So-net無料ブログ作成
2011年11月 ◄ 2011年12月 (20件) ► 2012年01月
2011.12.01 
《香港で見かけた鳥》(66) 乱舞・反嘴丈高鷸(ソリハシセイタカシギ) - 香港・南生圍路
2011.12.02 
在広州総領事館領事の深圳出張サービス パスポート更新
2011.12.03 
《香港で見かけた鳥》(67) にがみばしった ●雀(スズメ)★树麻雀・樹麻雀 香港九龍公園で
2011.12.04 
《香港で見かけた鳥》(68) ●五位鷺(ゴイサギ)★夜鹭・夜鷺 - 香港九龍公園で
2011.12.05 
《深圳で見かけた鳥》(69) 冬鳥が帰ってきました ●便追(ビンズイ)★树鹨 - 聖人大座で
2011.12.06 
《深圳で見かけた鳥》(70) カラス科の優雅な ●山鵲(サンジャク)★红嘴蓝鹊・紅嘴藍鵲
2011.12.07 
《深圳で見かけた鳥》(71) 筆架山公園の師走の鳥 - お食事中の四十雀(しじゅうから)など
2011.12.10 
《深圳花暦》チャイニーズ・ハット ●テングバナ ★冬红・冬紅 - 園博園で
2011.12.12 
《香港で見かけた鳥》(72) 絶滅危惧種 ●黒面箆鷺(クロツラヘラサギ)★黑面琵鹭
2011.12.13 
《深圳の山と公園》 園山風景区 鵝公髻へ + とある夜景
2011.12.14 
《深圳で見かけた鳥》(73) ●顔黒画眉鳥(カオグロガビチョウ)★黑脸噪鹛 - 園博園で
2011.12.16 
《深圳で見かけた鳥》(74) 深圳湾公園でカワセミ ●翡翠(カワセミ)★普通翠鸟
2011.12.17 
《深圳で見かけた鳥》(75) ●銀椋鳥(ギンムクドリ) ★丝光椋鸟 - 深圳湾公園で
2011.12.19 
《深圳で見かけた鳥》(76) ●磯鷸(イソシギ)★矶鹬 - 深圳湾公園
2011.12.23 
《香港で見かけた鳥》(77) ●尾長(オナガ)★灰喜鹊・灰喜鵲 - 香港米埔で
次の15件
南生圍路の反嘴丈高鷸 (2011.11.30)

乱舞・反嘴丈高鷸(ソリハシセイタカシギ)★反嘴鹬 - 香港・南生圍路で (2011.11.30)


南生圍路から
香港で観鳥、バードウォッチングと言えば深圳湾一帯のエリア。香港湿地公園、米埔など。そして今回訪れた南生圍路もこのエリアです。南生圍路は初めてなのであちこち歩きながら雰囲気を。

西鉄の元朗駅付近でミニバス75番を降りて歩きます。おおいに道草をしながら1時間ほどで蠔洲路から南生圍路に入りました。
南生圍路は川沿いの観鳥道路、川には鴨がたくさん。岸辺には磯鷸(いそしぎ)、頬白白鶺鴒(ほおじろはくせきれい)なども顔を見せました。
そのうちに白い鳥が一羽降り立ちました。こういう大きな風景の中では鳥が小さく見えます。一瞬ゆりかもめ?かなと思いましたが反嘴丈高鷸(そりはしせいたかしぎ)でした。これをきっかけにするように次から次へと反嘴丈高鷸の群れが押し寄せてきて鴨から主役を奪い取りました。

アジア、アフリカ、ヨーロッパに広く分布するようですが日本にはめずらしい冬鳥として訪れるようです。

反嘴丈高鷸(そりはしせいたかしぎ)
反嘴鹬・反嘴鷸 (fǎn zuǐ yù)

学 名Recurvirostra avosetta
目 科チドリ目セイタカシギ科
全 長42-45cm
渡 り冬鳥
観察期1 2 3 45 6 7 8 9 1011 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)










蒼鷺(あおさぎ)と2ショット さすがに蒼鷺はでかい


在広州総領事館領事の深圳出張サービス (2011.12.1)

領事の深圳出張サービス (2011.12.1)
12月1日、深圳に広州から2ヶ月に1度の領事出張サービスがありました。かねての予定通り、ページ余裕のなくなったパスポート申請に行きました。香港では数度パスポートを更新したことがあるのですが中国では初めてです。

イミグレで香港のはんこも押していた時代はページがなくなって2年しかもたなかったのですが現在のパスポートは2005年2月からですので10年は使い切ることができませんでしたが6年半ももちました・・・
以前に日系アメリカ人から聞いたのですがアメリカでは10年もののパスポートなら増補とか新規発行が必要ならば10年までは全て無料だと言っていました。うらやましい限りです。理屈にも合っているように思えますし・・

帰省中に日本で更新しようかと思ったのですがまず証明写真が1500円とありちょっとビビり・・・高すぎる。と同時に頭をかすめたのが・・・
前回、ページがなくなってきての日本での中途更新でしたが、やれページがまだ3ページも残っているだの、どうして増補を一緒にやってしまうのかとか、サインがどうのこうのとか、こちら(香港での更新)だと当たり前にやってくれることを「上から目線」で一々細かく「いちゃもん」つけられて閉口したことを思い出して・・・
で、中国で更新しようと決めたわけです。

出張サービス会場は10月までは竹子林にあり我が家からは便利だったのですが、深圳日本商工会の移転に伴い場所が留学生創業大厦に変更されました。地下鉄蛇口線(2号線)科苑駅と言うことなので遠くなったと言っても便利。
科苑で降りてD出口を出ると科苑南路。正面右手には目指す留学生創業大厦のビルが見えるだけなので非常にわかりやすい。5分ほどで到着、ここから2階212号室の日本商工会室へ。


左下:科苑駅D出口、右:留学生創業大厦
予約は午後1時から2時。1時過ぎに行くとすでに先客2人。2人ともパスポート申請。
で申請書類を渡されて記入。パスポート申請と旅券返納留保願書、それに増補の申請書。
申請用紙が大幅に変わっていたように思いました。香港での申請では日本でなら1枚ですむのを同じ紙を2枚も書かされていたのですがこれも改善されたようで1枚だけ。

まあ、あっけなくすみました。2人の係員の対応も適切でやっぱりこちらでしてよかったかな、と。12月6日以降だといつでも新しいパスポートを受け取れるとのこと。もっとも広州へ受け取りに行く必要がありますが。
でも・・ん、1日から6日、ワーキングデイだと3日!なんとまあ早い。日本だと1週間といっていたと思うのに。料金は増補を含んで1420元。「おっ、結構な額ですね」と言うと係員は苦笑い。

まあ無事すんでとりあえずめでたしめでたし。

ホームページ → 在広州日本国総領事館

留学生創業大厦

苦み走った・・雀

ハードボイルド ●雀(すずめ)★树麻雀・樹麻雀 香港九龍公園で (2011.12.2)

香港野鳥の名所、九龍公園。前回度肝を抜かれるほどの野鳥の多さに味をしめ、ふたたび出かけてみました。
いつもながらのすごい野鳥の数の中、散歩しているとすぐ近くに雀がやってきました。雀というといつもかわいいイメージでとらえているのですが、見るとなかなかハードボイルドな感じ。
と言うわけでいつもとちょっと違った角度からとらえてみました。

雀(すずめ)
树麻雀・樹麻雀 (shù má què)

学 名Passer montanus
目 科スズメ目ハタオリドリ科
全 長15cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)




●五位鷺(ゴイサギ)★夜鹭・夜鷺

●五位鷺(ごいさぎ)★夜鹭・夜鷺 - 香港九龍公園で(2011.12.2)

五位鷺ってユニークな名前なので見たいと思っていましたが2回目の九龍公園でわんさかいるのを見つけました。
名前は、醍醐天皇がおとなしく捕まったこの鳥に五位の位を授けたことに由来しているとのこと。由緒正しい名前でした。
昼間は林の中でじっとしていて、夕方から川や池へ出かけていって魚を捕る夜行性。

五位鷺 (ごいさぎ)
夜鹭・夜鷺 (yè lù)

学 名Nycticorax nycticorax
目 科コウノトリ目サギ科
全 長61cm
渡 り留鳥 冬鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)
鳥の瞬き
九龍公園にも露出度の大きい四季鳥がたくさん目の前に現れました。
珍しくもないのであまり撮影する気も起こらないのですが暇な時は撮影します。するとこんなものが・・

 
右の写真、明らかにまぶたみたいなので覆われてます。
目の付近がなにやら変だな、と思って拡大してみて気づきました。
ちょっとびっくりしてネットで調べてみると同じような写真がたくさんアップされてました。鳥のまばたきって初めて知りました。





若鳥です


●便追(ビンズイ)★树鹨

 ●便追(びんずい)★树鹨 - 聖人大座で (2011.12.3)

冬鳥の到来が本格化して深圳、香港も鳥の種類が多くなってきました。
この便追(びんずい)も今年暑くなってきた頃から聖人大座で見なくなりましたが帰ってきたようです。山頂付近の樹に大勢たむろしていました。

深圳、香港では主に冬鳥、日本では留鳥、北日本で夏鳥、九州以南では冬鳥。

便追(びんずい)
树鹨・樹鷚 (shù liù)

学 名Anthus hodgsoni
目 科スズメ目セキレイ科
全 長15cm
渡 り春過 秋過 冬鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)




美人ですねえ 目がちょっと色っぽい


●山鵲 ★红嘴蓝鹊・紅嘴藍鵲

●山鵲(さんじゃく)★红嘴蓝鹊・紅嘴藍鵲 筆架山公園で(2011.12.4)

この鳥を見るのは2度目です。前回も筆架山公園。登山道から木にとまっているのが見えました。遠かったのでうまく撮影できず、その後も再び見たいと思って同じ所を何度も歩いてみたのですが会うことかなわず・・
今回、筆架山に登る前に園内を歩き回っていると尾が長く目の前をすーっと飛んでいる一団が・・もしかして、と思いカメラを構えるとやっぱり山鵲でした。大急ぎでシャッターをきりまくりました。大勢の山鵲がたむろしていたのでもしかしてこのあたりがねぐらなんでしょうかね。
暗いところでしたのでできあがりはどうかなと思っていたのですが使えそうなのが数枚ありました。

山鵲はカラスの仲間とは思えないほどの美貌です(カラスさん失礼)。今回は飛んでいるのをたくさん見ましたが実に華麗でした。香港湿地公園でみたオウチュウを思い出させました。

分布は中国、東南アジア、ヒマラヤ。

山鵲(さんじゃく)
红嘴蓝鹊・紅嘴藍鵲 (hóng zuǐ lán què)
蓝喜鹊・藍喜鵲 (lán xǐ què)

学 名Urocissa erythrorhyncha
目 科スズメ目カラス科
全 長65cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)


ぶれました・・


お食事中の四十雀(しじゅうから)

筆架山公園の師走 (2011.12.4)

師走というとあわただしい感じですが表題に困ってつけただけでいつも通りのんびりしています。
奈良帰省から深圳に戻って初の筆架山公園でした。
かなり様相が変わっていてこれが初冬なのでしょうか・・

長かった公園の整備も終わったようで工事の囲いが全てなくなりました。すごく広くなったような感じ。で、散歩するとまず四十雀(しじゅうから)のたわむれ。撮影を。いつもと違いなかなか逃げないので不思議に思っていたらお食事中のようでした。


ひょうきんな頬白白鶺鴒(ほおじろはくせきれい)
このあとお食事のようでした。


筆架山公園の池の上を飛んでくるものがありました。きらっと光る背の青さが印象的。とまった木に急いでカメラを。

推測通り、深圳でやっと出会えた翡翠(かわせみ)でした。

深圳で初めて確認できた翡翠の仲間の青翡翠(あおしょうびん)

いつも不思議に思うのですがどうして翡翠をカワセミと読んで青翡翠をアオショウビンと読むのかな・・
さらに山翡翠と書けばヤマセミです。

そしてこれ、暗い木の上で一瞬見えた鳥。
●樺太虫喰(からふとむしくい) ★黄腰柳莺
もしくは
●黄眉虫喰(きまゆむしくい) ★黄眉柳莺
でしょうか?

写真がよくないので確認が難しいですがいずれにしても初めて見る鳥です。

2度目の山鵲(さんじゃく)

非繁殖羽(冬羽)に着替えた赤頭鷺(あかがしらさぎ)

なんか繁殖羽(夏羽)の時よりも出てくることが多いような気がするのですが・・

写真にははっきり撮れなかったのですが他に鵲(かささぎ)もいました。筆架山で珍しいキャスト総動員のような日でもありました。

●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)


チャイニーズ・ハット ●テングバナ ★冬红・冬紅
(120)

チャイニーズ・ハット ●てんぐばな ★冬红・冬紅 - 園博園で(2011.12.10)

園博園の湖畔に咲くチャイニーズハットを見に行きました。
冬紅と言う中国名が示すとおり冬の間紅色の花を咲かせます。付け根の傘のような部分は萼、ラッパ型の部分が花です。

中国南部、インドからマレー半島にかけて分布します。英語名の一つが"Chinese Hat plant"です。

チャイニーズハット
テングバナ
冬红・冬紅 (dōng hóng)

学 名Holmskioldia sanguinea
科属名クマツズラ科ホルムショルディア属
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)








黒面箆鷺(くろつらへらさぎ)と小鷺(こさぎ)

●黒面箆鷺(くろつらへらさぎ)★黑面琵鹭・黑面琵鷺 香港湿地公園で(2011.12.8)

今年もやってきた黒面箆鷺。今季最初に確認したのは深圳湾体育中心前の深圳湾公園でしたがいい写真が撮れず見送っていました。
香港湿地公園にも確認、そこそこいい写真が撮れましたのでUPします。
この日見た黒面箆鷺、池面に嘴をつっこんで左右に忙しく振りながら採餌していました。

コウノトリ目トキ科の野鳥で東アジアにのみ生息。よく見かけるので気にしていなかったのですが全世界に約2,000羽(Y. T. Yu 2009)しかいない世界的な絶滅危惧種とされているようです。そのうち半数が台湾で越冬、20%が香港で越冬するとのこと。

黒面箆鷺(くろつらへらさぎ)
黑面琵鹭・黑面琵鷺 (hēi miàn pí lù)
黑脸琵鹭・黑臉琵鷺 (hēi miàn pí lù)

学 名Platalea minor
目 科コウノトリ目トキ科
全 長77cm
渡 り冬鳥
観察期1 2 3 45 6 7 8 910 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)






鵝公髻 (618m)

園山風景区 鵝公髻へ (2011.12.11)

鵝公髻へ
網友(ネット友)と2ヶ月ぶりの鵝公髻に登りました。
夏の能見度というわけにはいきませんが12月というのにマンションから香港最高峰の大帽山も見えるほど良好な視界でした。



山頂から
鵝公髻山頂から見た梧桐山 手前は園山。


山頂で


山頂から・・ 深圳のマッターホルン・梅沙尖


関帝廟で



下山後、とある人の誕生日だということでみんなで会食。その後当人のマンションへ。ベランダからの夜景がきれいでした。



●顔黒画眉鳥(カオグロガビチョウ)★黑脸噪鹛

●顔黒画眉鳥(カオグロガビチョウ)★黑脸噪鹛・黑臉噪鶥 園博園で(2011.12.10)

冬鳥がやってきて野鳥の数が増えてきたと感じるこのごろ、反嘴鹬、香港の留鳥もがんばっています。
いつも元気に動き回っているこの顔黒画眉鳥(かおぐろがびちょう)も留鳥、園博園でがんばってます。

中国南部東部に留鳥として分布。

顔黒画眉鳥(かおぐろがびちょう)
黑脸噪鹛・黑臉噪鶥 (hēi liǎn zào méi)

学 名Garrulax perspicillatus
目 科スズメ目チメドリ科
全 長27-32cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)






深圳湾公園の翡翠(かわせみ)

●翡翠(かわせみ)★普通翠鸟 深圳湾公園で(2011.12.16)

夕刻も近い深圳湾公園で水面すれすれを飛ぶ青い鳥が見えました。すかさずカメラを。確認すると翡翠(かわせみ)でした。
このあと木から水面に急突進、水面ではじけたあと傍らの石に。
ついこの前筆架山公園で確認したばかりの翡翠、やっとアップできるような撮影ができました。

日本では北海道で夏鳥、本州以南では留鳥として広く分布するようですが、こちらでは留鳥ではありません。

翡翠(かわせみ)
普通翠鸟・普通翠鳥 (pǔ tōng cuì niǎo)

学 名Alcedo atthis
目 科ブッポウソウ目カワセミ科
全 長17cm
渡 り春過 夏鳥 秋過 冬鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)




別の所にも現れた翡翠。 この日は翡翠デー


深圳湾公園の銀椋鳥(ぎんむくどり) 全体的に青っぽいのは♂

●銀椋鳥(ぎんむくどり)★丝光椋鸟 深圳湾公園で(201.12.16)


北環大道の新しいバス停
おとなりのマンションがオープンになったからか、北環大道にバス停が2つできました。行き先を見てみると深圳湾体育公園の方に行っている模様。早速試してみました。
58路のバスに乗って深圳湾体育公園へ。すいている道が多いので速い速い。すんなり到着。


深圳湾公園の野鳥が多くいるところ
深圳湾体育公園が見えたところでバスを降り目的地へ。
いつもながら岸近くの小さな「島」にはたくさんの野鳥たち。
ちょっと難があるのは整備中なのでちょっと汚いことですがその内きれいになるのかな・・



銀椋鳥(ぎんむくどり)は日本で希な冬鳥、旅鳥として観測されるようです。沖縄での観察報告が多いようです。
背中の青っぽいのがオスで褐色っぽいのがメスとのこと。
分布は主に中国東南部。

銀椋鳥(ぎんむくどり)
丝光椋鸟・絲光椋鳥 (sī guāng liáng niǎo)

学 名Sturnus sericeus
目 科スズメ目ムクドリ科
全 長21-24cm
渡 り冬鳥
観察期1 2 34 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)







●磯鷸(いそしぎ) ★矶鹬

●磯鷸(いそしぎ) ★矶鹬 深圳湾公園で(2011.12.16)

紅樹林海浜生態公園で見てから2度目の出会いです。

深圳湾公園。普段は大手を振っている四季鳥も圧倒される銀椋鳥(ぎんむくどり)や八哥鳥(はっかちょう)、鷺(さぎ)の群れに混じって見かける翡翠(かわせみ)やこの磯鷸です。群れで行動している銀椋鳥や八哥鳥を尻目に単独で餌を探し回っています。

深圳香港には冬鳥としてやってくるようです。

磯鷸 (いそしぎ)
矶鹬・磯鷸 (jī yù)

学 名Actitis hypoleucos
目 科チドリ目シギ科
全 長20cm
渡 り春過 秋過 冬鳥
観察期1 2 3 4 56 78 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)






●尾長(オナガ)★灰喜鹊・灰喜鵲

●尾長(おなが) ★灰喜鹊・灰喜鵲 - 香港米埔で(2011.12.20)

香港湿地公園に行こうとして途中で休園日と気づき久しぶりの米埔に変更。
冬鳥がやってきたので、まあ鳥たちのにぎやかな声。前回とは全く違うたくさんの種類でびっくり。どれくらいの種類を見たのか、数え切れません。
そしてカラスの仲間、 尾長(おなが)と再会です。

尾長の分布はアジア東部とイベリア半島。日本は中部地方より北の本州だとのことで西日本では珍しい鳥のようです。

尾長 (おなが)
灰喜鹊・灰喜鵲 (huī xǐ què)

学 名Cyanopica cyana
目 科スズメ目カラス科
全 長38cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)






次の15件
2011年11月 ◄ 2011年12月 ► 2012年01月



Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved