So-net無料ブログ作成
2011年01月 ◄ 2011年02月 (23件) ► 2011年03月
次の10件
●小鷺(コサギ) ★小白鹭 深圳・紅樹林海浜生態公園

●小鷺(コサギ) ★小白鹭 - 深圳・紅樹林海浜生態公園

深圳のマングローブ公園、紅樹林海浜生態公園の海岸部が解放された日に行ったときにマングローブの海にやってきた小鷺です。海岸沿いを走っていたのをマングローブの隙間から撮影したものです。
冠羽をなびかせながらちょっとかっこいいですね。
特に最後の写真はロングヘアをなびかせてうしろ姿でポーズをとる女性のよう。

中国名は小白鷺。

小鷺(こさぎ)
小白鹭・小白鷺 (xiǎo bái lù)

学 名Egretta garzetta
目 科コウノトリ目サギ科
全 長55-65cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)




2011-02-02     カテゴリ  《 四季の日記 》

深圳の大晦日2011 (2011.2.2)

深圳大晦日 最後の追い込みの植木市 農科中心で

深圳の大晦日2011

大晦日
といっても陰暦の大晦日。今年は2月3日がお正月。近くでさっきから爆竹と花火がしきりに鳴り響いています。

昼間に花卉中心、植木屋さん花屋さんの集まる農科中心へ行きました。今年は行くのが遅かったので商売は最後の追い込みでした。街角の花屋さんでは花が売れ残ってもしょうがないので客との値引き合戦が盛ん。
100元と書いてあるミカンの木を「90元!、90元!」と大声を上げるおやじ。「60!」と値切る客。見ていておもしろいですね。結局交渉がついたようでおやじは客の車まで蜂を抱えて運びます。精算を見ているとどうやら70元で折り合いがついた様子。

まあ私はあまり行事ごとには疎いのでそんなにほしいとも思わず写真を。
今年もあと少しで終わり。あと1時間で春節。もっともこちらでは春節の挨拶はもう始まっていて私も昼間に「春節快楽」のあけおめメール(携帯電話の)をもらっていますが・・・

 

植木のスーパーでは胡蝶蘭が目立ちました


菊の向こうのミカンで値段交渉が

いろんな地方から来ている人たちが多いのでこの季節になると深圳はひっそり。信号だけが変わる交差点。

深圳の幹線道路、深南大道もひっそり。つり下げられた提灯
いつも通りのマンションの四季鳥

いつも通りのマンションの紅羅雲(こうらうん)。

ベランダに飛び込んで植木をつまみ食い

タグ: 春節 | 大晦日 | 

2011-02-03     カテゴリ  《 定期記事 》

春節快楽2011 - 筆架山で

春節快楽 - 筆架山

春節快楽2011

筆架山へ
今年の春節1日目は筆架山へ行きました。途中蓮花山も通りましたがまあたくさんの人。筆架山も負けず劣らず。
テキ屋も商売繁盛でした。

それにしてもマンションは静か。昨日から季候もよくぽかぽか陽気で鳥たちもやかましいくらい一斉にさえずり始めました。マンションでは相変わらず紅羅雲と四季鳥、目白がメインで紅羅雲の露出度が大きいですね。
筆架山で改めて感じたのは鳥の種類がめちゃ多い。いままで見なかった鳥もいくつか見ました。これから楽しみです。

 



山頂では記念写真

花も咲き始めています。
これは・・・

もくれん

そして珊瑚刺桐も





タグ: 謹賀新年 | 筆架山 | 春節快楽 | 

2011-02-04     カテゴリ  《 四季の日記 》

春節快楽2011 (2) 深南大道の夜景

深南大道 - 竹子林~車公廟

春節快楽2011 (2) 深南大道の夜景

新年の香港は湿地公園から。
ぽかぽか陽気で鳥も多く・・と期待していったのですが全くの期待はずれ。もっとも入場者もわんさかで鳥もびっくりしていたのでしょうか。
騒いでいたのは紅羅雲(こうらうん)ばかり。どうして紅羅雲はこんなに元気?


湿地公園のエントランスも春節模様

それなりに人も多くて


というわけで湿地公園は早々に引き上げ、早い目に深圳に帰り、途中で腹ごしらえをして夜は深南大道へ。竹子林から車公廟まで中央分離帯を歩きながら撮影しました。マンションの近場ですませました。
今日も爆竹と花火のにぎやかなこと

 

最近まで左側には深圳の通天閣・招商銀行大厦だけしか見えなかったのにいつの間にか隠れて・・・






タグ: 夜景 | 春節 | 
黄昏の蓮花山から

春節快楽2011 (3) 蓮花山の黄昏から夜景

春節第三日、蓮花山公園へ出かけました。夜景を撮るつもりなので夕方からバスで。今日は北大医院(北京大学深圳病院)でバスを下りて歩きました。


燕尾太陽鳥(えんびたいようちょう)
とてもにぎやかに鳥がさえずっていましたのでまずは鳥を探します。蓮花山には運動用なのか、登山道と称して公園内にたくさんの回遊路があります。

適当に歩いていくと木陰に小さな鳥が動いているのが見えました。目白かなと思ってカメラで撮ってみると初めて見る色鮮やかな鳥でした。木の陰になっていることと小さいのでなかなかうまくとれませんでしたが、帰って調べてみるとどうやら燕尾太陽鳥(えんびたいようちょう)の雄のようです。

中国名からわかったのですが、珍しい鳥なのか、検索しても日本語のページからは写真が出てこない・・燕尾太陽鳥(エンビタイヨウチョウ)という和名だけが判明。
英語や中国語のいくつかのページで写真と学名などを確認、同定するに至りました。今日はこれが一番の収穫かも。資料によると全長9cmと目白よりも小さな鳥。いい写真が撮れなかったので再び会えることを祈って。

 





●蒼鷺(あおさぎ) ★苍鹭

●蒼鷺(あおさぎ) ★苍鹭

今日の深圳香港は暖かくて昼間は25度ぐらいまで上がったようです。

先月、寒かった日に香港湿地公園へ行くと水鳥がわんさかやってきていました。水鳥は寒いのがお好き?
蒼鷺(あおさぎ)といっても灰色っぽい色合いです。中国名も同じ蒼鷺。

蒼鷺/青鷺(あおさぎ)
苍鹭・蒼鷺 (cāng lù)

学 名Ardea cinerea
目 科コウノトリ目サギ科
全 長93cm
渡 り冬鳥 留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)








●瑠璃花笠(るりはながさ) ★可爱花 - 園博園で
051

●瑠璃花笠(るりはながさ) ★可爱花 (2011.2.6 園博園)

ぽかぽか陽気に誘われて園博園へ。蓮花山と同様、冬の花のチャイニーズハットはもう色あせていました。
瑠璃花笠ももうそろそろ花期の終盤です。でもまだ元気に咲いていました。

瑠璃花笠(るりはながさ)
可爱花・可愛花 (kě ài huā)

学 名Eranthemum pulchellum
科属名キツネノマゴ科エランテムム属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)




地下鉄龍華線(4号線、右端の高架線)と深圳北站(新深圳駅)工事

《新深圳の建設》 深圳北駅(新深圳駅)工事と深圳地下鉄龍華線

深圳北駅(新深圳駅)
現在地下鉄建設が盛んですが、中国の新幹線計画も盛んに進行中で、広深港鉄路客運専線と杭福深客運専線が深圳を通ります。
広深港鉄路客運専線は広州-深圳-香港をつなぎます(146km)。

杭福深客運専線は
上海から中国東南の海岸線に沿って南下、杭州、寧波、温州、福州、厦門などを経由して深圳に結ばれます(1600km)。
さらに深圳の西、珠江三角州地帯に接続。

その2線が交わる駅が深圳北站(新深圳駅)です。当初は広州のアジア競技大会までの完成予定でしたが海底トンネルの難航で延期されています。今年(2011年)の半ば頃になるだろうとのこと。

イラストの赤い線が高速鉄道線で太い方が広深港鉄路で細い方が杭福深客運専線です。


深圳北站完成イメージ
駅の右の方の高架線は地下鉄龍華線(4号線)

駅舎の完成イメージ


あれこれ

のどかな風景 花の栽培
深圳北站は現在の龍華の町並みからははずれて既存の町並みの西側部分に新しい町をつくるような感じで建設されています。地下鉄も同様。
で、大まかな資料をもとにまず駅の位置を探さねばなりません。

行き。
駅の位置がわかりませんのでだいたいの見当をつけてバスに乗り込みました。第2ボーダー、梅林検査站で適当なバスに乗り換えて適当なところで降り、いつものように道草しながら40分ほど歩き回ると見つかりました。
バスは2.5元+2元、深圳通を使って計3.2元。

将来はかなりにぎやかになりそうですがいまはまだのどかな田舎風景。それでも地下鉄が建設されているからか、新しいマンション群がいくつも出現しています。
いつものように鳥が飛び出してきました。ああ、頬白白鶺鴒かと思って見ると頬白でない普通の白鶺鴒。初めてです。へえ、普通の白鶺鴒もいたのか・・


帰り。
深圳北站近くのバス停を探しました。「鉄路橋」と言うのがありました。名前からしても新しくできたバス停に違いありません。道路も新しいし。
バスの路線案内を見てみると何となく家の近くまで行きそうなのがあるので挑戦してみることにしました。ただし一律料金で6元と高い。

予想通り途中から快速路に入り少し渋滞になりながらも順調に進みます。10分あまりして見通しがきいてくるとなんと自分のマンションが見えました。「え・・?!」 早すぎる。
バス仁乗っている時間は15分ほど。これで6元は高い!でも早くてとても便利。でも考えてみると深圳通を使うと4元ちょっと、乗り継ぎの時に比べて1元ぐらいの差。高くはないか・・・

往路では第2ボーダーでバスを乗り継ぎ合計1時間近くかかりました。深圳もなんやかや言いながら着実に便利になってます。
バスはK384。第2ボーダーは通りません。


2011年1月26日撮影

深圳北站展望

高架で入る線は地下鉄龍華線(4号線)



駅舎

プラットホーム

南方向を



地下鉄線と駅

街路の整備は順調かな

なんにしても地下鉄は6月開業

タグ: 高鉄 | 龍華線 | 深圳北駅 | 
深圳地下鉄・龍華線(4号線)の建設

《深圳地下鉄建設》 深圳地下鉄・龍華線(4号線)建設

深圳地下鉄・龍華線(4号線)
龍華線(4号線)は香港の鉄道会社MTRが30年の経営権を持つ路線です。MTRは同時に沿線住宅の開発権を持っています。香港では収入の半分が純利益という健全経営ですが大幅な赤字の予想されている深圳ではどのような経営をするのでしょうか。まあ、高架線の多いこの線は建設費も安いはずですが・・

今回の撮影(2011.1.21と2011.1.26)は現在の龍華中心部からはずれて深圳北站付近から北へ3駅ほど歩いたものです。
路線は南北に延びる現在の町並みから少しはずれて町の西側を走ります。地下ではなく高架ですので道路に沿って走る必要がありません。地下鉄建設と同時に地下鉄に沿って新しい道も造られていました。
開業まであと4ヶ月に迫った段階の工事状況です。

 

建設
新しい道路も建設中



新しいマンション群も建設中
地下鉄と同時にあちこちで新しいマンション群も建設中
既存のホテル

マンション建設

マンション建設

深圳北站付近から


深圳北站から南を


建設現場周辺では・・
花の栽培

野鳥ものんびりと

既存の町の西側に新しい道路もできた様子

左側が既存の町並み
右側には新しいマンション群も

舗装工事中

タグ: 龍華線 | 地下鉄4号線 | 
●反嘴丈高鷸(そりはしせいたかしぎ) ★反嘴鹬

●反嘴丈高鷸(そりはしせいたかしぎ) ★反嘴鹬

嘴の先が反りあがっています。
日本ではまれな鳥のようです。
深圳の紅樹林海浜生態公園で普段は保護のため海岸部は立ち入り禁止になっていますが一時解放されたときに海岸部に行った時、マングローブの隙間から深圳湾にかいま見えた鳥でした。

反嘴丈高鷸(そりはしせいたかしぎ)
反嘴鹬・反嘴鷸 (fǎn zuǐ yù)

学 名Recurvirostra avosetta
目 科チドリ目セイタカシギ科
全 長42-45cm
渡 り冬鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)




次の10件
2011年01月 ◄ 2011年02月 ► 2011年03月





Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "深圳・香港 夢時間" all rights reserved