So-net無料ブログ作成
検索選択
2010年07月 ◄ 2010年08月 (21件) ► 2010年09月
次の10件
圓頭山頂から深圳・大南山、小南山、そして香港と深圳を結ぶ深圳湾大橋
圓頭山
深圳の山に登って見える香港の山はさすがに香港最高峰大帽山(957m)がよく目立ちます。私のマンションからもよく見えますし、香港のシンボル的な山でしょう。

深圳のマンションから大帽山 (2010.8.2)

そしてもう一つ私にとってはメジャーな香港の山がこの圓頭山と青山です。
裏山や塘朗山、それに南山に登ると深圳湾を挟んで対岸に鋭くそそり立つ青山(583m)、名の通り丸い山頂の圓(円)頭山(375m)がとてもよく目立っていて真っ先に目に飛び込んできます。

裏山から圓頭山と青山を (2010.5.20)
中央の丸い山頂が圓頭山、その右にそそり立つのが青山.背後にランタオ島
冬になると透明度が悪くなって大帽山も圓頭山も全く見えなくなります。

ですので、深圳湾に近い圓頭山から深圳を見れば景色がいいだろうな、と思っていました。で、昨年10月の登頂ということになったのですが、あいにく透明度の悪いシーズンに入っていて展望が優れませんでしたので展望シーズンの夏に登ってみようと密かに考えていたのです。
香港の山の多くは山頂付近には木立がありません。特に圓頭山は。ここに真夏に登るとなると相応の心構えが必要。で去年は乾山から圓頭山まで縦走したのですが今回は圓頭山だけ登ることにして出かけました。

《香港の山と公園》 深圳湾対岸の香港圓頭山から深圳展望 (2)(2010.7.31)

深圳湾対岸の香港圓頭山から深圳展望 (2)

一面のブッシュ(灌木)の圓頭山を登る

ルートがわからない・・
いつものように福田口岸から香港・元朗へ、さらに軽便鉄道に乗り換え「鍾屋村」駅へ。
まずここから登山口まで歩きます。20分足らずで登山口。ここで短パンの上からトレーナーパンツをはいてブッシュ(灌木)の攻撃から足を守る準備。さらに軍手で手を防御。日焼け止めも忘れずに・・・
まず鉄塔まで。前回ここまでは比較的はっきりしたルートだったのですがさすがに夏、雑草が生い茂りルートがはっきりせず。いきなり正面に大きなクモの巣。予想通りあまり人が来ないようです。
迂回路を探すも見つからず。クモが一生懸命巣を張っているのをよく目にするので壊すのは気が引けますが破壊・・ごめんね。
20分ほどで鉄塔へ。


鉄塔へ

赤いリボンがありました。
でもルートはどこに?
鉄塔にたどり着くと昨年あったルートを示す青いリボンがなくなっていました。風化したのでしょうね。去年のルートを思い浮かべながら一面の玉羊歯(たましだ)の中、足に玉羊歯ととげのある蔓草の攻撃を受けながらあたりをつけて登ります。
去年はここから頂上の部分に手こずったのですが今回は簡単にルートを見つけることができました。
おそらく2度目のルートだからでしょう。ルートを示すリボンがなかなか目に付かなかったので初めてのルートだったら難しかったかも・・

暑さとバテないよう気をつけて行きます。さすがに日の光は強いのですが風がけっこう涼しくてちょっと拍子抜け。油断をせずにゆっくりと頂上を。最後は急斜面、気を抜けません。

ブッシュに攻められながら鉄塔から50分ほどかけて山頂へ。16時。
さすがにいい眺めでした。久しぶりに歓喜の声を上げていました。

風がよく吹いて涼しいけど日差しを避けてくれるのは三角点の陰だけ。少し小腹が空いたのでこの陰に身を寄せてパンを少し食べました。
17時に下山することにして1時間ほど山頂でのんびりして写真を撮影しました。

下山
この山にはもう一つ登山ルートがあるのです。でもネットで調べたところでは下りてから交通機関がないようなのです。で、登山には前回のルートをとったのですが、見ているとこちらの方がルートがかなり楽そうな上、深圳を眺めながら歩くような感じで魅力的でした。
少し心が傾きそうになりましたが時間的なことも考えて下山後のルートをはっきり知っているこれまでのルートで下山。別ルートはまた今度。
登山口まで45分でした。

トレーナーパンツを脱ぎ手袋もとると・・・パンツ一面、手袋一面の玉羊歯のとげが。帰ってまた一つ一つ抜いて洗濯か・・ちょっと憂鬱。
汗びっしょりになったので着替えをした方がいいかも、ということでポロシャツだけ着替えて軽鉄へ20分歩きます。


帰り、軽便鉄道の行き先表示板には酷熱注意報。そんな暑いのかな・・・

深圳に帰って深圳天気予報を見ると深圳も35度以上になると言う黄色の高温注意報。ほんと?・・

写真集へ続きます

2010-08-02  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 圓頭山 | 圓頭山2 | 
圓頭山頂から青山と空港、ランタオ島の山々
出発
鍾屋村駅を降りてから青山を正面に見て登山口へ向かいます この少し先を右折


これが登山口の地神のほこらです。ここから山頂に向かってしばらくお墓が続いているので石段など作ってありますが、訪れる人が少ないのか荒れ放題の上、お墓に行く道と山頂へのルートがごっちゃになってややこしい。

山頂が見えてきましたが相変わらずルートははっきりせず。全体を大まかに見渡すとルートらしき雰囲気が・・


透明感のある風景 右には香港最高峰・大帽山(957m)、左奥に深圳最高峰梧桐山(944m)


圓頭山頂に到着。三角点です。日陰はこの陰だけ・・・


圓頭山頂から
屯門の町、右に青山(583m)、左に九径山のふもと、奥にランタオ島。ランタオ島のふもとに香港国際空港が見えます


青山から圓頭山へ縦走するルートです。木がありません。
青山からだと6-7時間かかると思います。ハードなので私は途中に見える乾山で2回に分けました。


香港・天水圍のマンション群と深圳湾マングローブの林をはさんで深圳のビル群


これは現在の私の香港拠点、元朗の町


深圳方面を見ると深圳湾大橋。右端には裏山に続く塘朗山、その後に羊台山


望遠でとらえた深圳・地王大厦


そしてランタオ島、香港国際空港に着陸寸前の旅客機


軽鉄も見つけました


下山
ルートは2つありますが考慮の末、同じルートを引き返すことにしました。もう一つの方が楽そうな上、深圳を見ながら歩くコースなので心ひかれるのですが・・・
また今度

数少ない花が咲いていました


山頂を見返ると・・



下りてきました。地神のほこらの傍らにあった岩、線香が供えられていました


軽鉄への帰り道、振り返った圓頭山


深圳に戻って・・・


日が長いので安心して香港でのんびりしていたら深圳に着くと日はとっぷり暮れて・・

もう自炊するつもりもなく食べて帰ろうと深圳・福田口岸前の寿司屋で食事。
鰻魚蛋飯というのを注文。鰻と卵のご飯。これに刺身といくつかの寿司を付けて38元。やっぱり場所がら少し高い。香港人の多いところなので香港人価格か。
もしかして店のボスは香港人?


のんびりしていたら1元バスの最終がなくなっていました(8時最終)。仕方ないので歩いて別のバスのりばへ。2.5元の高いバスに・・


2010-08-03  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 圓頭山 | 圓頭山2 | 
圓頭山からパノラマ写真 クリックすると大きくなります
空気の透明度がよくてすばらしい展望でした。
昨年の写真と比較すると一目瞭然
これまでの写真→  圓頭山 

屯門の町、青山、九径山、ランタオ島 1280ピクセル


屯門の町、青山、九径山、ランタオ島、そして深圳南山 1280ピクセル


深圳・南山、塘朗山公園、深圳湾大橋、さらに梧桐山まで 1280ピクセル


360度パノラマ 3000ピクセル




香港圓頭山から深圳展望
おわり
2010-08-04  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 圓頭山 | 圓頭山2 | 
深南大道中央分離帯の●千日紅(せんにちこう) ★千日红
025

●千日紅 ★千日红 (2010.8.6)

深圳の幹線道路、深南大道へ出かけました。地下鉄車公廟駅付近。
ここの中央分離帯にはきれいに花壇が作られています。カンナ(ダンドク)が中心なのですがもうカンナはほとんどしおれかけ、日々草もおわり寸前。
ということで千日紅を撮影してみました。




深南大道の中央分離帯のカンナ


千日紅(せんにちこう)
千日红 (qiān rì hóng)

学 名Gomphrena globosa
科属名ヒユ科センニチコウ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)






日々草も

サルスベリも健在・・

2010-08-07  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: センニチコウ | 千日紅 | ヒユ科 | センニチコウ属 | 
凌雲道から仙湖植物園と小梧桐山ふもとの町・蓮塘
蓮塘はマンション探し当時(2004年5月)、ちょっとひかれたところ。バスに乗ってここへやってきた時、とても広々としていて、山(梧桐山)は見えるしマンションも高層で気持ちがよかったのです。
当時、道路の幅は確保してあったものの整備がまだでほこりっぽく、羅湖の繁華街からもかなり離れた郊外というより田舎のイメージでした。みごとに整備されてきれいになりました。

《深圳の山と公園》 小梧桐山と仙湖植物園へ (2010.8.8)

小梧桐山と仙湖植物園へ (2010.8.8)
7日は立秋、したがってもう秋、朝窓を開けると涼しい風が吹いていました。
予定は今日大梧桐山に登るつもりでしたが朝の天気がよくなくて躊躇するうちに時間が遅くなって小梧桐山に変更。
新しく買ったカメラ、作り物のような色になるのにギブアップ気味、旧カメラを再登場させました。
バスを乗り継いで長嶺へ。途中から太陽が。能見度(空気の透明度)はあまりよくなくて15km程度でしょうか。だんだん暑くなってきました。こんなことなら予定通り涼しい早朝から大梧桐山へ行っておけばよかった・・・

凌雲道・・最大斜度

凌雲登山道
いつものように斜度の急な凌雲道へ。はじめは梧桐山HP(http://www.szwtm.org/)の旧版の情報にしたがって最大斜度70度としたのですが、最近はほんとだろうか・・と疑問を持つようになりました。
凌雲道は石段ですので70度なら段の幅と高さの比が1:2.75でなければならない・・・そんなところはないのです。でも1:1である45度以上は間違いなくあります。50度は1:1.2、これもあります。60度は1:1.73、これは微妙です・・
ということで最大斜度はおそらく55度から60度ということかなあと。
まあ、それにしてもエスカレーターの30度から考えてすごい角度には違いありません。スキーで初めて35度の傾斜に立った時、絶壁と感じましたから。

仙湖植物園へつづく


小梧桐山へ
凌雲道


凌雲道から深圳市街を展望


能見度はよくないといえどこの時期、香港八仙嶺、小八仙、背後に馬鞍山、そして左へ行くとシャープピークも見えます


小梧桐山頂近くのテレビ塔


山頂のパトカー(電気自動車)で休憩するハイカー。警官はいますが何も言いません。おおらか


小梧桐山から大梧桐山を


野牡丹も実がなり始めました


ランタナはいつも元気

そしてメキシコ花柳

かっこうあざみ
うす紫と白い花があります。これは白花と思ったのですが、微妙に紫色が入っています。



パノラマ写真 クリックすると大きくなります
香港の山々


梧桐山脈
2010-08-09  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 梧桐山 | 梧桐山凌雲道 | 小梧桐山 | 
仙湖 - 仙湖植物園

《深圳の山と公園》 小梧桐山と仙湖植物園へ (2) 仙湖植物園 (2010.8.8)

仙湖植物園
小梧桐山の帰りにいつものように仙湖植物園へ。
大梧桐山へ行くつもりが小梧桐山になったので体力は余っているので仙湖植物園も散歩することにしました。

弘法寺から再び紫薇園(さるすべり園)を訪れました。花の元気はなくなっているもののきれいな色。そのあと久しぶりに湖付近を散歩。
弘法寺に戻ってバスで大門へ。ポロシャツは汗でびっしょり、所々汗が乾いて塩が噴いていました。座席にもたれると汗で冷たいのでバスの中で着替えてすっきり。

新しいカメラと以前のカメラ ニコンP80とP100
こうして写真を整理してみるとやっぱり以前のカメラ(P80)の方が自然な色がでます。CCDとCMOSの違いなのか、カメラ内部の画像処理の方法の違いなのかどうかはわかりません。想像ではP100のカメラ内部の画像処理方法がよくない・・・
やっぱり一眼レフも必要か・・・

下山 仙湖植物園へ

帽子代わりに海芋の葉を


仙湖登山道から仙湖植物園



仙湖植物園 紫薇園(百日紅園)
またまた紫薇園にきてしまいました


まだ咲いていますがちょっと元気がなくなっているので全体を撮影





仙湖植物園 仙湖
暑いにもかかわらず一目千人でした


ピンクの山丹花が増えていました


仙湖から小梧桐山を



砂漠植物区 アメリカ館
アメリカ大陸、アジア、アフリカ区に分かれていますが暑い深圳でもこの区だけは温室栽培です。







植物園で
ウコンサンゴ、これも花期が長いですね





仙湖登山道から仙湖植物園展望  パノラマ写真 クリックすると大きくなります



2010-08-10  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 梧桐山 | 仙湖植物園 | 
深圳・蓮花山から深圳市街の夜景
久しぶりに蓮花山から夜景を撮影してみました。前回の夜景は2008年1月でしたので2年半ぶりの夜景です。またまたビルの数が増えています。

市政府と市民センター

市民センター横

山頂の鄧小平像

パノラマ写真です。クリックすると3000ピクセルの大画面になります


夜の方が涼しいのか、あちこちで音楽が聞こえて踊りをやっています。
大人数からこの写真のようにこぢんまりしたものまで・・
古い大門が取り壊されて新しい門を建築中のようです。
2010-08-12  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 夜景 | 蓮花山公園 | 蓮花山 | 
宝安 新しい町の建設

《新深圳の建設》 新宝安の建設 - 前海開発

珠三角地域
深圳に西に珠江という川の入り江があります。香港を含め、橋、道路、鉄道でこの入り江を取りまく地域の連結をはかる計画があります。

珠三角地域



深圳、香港国際空港を経由して香港を結ぶ
深圳では宝安区、南山区から香港に向かう道路、橋が計画されています。

深圳特区成立から30年、特区が拡大されました。
さらに南山区から宝安区を包む前海の開発は今月にも国務院の正式な承認を受けて本格的にプロジェクトが始まる見込みです。

やっぱりこういうことなら興味が出てきますので宝安地区の現状を見に行ってみました。



宝安
私は初めて出張で深圳に来始めた1993年、特区外の奥深い田舎の工場で近くにホテルはなくて簡易宿泊所である「招待所」というところに宿泊して仕事をしましたが、宿泊所を含め、まあ環境はすごいものでした。

そして2000年、仕事で初めて宝安を訪れてタクシーから見える宝安の町に感激していました。特区内に比べるとレベルは落ちるものの、それまでに行った工場周辺に比べると町が夢のように素敵に見えたものでした。以後は宝安には仕事はなかったのですが時々訪れるようになりました。

前海開発に関係する宝安の町は当時の繁華街よりも数キロ海側(前海)になり、深圳空港へ行く地下鉄1号線もこの地域を通ります。
今回この地域に初めて足を踏み入れました。感激したころの宝安の何倍も魅力的な町に変わりつつありました。完成すれば旧特区内の現在以上のレベルになるような気がしました。少なくとも私の住んでいるところより生活しやすそう。


あれこれ
おもしろい歩行者信号機がありました。
上の数字は残り秒数です。これはまあこちらではふつうなのですが・・
下がアニメになっていて歩いています。
残り秒数の多いときはゆっくりですが残りが少なくなると早足に、残り2秒になると猛烈に走ってました。

仕事の合間に携帯電話で遊ぶ人

福田区の電気街と同じように大きな電子市場がありましたのでのぞいてみました。
この前香港で買った無線ルーターと同じものがありました。香港と同じ価格なら香港で買ったよりランクの上のものが買えました・・・
おそらく中国製でしょう。偽物ではないと思います。

で後日、ノート用に無線マウスを福田の電気街で購入。50元(600円ちょっと)。
デスクトップの方に無線マウスと無線キーボードのセットを、と思っていたのですが・・あまりにも古いセット(2003ごろに香港で購入)なのでUSB2に対応していないので使用できず・・
うーん、新しいタワーを購入するか・・・中国で買うと2000元程度でありそうですが品質のことを考えるとどうなのだろう。








海岸沿いの用地を加工中


いち早く道路が建設されていました片側4車線。奥に南山の町と大南山に小南山の山が見えます


奥に南山区の繁華街が見えています。橋を経てつながるはず


新しい町のショッピング




巨大な内装材料店もオープンしていました。ウォシュレットも充実(高いのばっかり)



新しい町の歩道の花

千日紅が


ポピュラーです、百日紅(さるすべり)/紫薇

これもポピュラーですが花期が長いですね。
プルメリア/鸡蛋花

山丹花/龙川花と巴西野牡丹

赤花に混じってピンクの花がありました。
南洋桜/琴叶珊瑚

2010-08-13  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 宝安 | 
大梧桐山 - 中梧桐山から

クリックすると2000ピクセルの大画面になります

《深圳の山と公園》 今年初めての梧桐山 - 古道からフルコース (2010.8.14 )

今年初めて梧桐山へ (2010.8.14)
今年は新年から天候不順で初登山の機会をなくしてから梧桐山とは縁がなくなりご無沙汰してしまいました。
やっと決心をして能見度(透明度)のいい時に梧桐山に登ろうと出かけました。大梧桐山は16回目の登頂。

梧桐山フルコースのルートと歩数
梧桐山村→貯水湖→古道→大梧桐山(944m)  (1万4000歩)
大梧桐山→十里杜鵑長廊→中梧桐山(706m)→十里杜鵑長廊→小梧桐山(8000歩)
小梧桐山→登雲道→仙湖登山道→仙湖植物園弘法寺  (6000歩)
弘法寺からバス

ルートは2008年1月以来、2年半ぶりに古道を行くことにしました。2008年当時は人はほとんど通っていなかったのですが今回は梧桐山村、貯水湖の出発点から人が次々とやってきました。
途中雨が激しくなってきて雨宿りをしながらの登山。大梧桐山頂はガスで視界がよくなかったのですが、それ以後は天気も回復、すばらしい風景となりました。

中梧桐山、小梧桐山などから八仙嶺、大帽山のほか、馬鞍山やシャープピーク、青山まで香港の山々を見ることができました。

十里杜鵑長廊の「整備」が進んでエキサイティングだったトレールのほとんどが石段に変わってしまいました。最大の難所も石段に変わり難所ではなくなってちょっと残念・・

写真に続きます

2010-08-15  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 梧桐山 | 梧桐山2010 | 
《深圳の山と公園》 今年初めての梧桐山 - 古道から梧桐山フルコース (2) 梧桐山頂へ
来るたびにきれいになる梧桐山村


貯水湖には水がいっぱい



大梧桐山へ
ここから出発 整備は十分にされていませんので踏み跡を適当に登ります




鳥もわんさかいたのですがなかなかつかまりません。こんな派手な色の鳥がいました。あいにく半分隠れていますが・・

ピンぼけですがこんな色の鳥も

やっぱり街の鳥とは違う野鳥がいっぱいいるものですね。


そして


雨の中を


登山道からの風景 右端に梅沙尖



雨が激しくなって雨宿り


登山再開


梅沙尖と塩田港


山頂まであと少し。ここは羅湖区と塩田区、龍崗区の交点 ここでも商売


山頂を目指して




山頂で
雨はないものの天候があまりよくなくガスで視界がよくなく・・
天池と香港の山・八仙嶺




小梧桐山を展望


天池と山頂



きれいなランタナでした





山頂でアイスキャンディーを売っていました。これはちょっとそそられたので買いました。3元。下界ならたぶん1元。


つづく
2010-08-17  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 梧桐山 | 梧桐山古道 | 梧桐山2010 | 大梧桐山 | 
次の10件
2010年07月 ◄ 2010年08月 ► 2010年09月





Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "深圳・香港 夢時間" all rights reserved