé diāo)

学 名Spilornis cheela
目 科タカ目タカ科
全 長51 - 71cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
雌雄同色
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)









羊台山の大象石 なるほど象に見えます

羊台山公園 - 西麗入口から小羊台山へ (2014.1.12)

羊台山西麗入口から
下調べしておいた西麗入口から登ります。初めてのコース。羊台山の案内図でも予感していますが未整備のルートみたいなのでどんなところを通るのか興味津々。


旧第2ボーダーの塀の名残 2014.1.7
まずはバスで動物園まで出かけ、そこから66路(49路でもOK)に乗り換えて終点の西麗王京坑総站へ。このあたりは以前の経済特区の境界線、第2ボーダーがあったところで金網の塀で仕切られていたようです。下調べの時は金網はなくコンクリートの柱だけが残っていたのですが今回はすでに柱も撤去されていて歴史の名残は消えました。

バスを降りるとこの旧ボーダー沿いに少し歩きます。王京坑工業区に入り北のはずれから野道に入ります。おそらくこのあたりが西麗入口かも。
ニワトリを飼っているところを抜けてバナナ園もぬけて歩きます。行き止まり。ちょうど地元の人がいたので聞くことができました。どうやらこの上に行くと山道があるそうです。
訳のわからんところを軍手をはめて格闘、登ります。登り切ったところに稜線に沿って踏みあとがありました。これで何となく行けそうな予感。
そのあとはだいたい踏みあと通りのコースで迷うことはありませんでした。

1時間あまり歩くと巨石群がありました。ここでやっと人と遭遇。聞くとこの石は大象石だとのこと。大象石は羊台山の景点の一つですでにネットで調査済み、ネットの写真と同じでした。ただ、羊台山の案内図と位置がかなり違います。要再調査かな。
大象石の上方は木々がなく見晴らしがききました。じっくり見ながら確認を・・羊台山脈の東西を南から見ている・・実にいい感じ。望遠で確認がとれました。大羊台山と小羊台山が目の前でした。

大象石から歩くこと30分たらずで見慣れた大羊台山遊覧区の石畳が見え合流できました。ここからあとはすでに慣れたルートです。緊張がほぐれました。それにしても大羊台山遊覧区に入ると急に人が増えました。さすが整備済みの登山道。
ここからは大羊台山でも小羊台山でも行くことができます。で大羊台山に行くか、小羊台山に行くか、考え所。小羊台山は山が低いので楽なように思いますが実際は上り下りが激しいのでたぶん大羊台山へ行くのと同じだろうと思われます。
結局、 小羊台山は龍華から登ったものの龍華に下りていないので今回は前の逆コースで龍華に下りることにしました。
小羊台山頂へは40分、さらに1時間足らず歩いて龍華の登山口に到着。
あれこれ
この写真は羊台山登山道の急な石段でのものです。
彼の足下にはなんとインラインスケート!? これで小羊台山の石段を往復したようです。信じられない!周りから注目のまとでした。
その後の裸足の男性は途中でギブアップしたようで手にインラインスケートを持っています。

所要時間 (西麗入口から龍華入口の登山口まで)
休憩,、撮影時間など込みで西麗入口から龍華入口の登山口まで総合計は 3時間40分。

西麗入口 大象石 70分
大象石 大羊台遊覧区との合流点 25分
大羊台遊覧区との合流点 小羊台遊覧区との合流点 10分
小羊台遊覧区との合流点 小羊台山頂 40分
小羊台山頂 龍華入口の登山口 55分


大羊台山遊覧区との合流点

小羊台山遊覧区との合流点


工業区の北のはずれから野道へ


バナナを採って下りてきました


前の一番高く見える山には大象石があります。その右後ろは分岐点のある嶺です


望遠でとらえた大象石です


さて稜線づたいに登ります


ほんとに巨石が多い羊台山脈


大象石にやってきました


大象石付近から展望。なるほど、大羊台山と小羊台山の縦走はしんどい。


小羊台山頂に到着。まあ人の多いこと。皆さん若いですね。


小羊台山から下ります。少しルートを変えてみました。こちらの方がのんびり加減がいい


龍華の登山口に。ゴールです。


龍華入口のエントランスも人がいっぱい。


西麗入口から羊台山へ
終わり
青文字(あおもじ)
(254)

青文字 (あおもじ) 山苍树山蒼樹 - 羊台山で(2014.1.12)

羊台山ではあちこちに白い小さな花が無数に咲いていました。青文字(あおもじ)です。雌雄異株でおしべの花の木とめしべの花の木に分かれます。
花弁状の4枚の苞葉(直径約1㌢)の中に5個の白色の小花がつく。雄株の花のほうが大きく多数がつき、雌株は花のつきかたが少ない。
とのことですが、雌雄の区別がちょっとよくわかりません・・・
同じ仲間にクロモジと言うのがあります。クロモジが葉と花が同時にに咲くのに対してアオモジは花が先に咲くようです。

青文字 (あおもじ)
山苍树山蒼樹 (shān cāng shù)


学 名Litsea cubeba
科属名クスノキ科ハマビワ属
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
果 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
雌雄異株
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)










尾長鴨(おなががも)
(168)

尾長鴨(おなががも) 针尾鸭針尾鴨 - 深圳湾公園で(2014.1.14)

深圳湾公園にはさまざまな冬鳥が留まっていました。いきなり現れた尾長鴨(おなががも)。
香港湿地公園ではよく見ますが深圳ではめずらしいですね。結構近くで撮影ができました。

尾長鴨(おなががも)
针尾鸭針尾鴨 (zhēn wěi yā)

学 名Anas acuta
目 科カモ目カモ科
全 長♂65cm ♀50cm
渡 り冬鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
雌雄異色
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)







深圳湾公園の深圳湾

深圳湾公園 夕景 (2014.1.14)

深圳湾公園へは鳥を見に行くことが多いのでだいたい夕刻近い時に行きます。
この日は冬のわりに★能見度(●視程)が良好で香港が見えていました。鳥はどんなときがいいのかわかりませんがたくさん迎えてくれました。種類も多い気が・・・

香港をバックに。



深圳湾大橋と香港の山がバックです




深圳湾体育中心


小鷺(こさぎ)が飛ぶ


小鷺が飛ぶ


鴨も飛ぶ・・・


タグ: 深圳湾公園
2014-01-16 コメント(0)
次の15件
2013年12月 ◄ 2014年01月 ► 2014年02月



Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved