So-net無料ブログ作成
2011年08月 ◄ 2011年09月 (17件) ► 2011年10月
2011.09.01 
《深圳花暦》●大花百日紅(オオバナサルスベリ)の実 ★大叶紫薇・大葉紫薇
2011.09.04 
《深圳の山と公園》 南山赤湾へ - 小南山公園・赤湾煙墩 (2011.9.3)
2011.09.05 
《深圳花暦》おめでたい名前とは裏腹に・・・   ●寿菊(コトブキギク) ★羽芒菊
2011.09.07 
《深圳の公園》 深圳湾公園と紅樹林海浜生態公園 (2011.9.5)
2011.09.08 
《深圳で見かけた鳥》(60) ●磯鷸(イソシギ)★矶鹬・磯鷸 - 深圳湾公園
2011.09.09 
《深圳で見かけた鳥》(61) ●小鷺(コサギ) ★小白鹭・小白鷺 - 深圳湾公園で
2011.09.12 
《深圳で見かけた鳥》(62) 園博園の鳥たち
2011.09.13 
羊台山から石岩湖温泉假渡村へ (2011.9.11)
2011.09.14 
《深圳花暦》羊台山頂の野草  ●段菊(ダンギク) ★兰香草・蘭香草
2011.09.18 
深圳十大景観、八大特色景観と五大魅力城区 2011
2011.09.19 
《深圳タウン》 南山区の体育センター  深圳湾体育中心
2011.09.20 
《深圳花暦》野に咲く花 ●霍香薊(カッコウアザミ) ★藿香蓟・藿香薊 - 塘朗山で
2011.09.21 
広州へ 日本領事館で在留証明 + 深圳へ一日領事出張サービスなど
2011.09.22 
《香港花暦》●ミズツリフネ ★华凤仙・華鳳仙 - 香港湿地公園で
2011.09.24 
《深圳花暦》眠っているハイビスカス ●頷き姫芙蓉(ウナズキヒメフヨウ) ★悬铃花・懸鈴花
次の15件
大花百日紅の実と花
(104)

●大花百日紅(オオバナサルスベリ)の実 ★大叶紫薇・大葉紫薇 (2011.9.1)

4、5月から咲き始めた大花百日紅(おおばなさるすべり)も花期の終盤を迎えたようです。名残の花とともに実が大きくなってきました。

和名は大花百日紅、中国名は大葉紫薇と和名は花が大きいことに注目、中国名では葉が大きいことに注目していて興味深いですね。

●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)







小南山の赤湾煙墩(のろし台)

小南山公園・赤湾煙墩 (2011.9.3)

深圳の歴史探訪・南山区赤湾
若い都市の深圳の歴史をたどれる数少ない場所です。東の大鵬半島にある大鵬所城、西に南山赤湾。
アヘン戦争時にも使われた炮台や天后宮、南宋最後の皇帝の小帝墓などがあり、小南山の山頂にはかつてののろし台があります。


地下鉄赤湾駅 付近は何もなし・・・
赤湾まで行ってみました。バスだと南山で渋滞して時間がかかるので地下鉄で。
地下鉄赤湾駅はどうしてこんな人のいないところに・・と思うちょっと不思議なところにあります。ルートも南山の繁華街をさけるようにして海岸沿いを走るし・・新しい町を築くつもりなのでしょう。
駅から歩いて10分ほどで天后宮に到着。中に入るには入場料がいるので素通りします。さらに10分ほど歩くと「南山公司」のバス停があります。ここから小南山の山頂へのスタート。

小南山へ

花壇に変わった小南山公園の門
南山公司から20分ほど歩くと小南山公園の入り口。!!
ここも整備されていました。かつての殺風景な金網と門はなく花壇に変わっていました。そう言えば目立たないけど工事中だったかな。

登山道を登ろうとすると・・・
全面的に新しくなっていました。以前は古びた野面積みの石で素朴な石段があっただけなのにきれいな切石の石段に変わりました。これが最後まで続き完全に整備されたようでした。
まあ、個人的には以前の方が好きだったのですけど。なんかみんな新しく規格みたいに統一されてちょっと面白味に欠けるような・・

整備されたからでしょうか、登る人が増えています。以前は人とほとんど出会わなかったのに今回はよく出会います。整備されれば市民も活用するということ?
20分あまり登ると山頂の赤湾煙墩(のろし台)。石段数は約900段。山頂は288mなのですぐです。


整備された展望所。
反対側に下山。こちらのルートも全て石段が新しくなっていました。途中のちょっとした広場は休憩所のような展望台に整備されていました。これも前に来た時は工事中だったなあ。
20分足らずでもう一つの公園入口に。

ちょっとした散歩でした。

1万3000歩
山頂ののろし台・赤湾煙墩

カマバ・アカシアの花盛り

赤湾石油基地

整備された石段

●寿菊(コトブキギク) ★羽芒菊 小南山公園で(2011.9.3)
(105)

●寿菊(ことぶきぎく) ★羽芒菊  小南山公園で(2011.9.3)

おめでたい名前がどうしてついたのでしょう?
この花を見て誰もが思うことのようです。咲いている場所は道ばたのコンクリートの隙間とか荒れ地とか、ごちゃごちゃした場所に咲いているのであまり撮影する気にならない野草です。小南山を下ったてきたら小高い斜面にいろんな野草に混じって咲いていました。


コゴメギク(小梧桐山で)
寿菊とは正反対に失礼な名前の付いた掃き溜め菊(はきだめぎく)という花径5mmほどの小さな花の咲く野草があります。掃き溜め菊とよく似た花に小米菊(こごめぎく)というのがありますが、寿菊はこれらの花と形のとってもよく似た一回り大きな花を咲かせます。
掃き溜め菊や小米菊は花茎を分岐させて複数の花を咲かせますが寿菊は花茎を長くのばしてその先に一つだけ花を咲かせます。

熱帯アメリカ原産ということで沖縄や小笠原でよく見かけられるようです。


寿菊(ことぶきぎく)
羽芒菊 (yǔ máng jú)

学 名Tridax procumbens
科属名キク科コトブキギク属
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)




深圳湾公園 (2011.9.5)

深圳湾公園と紅樹林海浜生態公園 (2011.9.5)

新しい深圳湾公園
ユニバーシアードが終わって深圳湾の紅樹林海浜生態公園へ行ってみるとなぜか「深圳湾公園」となっていてびっくり。
説明書きを読んでみると海浜生態公園と深圳湾海浜レジャーゾーンを合併した公園のようです。おおむね深圳を東西に走る南の幹線道路・浜海大道と湾岸に囲まれた部分です。


紅樹林海浜生態公園は2000年にオープンした面積20ヘクタールあまり。深圳湾公園は海浜生態公園を含んで1.3k㎡、海岸線は香港を結ぶ深圳湾大橋の西側に達して約13kmの海岸線となります。

深圳湾公園の対岸はもちろん香港ですが香港側もラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)に基づく香港湿地公園、米埔保護区とともに深圳湾一帯は野鳥の宝庫。バードウオッチングには最適の場所。ただ、ちょっと遠いので36倍とかの超望遠カメラでも撮影はしんどい。デジスコは必要かも知れません。
海岸線はマングローブも豊富、この海岸線を一度踏破してみたいものです。


左に浜海大道、右に深圳湾公園






湿地帯に戯れる八哥鳥


湿地帯の鷺



赤頭鷺(あかがしらさぎ)と小鷺(こさぎ)

両方とも繁殖羽(夏羽)から非繁殖羽(冬羽)に変わってきました


潮を聞く頬白白鶺鴒(ほおじろはくせきれい)

獲物を探す小鷺

のんびりと赤頭鷺


海岸には先島浜朴(さきしまはまぼう)

●磯鷸(いそしぎ)★矶鹬・磯鷸

●磯鷸(いそしぎ)★矶鹬・磯鷸 - 深圳湾公園で (2011.9.5)

いそしぎと聞いて思うのが1960年代のアメリカ映画の「いそしぎ」の主題歌。
学校を卒業して浜松で働き始めた頃、寮の同室者がこの曲をよく聴いていたので覚えてしまいました。

深圳湾公園で撮影した初めて見る鳥の名を調べていたら磯鷸(いそしぎ)とわかり、すごく懐かしく思い出しました。早速Youtubeでダウンロード。
海鳥というと大きい鳥を想像してしまうのですが小さい鳥だったのでちょっと意外。

少し遠かったので鮮明ではありませんが・・

磯鷸 (いそしぎ)
矶鹬・磯鷸 (jī yù)

学 名Actitis hypoleucos
目 科チドリ目シギ科
全 長20cm
渡 り春過 秋過 冬鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)


●小鷺(こさぎ) ★小白鹭・小白鷺 - 深圳湾公園で(2011.9.5)

●小鷺(こさぎ) ★小白鹭・小白鷺 - 深圳湾公園で(2011.9.5)

深圳湾公園の新しくできた観鳥台(?)のようなところから見ていると小鷺が2羽、餌を求めているような・・
でしばらく写真を撮り続けました。

小鷺(こさぎ)
小白鹭・小白鷺 (xiǎo bái lù)

学 名Egretta garzetta
目 科コウノトリ目サギ科
全 長55-65cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)
首を伸ばしてさぐり・・


ねらいをつけて・・


こちらは確保


頬白白鶺鴒(ホオジロハクセキレイ)

園博園の鳥たち 頬白白鶺鴒・腰白鵯・紅羅雲(2011.9.10)

深圳市児童楽園

深圳市児童楽園
いつものようにマンションから園博園へ歩いていく途中、山姆会員店(ウォルマートの会員店、SAM'S CLUB)の隣で建設中だったのができあがったようでした。ゲートには「深圳市儿童乐园」と書かれていました。
観覧車が小さいなと思っていたら児童用でした。

園博園で
園博園ではいつものように鳥がさえずっていますがなかなか姿を見せてくれません。
その中で頬白白鶺鴒(ほおじろはくせきれい)がひょうきんな姿を見せてくれました。この日は池の水を飲んでいました。
腰白鵯(こしじろひよどり)がどこからか飛んできて目立つところにとまりました。これも紅羅雲と同じ目立ちたがり屋かな。
そしてその紅羅雲(こうらうん)はいつもいる気の所に群がっていました。けっこう近づいても気がつかない様子。写真を数枚撮影。人にやっと気づいて木の陰に潜んでしまいました。

●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)

頬白白鶺鴒


腰白鵯




紅羅雲




園博園

石岩湖温泉休暇村・弘源寺

羊台山から石岩湖温泉假渡村へ (2011.9.11)

羊台山 (587m)
羊台山へ。2592段の石段の登山道です。
羊台山も鳳凰山などとともに整備対象になっていたのですがいっこうに整備される様子もなく4年が経過しています。深圳八景にもなっているのですが・・・


2000段目です
それにしても鳥のさえずりの多いこと。今はこういう季節なんでしょうかね。ただ姿は見えず。
石段には100段ごとに石に数字が書き込まれているのですがだいぶ前に書かれたので数字が消えかけ。山頂の「2592級」は完全に消えてます。

山頂手前で後ろに気配を感じて振り向くとピンクの服装のかわいい小姐がハアハア息を切らしながら私に「どうしてそんなに歩くのが速い・・」と。
《走得好快》が聞き取れました。競争していたのかな。ちょっと嬉しくてにっこり愛想笑い。

石岩湖温泉假渡村と弘源寺

休暇村内のプール
羊台山から下山。ちょっと足を伸ばして石岩湖温泉假渡村へ行くつもり。ここは深圳で唯一温泉の出る休暇村ですが人気がないのか現在はほとんどの施設が閉鎖状態。村内の施設で活動しているのは温泉マッサージの施設と弘源寺というお寺、それにスイミングプール。この日もスイミングプールは大にぎわい。

弘源寺は大きなお寺で裏山には山頂を越えて一巡りする1000段ほどの石段があるので久しぶりに散歩してみようというつもりなのです。 そしてこの山道からは羊台山がきれいに見えます。夕日の羊台山でもみれれば、と思っていたのですが・・・


更に堂宇を建立中の弘源寺
休暇村内をあちこち散歩したあと弘源寺へ。そして山頂への道へ出ようとすると・・
新しい堂宇を建立中で立ち入り禁止。 入り口さえ何とか抜ければ巡回道はあるはずなのであちこち入れる場所を探したのですが全て工事で近寄れずに断念。

心残りの中帰宅。

2万歩



羊台山
岩場の登山道 これが2592段続きます


羊台山頂から



石岩湖温泉假渡村


あちこちしていると少しだけ羊台山の見えるところがありました。


●段菊(だんぎく) ★兰香草・蘭香草
(106)

●段菊(だんぎく) ★兰香草・蘭香草 - 羊台山で(2011.9.11)



香港・乾山で初めての時(2009.10.2)
2009年の10月、香港の乾山から圓頭山へ6時間あまりをかけて初めて縦走した時でした。乾山頂付近でちょっと変わった咲き方をする花がありました。花がひとかたまりに段々になって何階建て?みたいに咲いていてどうしても名前を知りたくなってBBSで照会、すぐに回答があり段菊とわかったという思い出があります。

以後見ることはなく忘れかけていたのですが羊台山頂で岩場のすきまに咲いているのを見つけました。2度目の出会いです。

日本のサイトで見るとは青紫のきれいな花の色が多いのですがこちらで見たのは白ばかり。
朝鮮半島南部、台湾、中国南部、日本では九州で自生するようです。


段菊(だんぎく)
兰香草・蘭香草 (lán xiāng cǎo)

学 名Caryopteris incana
科属名シソ科カリガネソウ属
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)




山頂の岩場のすき間に咲いていました


深圳十大景観 八大特色景観 五大魅力城区 2011

深圳十大景観、八大特色景観と五大魅力城区 2011
深圳ユニバーシアードの頃、1ヶ月のネットでの選出のあと、専門家の投票によって深圳十大景観、八大特色景観、五大魅力城区が決められたようです。
まあ、こんなのは「深圳八景」とか「深圳を観光する外国人の訪問者のためのベストツアールート」などしょっちゅうやっているような感じですし、専門家といっても誰なのか書かれていませんし、専門家というより一般投票の方がいいような気もしますので深圳のベスト景観2011年みたいなものでしょう。
とりあえず列挙してみますと・・
(★は中国語・簡体字表示)

    深圳十大景観
  1. 紅樹林 ★红树林
    マングローブの林です → 紅樹林海浜生態公園
  2. 東部華僑城 ★东部华侨城
    テーマパーク → 東部華僑城
  3. 蓮花山 ★莲花山
    山頂-105m-に鄧小平の像があり深圳中心部を見渡します → 蓮花山
  4. 梧桐山 ★梧桐山
    深圳最高峰944m → 梧桐山
  5. 大梅沙と小梅沙 ★大小梅沙
    砂浜のある海岸地帯。海水浴場 → 大小梅沙
  6. 仙湖植物園 ★仙湖植物园
    面積6k㎡の広大な植物園 → 仙湖植物園
  7. 東門老街 ★东门老街
    深圳東門歩行街。大きな商店街のような感じ。中国十大歩行街の一つ → 東門歩行街
  8. 東西涌(大鵬湾) ★东西涌(大鹏湾)
    深圳市東部の大鵬半島。西側の大鵬湾と東側の大亜湾、そして対面に香港を望みます。中国の最も美しい八大海岸線の一つ → 大鵬半島
  9. 世界之窓 ★世界之窗
    テーマパーク → 世界之窗
  10. 歓楽谷 ★欢乐谷
    テーマパーク
    八大特色景観
  1. 中英街 ★中英街
    イギリス侵略時代に香港と中国の国境地帯。残念ながら中国人以外入れません。香港人も入れません。
  2. 歓楽海岸 ★欢乐海岸
    深圳湾沿岸の総合休暇村みたいなようです。
  3. 観瀾湖高爾夫 ★观澜湖高尔夫
    ゴルフ場
  4. CBD文化中心 ★CBD文化中心
    CBD:central business district 中央商業区
  5. 大芬油画中心 ★大芬油画村
    油絵の村 → 大芬油画村
  6. 深圳湾体育中心(春蚕、海の門) ★深圳湾体育中心(春茧、海之门)
    南山の体育中心 → 深圳湾体育中心
  7. 大鵬所城 ★大鹏所城
    深圳唯一の中国重点保護文物(重要文化財みたいなものでしょうか・・)。 → 大鵬所城
  8. 鹿嘴山庄 ★鹿嘴山庄
    大鵬半島南澳。深圳南澳鹿嘴山庄度假村に入ると長い海岸線、左に全てを見渡す海、右に七娘山脈が見えます。
    五大魅力城区
  1. 深圳CBD区 ★深圳CBD片区
  2. 深圳湾片区 ★深圳湾片区
  3. 羅湖金三角片区 ★罗湖金三角片区
  4. 龍崗大運新城(ユニバーシアードタウン) ★龙岗大运新城
  5. 宝安西岸新城 ★宝安西岸新城
深圳湾体育中心 (2011.9.14)

深圳湾体育中心

南山区・深圳湾体育中心
地下鉄蛇口線(2号線)后海駅の東に広がる体育センター。
ユニバーシアードを目標に完成した広大な敷地にできた体育センターです。
敷地面積31ヘクタール、総建築面積32.6万平方メートル、深圳湾15km浜海休暇帯の中断にあります。


百度百科より

まだ見学したことはなかったのですが八大特色景観に選ばれているということでとりあえず見学にやってきました。

来てみてびっくりでした。完成イラストは見ていたものの広いし、建物がばかでかい。ユニバーシアードのメイン会場よりも立派なように見えます。今後この施設を有効に利用できるのかと思うほどです。
「春蚕」(春にふ化した蚕)と呼ばれています。工事中らしい音が聞こえます。おそらくユニバーシアード後の内装工事をしているのでしょうか。

駅からセンターに向かう道は木々に囲まれた散歩道。なぜか八哥鳥が盛んに飛び交います。新しい住み家を見つけたのかな。
そして立体交差の左折道(車専用なので入ってはいけないのですがちょっと歩いてみました・・)からは深圳湾と香港がきれいに見えました。





 



センター横の道。 右にセンター


沙河西路。左に深圳湾と香港遠望


●霍香薊(かっこうあざみ) ★藿香蓟・藿香薊 塘朗山で(2011.9.18)
(107)

野に咲く花  ●霍香薊(かっこうあざみ) ★藿香蓟・藿香薊  塘朗山で(2011.9.18)

深圳でも香港でもいつでもどこにでもよく見るきれいな薄紫色の野の花。
裏山フルコースの終点、塘朗山で密集して薄紫のきれいな花を咲かせていました。
中南アメリカ原産の一年草。

安物のデジカメ、光のダイナミックレンジが小さいので露光が多いとすぐに花の色が白く飛びます。思い切り露光をおさえて撮影。

霍香薊(かっこうあざみ)
藿香蓟・藿香薊 (huò xiāng jì)

学 名Ageratum conyzoides
科属名キク科カッコウアザミ属
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)




在広州日本国総領事館

在広州日本国総領事館

在広州日本国総領事館へ
深圳に引っ越して1年近くたった2006年4月、領事館見学も含めて広州の日本領事館(在広州日本国総領事館)へ在留届提出のため初めて出かけました。
HPを見ても花園酒店にあるということだけで詳しい記述がなくホテルのどこにあるのか探し回ったことや、いろいろいやな思いをしてあまりいい印象はしませんでした。

今回、在留証明が必要となったのでふたたび領事館に出かけることになりました。あまり行きたくないのですがそうも言っていられません。気を取り直して出発。

領事館へ

福田汽車站と地下鉄竹子林駅入り口
5年ぶりの広州です。地下鉄も充実しているのでHPを調べなおすと地下鉄5号線の淘金駅から1分とあります。便利になった模様。マンション近くの福田汽車站からバスで広州へ行くことにしました。
福田汽車站は引っ越してきたあとに新しく5階建てで建設された巨大なバスターミナルです。利用するのは今回が初めて。

ターミナル内をじっくり見学したあと切符を。窓口のほかに大きなディスプレイの自動販売端末機がありました。これに挑戦。
タッチパネル式になっていて目的地をメニューで選んでいくと最後に時刻表が出てきて「購買」をタッチすると現金か銀行キャッシュカードかを選択する画面に・・
おっキャッシュカードも使えるのか、これは便利。キャッシュカードで購入。 広州まで150kmになってます。そんなにあるのか・・65元。


広州地下鉄
広州のバスターミナルで地下鉄に乗り換えて淘金駅へ。広州の地下鉄も初めてです。つい深圳の地下鉄と比べてしまいます。
まあ似たようなものですが深圳のほうが新しいだけにきれいです。スクリーンドアも完備。

花園酒店へ。5年の歳月は長いのか、領事館がどこにあったのか、全く忘れています。近くにいたベルボーイに普通語で聞くとにっこりして指を指して「この方向です」と。
行ってみるとエレベータホール、行き止まり?案内係の小姐にふたたび普通語でたずねるとこれまたにっこりして指さしてくれました。行き止まりと思っていたら階段が隠れてました。

2階へ行くと領事館が雇っているセキュリティみたいな人が数人、目的をきかれパスポートの掲示を求められます。ちょっとうっとうしい。中へ入ると誰もいない・・前回もすくなかったけど1日何人ぐらい来るのだろう・・

深圳へ一日領事出張サービス
在留証明をもらい、来たついでに深圳出張サービスのことを聞きました。パスポートのページがなくなりかけているので出張サービスを利用しようと思っているため。広州へ来る運賃が節約できます。おまけに深圳で出張サービスが実施される場所が私のマンションの近く、竹子林の東方銀座酒店。
月1回かと思っていたら今は2ヶ月に1回だとのこと。次回は10月13日。

帰りは鉄道で 広深鉄路和諧号
帰りは少し遅くなったのでバスはもうないだろうと言うことで地下鉄で広州駅へ、広深鉄路、たぶん初めて乗る和諧号。広州から深圳まで147kmある様子。意外に遠い。


和諧号車内
まずは切符を。窓口にはたくさん人が並んでます。自動販売機はないかと探すとありましたが、身分証が必要なようであきらめて窓口へ。
1等車だと100元、2等車は80元。あまり差がないのでまずは1等車を試します。窓口で「深圳まで、100元のを。」と言い100元と身分証を差し出します。身分証は香港IDカードを代用。

そして改札口から入場・・なんと紙の切符がICカードになっていました。非接触式。切符をかざすとゲートが開きました。カードをすかしてみるとICチップが見えました。

無料だというペットボトルをもらって待合室。ここからどうするのでしょう・・あたりを見渡してもホームに通じているように思えない・・ちょっと緊張。
アナウンスがあってホームに通じるゲートが開かれました。なあんだ。
車内はびっくり、めちゃきれい。これなら日本の車両よりきれい?と言っても現在の日本の事情を知りません・・
広州・深圳ノンストップでない和諧号なのでこれから1時間半かかります。携帯にセーブしている桂米朝の落語を聞きながら深圳へ。

深圳からは地下鉄で我が家へ。
それにしても広州へも意外に時間がかかる。広州の山登りは新幹線が開通するまで待つかな。


在広州日本国総領事館の資料

HP
在広州日本国総領事館

深圳へ一日領事出張サービス
出張サービス
次回は10月13日 10:00 - 16:00 (12:00-13:00休憩)
希望の人は事前に電話が必要  電話(020-8334-3009 内線01)まで
<会場>
深圳日本商工会会議室: 深圳市福田区深南大道西 東方銀座酒店 738室
<サービス内容>
  1. パスポート関係
  2. 在外選挙人名簿登録申請
  3. 各種証明関係
詳細は上記出張サービスページへ。

領事館メールマガジン
メールマガジン 「利用者情報新規登録」をクリック
メールマガジンを申請することができます。出張サービスなどの案内が来ます。

 

●ミズツリフネ ★华凤仙・華鳳仙 - 香港湿地公園で(2011.9.21)
(108)

●ミズツリフネ ★华凤仙・華鳳仙 - 香港湿地公園で(2011.9.21)

『夏の終わりから秋の初めにかけて池、沼沢、田畑のほとりを歩く時、あなたは赤紫色の花をつけるきしゃで愛くるしい草を見つけることができるでしょう。この花が華鳳仙です。』
香港のサイトに書かれたミズツリフネの説明です。あいにく日本のサイトにはこの花が全くヒットしませんでした。学名検索で和名だけを知ることができました。従って漢字表記も不明。水釣舟?

ミズツリフネは香港で湿地に常に見ることのできる野花。一年草で原産は中国南部、東南アジアとのこと。

ミズツリフネ
华凤仙・華鳳仙(huá fèng xiān)

学 名Impatiens chinensis L.
科属名ツリフネソウ科ツリフネソウ属
花 期夏の終わり~秋の初め 
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)


湿地に咲くミズツリフネ




●頷き姫芙蓉(うなづきひめふよう) ★悬铃花・懸鈴花 - 筆架山頂で
(109)

●頷き姫芙蓉(うなづきひめふよう) ★悬铃花・懸鈴花 - 筆架山頂で(2011.9.23)

ハイビスカスの仲間です。つぼみの時は上方を向いていますが咲く時は下向きになります。ここから頷き姫芙蓉(うなずきひめふよう)と名が付けられたようです。
まだ開くとも思えるほど遠慮がちな花はこれで全開です。これ以上開きません。

英語名のSleeping Hibisucus、眠っているハイビスカスと言う名前がぴったり。個人的にはうけている名前です。
中南米の原産とか。

頷き姫芙蓉(うなづきひめふよう)
スリーピング・ハイビスカス
南美朱槿 (nán měi zhū jǐn)
悬铃花・懸鈴花 (xuán líng huā)

学 名Malvaviscus arboreus
科属名アオイ科ヒメブッソウゲ属
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)
つぼみ


2009.11 の写真です


次の15件
2011年08月 ◄ 2011年09月 ► 2011年10月



Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved