So-net無料ブログ作成
検索選択
2010年02月 ◄ 2010年03月 (18件) ► 2010年04月
次の10件

【深圳】 裏山散歩 - 梅林山公園聖人大座

夾竹桃のつぼみがでました

夾竹桃(きょうちくとう、中国名も同じ)

裏山散歩
標高300メートルあまり、往復8000歩程度の小さな山なので朝夕の散歩にちょうどいいのです。
ちゃんとした登山道がなく斜面も急なので滑り落ちやすいのが難点ですがちょうどいい運動量。
天気がよくないのですが夕方に出かけました。
マンションを出るとマンション裏の学校建設も春節が終わってすこしずつ再開。


車輪梅の花盛り (車輪梅-しゃりんばい、中国名も同じ)
名前を知ってからよく目につくようになりました。私にとっては名前を知るということが重要なようです。視野が広くなりました。
高さ10センチ程度の小さな木にも花が咲いているので不思議です。
満開の車輪梅


同じ木からしべの白いものが出ていました


そしてこんなのも。名前は知りません・・





山頂からの展望
天気がよくないのと時刻も遅い(17:40)ので香港が見えません。晴れていれば見えるような気がします。透明度はそんなに悪くないので。


香蜜湖


下山
下りてきたらふもとの中学校(中学といっても高級中学、高校です)に灯が。
簡体字だと红岭中学となるのですが、どういう訳か繁体字で書かれています。


2010-03-02  |  コメント(2)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 裏山 | 聖人大座 | 塘朗山公園 | 梅林山公園 | 

最低給与基準の引き上げ? そして我が家の家政婦さん

マンションに咲く木蓮の花 (中国名:紫玉蘭)


春節明け
深圳は移民都市。外来人口が深圳戸籍を持つ人の3-5倍以上いるという特殊性があるので春節になると帰省する人が多いのですが、これがやっかいなことに春節明けになっても帰ってこない場合も多いのです。
以前私が働いていた工場では春節明けになってもおおむね10%の従業員が戻ってこないので新たに人材を募る、と言うのが年明けの行事みたいになっていました。

そして今年、報道によると春節明けの労働力不足は20万人とのことで、当局が企業の待遇問題などを調査し、最低賃金引き上げなどを含んだ対策を検討しているとのこと。
現在は2008年に改訂された特区内1000元、特区外900元の最低賃金基準。

四川省出身の家政婦さん
私のところに1週間に一度、2時間程度来てもらっている家政婦さん、去年は帰省しなかったのですが、今年は1ヶ月ほど帰省すると言ってふるさとの四川省に帰っています。でもこんなニュースを聞くとちゃんと深圳に戻ってきてくれるのかな、と心配になってきます。
まあ彼女には2006年から来てもらっていますので4年のつきあい、信じたいところです。
ちなみに彼女には1回(2時間)あたり25元(350円)のお手当てから始めて今は1回あたり40元に上げています。新しく探すとなるとお手当ては下げるつもりですがいい人選択するまで時間もかかるし面倒なので帰ってきてくれることを祈るばかり。
同じくマンションに咲く白木蓮
2010-03-04  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 家政婦 | 最低賃金 | 

【深圳】 按摩と裏山3.5時間フルコース

深圳市の花・ブーゲンビリア
ブーゲンビリアに花びらはありません。赤いのは苞、白いのは萼、その中におしべとめしべが1本ずつ
裏山3.5時間フルコース


新芽を吹き始めたプルメリア

塘朗山頂でも人がいっぱい
日課みたいに裏山へ。今日は塘朗山へ抜けるフルコースのあと桃源村で久しぶりに按摩をしようとたくらんでいる。
いつもは夕方からの出発だが気分を変えるのと按摩のため朝9時に出発。
大寒波の後、急に温度が上がったので今日はジーンズの短パンにオレンジ色の半袖ポロシャツという夏のスタイルで。

季候がよくなったか、それとも朝の時間帯のためか人が普段に比べ格段に多い。たくさんの人とすれ違う。微笑みかけると微笑み返す人、挨拶をする人、一心に前を見て自分の世界に入っている人、様々。
トレールは気温が上がったせいかどこも花盛り、木々も新芽を吹いてみずみずしい。
特にランタナの花がいつになくはっきりした鮮やかな色合いでとても美しい。今まではランタナってあまり好きではなかったけどちょっと心に変化が・・少し興味をそそられてきた。

登山開始から塘朗山下山完了まで休憩も含めてちょうど3時間半、桃源村に到着。
桃源村で按摩

最近ひどく肩がこっていると感じているのでかなり久しぶりに按摩へ行ってみることにした。確認しているのは2ヶ所。
ちょっと高いけどこぎれいな方を選んだ。中国式、タイ式、日本式がある。中医(真空玉とかを使ったり、治療としての按摩。お値段が少しかさむ)もあった。
初めてのところなので様子見に安い中国式を選ぶ。90分78元(1000円)となっている。ちょっと高いなと思いながら・・

エスコートされて中にはいると按摩だけではなかった。ロッカールームに通されてすっぽんぽんになってまずシャワーというやつだった。それなら78元は安いかなと思い直す。
香港に来た当初、香港人に誘われるままによく中国のホテルのマッサージへ行った。サウナに入った後90分の按摩をするのだがだいたい200元ほど必要だったので。
こちらはシャワーだけだが汗をかいた体にシャワーはありがたい。

シャワーを終え着替えをして休憩室へ。ここでサービスの飲み物を飲み果物を食べてからおもむろに按摩室へ。
個室按摩で女性按摩師だが変なサービスはない。
腰と肩がかなりこっているようだ。かなり痛い。彼女は
「痛いのでしょう?」
「ううう・・・ちょっと・・・でもちょうどいい・・・」
やせ我慢というより、終わってから気持ちよくなる気がしたのでここは我慢しようと。
「ははは」
小姐が笑う。

1時間(60分)だけにしたのだがそれでも終わると体が軽くなった。やっぱり時々按摩するかな。
でもこういう場所での暗黙の決まりとしてチップが必要。まず按摩師へ、そしてロッカールームでサービスする人。
按摩師にはたぶん給料はない。チップが給料になるはず・・30元にしたが多かったのか少なかったのか・・最近の相場がわからない。
ロッカールームの男性は最後のサービスでお手ふきを持ってきた。お手ふき台の上には20元札。20元のチップを希望しているのだろうが5元だけ置いた。
90分を60分にしたこともあってチップを含めて88元ですんだ。
この次はもう一つの安そうなところへ行ってみるか・・ 確か2時間50元ぐらいと書いてあったような気がする。それならチップは不要かもしれない。

それにしてもロッカールームから個室までめちゃきれいなところだった。按摩室のテレビはもちろん、休憩室の椅子の一つ一つにLCDテレビが付いていた。日本から人が来て連れてきても全く問題ない。


ユーフォルビア・コティニフォリア(ケツヨウボク;中国名:紫錦木)も赤い葉を思い切り誇ります


紅葉葉昼顔(もみじばひるがお;中国名:五爪金龍)
手のひらの形をした紅葉のような葉です


光るトベラの新芽(中国名:海桐)




塘朗山公園に入るとトレールが整備されてきます




ツツジ(中国名:杜鵑)




いつになく多いハイカー


かたばみ


ランタナの色がとても鮮やかでした


もちろんハイビスカスもあります


紫ランタナと南山


下山して腹ごしらえ
蘭州ラーメンという店へ入って羊肉炒飯と言うのを食べる。7元。
確かに羊肉が入っていた。

少し脂っこい気はしたが、胃は何ともなかったので相性のいい油を使っていたようだ。
2010-03-06  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: マッサージ | 裏山 | 塘朗山公園 | 梅林山公園 | 
歩道のオープンマーケットで
マンション横の歩道でオープンマーケット - 朝市


仮設住宅跡で行われていた頃の朝市
今、マンションの北側で学校を建設中ですが、私が入居してきた当時はきれいな芝生のちょっとした広場になっていました。北環道路の拡幅、改良工事の時は仮設住宅が建ち、仮設住宅解体後はここに朝市が できました。

私のマンション西側に35階建て21棟のマンションを建設していましたのでその労働者のための仮のマーケットかなと思っていたら・・マンション建設もほぼ終了したのにまだ続いているのです。
学校建設のため元の場所を追われ建設されたマンション横の歩道が朝市の場所となったようです。表通りではないので具合がいいのでしょう。
いつもごった返していますが続けたい気持ちがあるのか、朝市がすむと毎日きれいに片づけられています。

仮設住宅跡の時に梨を買ったことがあります。びっくりするほどのめちゃ安だったけどすごくまずかった。道ばたになっている梨でもとってきたのでしょう。とにかくお世辞にもうまいとは言えず・・捨ててしまいました。
でもこういう雰囲気は嫌いではありません。いつまで続くのでしょうか・・







以前にはこんな光景もありました。これはマンション建設が活発な2007年の頃、仮の散髪屋さんができました。木の枝に「理容」と書いた札をぶら下げている人もいておもしろかったのですけどね。
お値段はおそらくカットだけで4元とか5元とかいうレベルでしょう。店を構えているところでも探せばカットだけなら4元でしてくれる散髪屋がありますから。実は・・私も4元というところでカットしてもらった経験があります・・

2010-03-08  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 朝市 | オープンマーケット | 

【香港・深圳】 オクトパスと深圳通の相互利用

赤い新芽をつけたイジュ(中文名:木荷) (塘朗山郊野公園2010.3.6)
イジュ(伊集)は姫椿とも呼ばれているようですが違う種類とする記述もありますし、中国名の木荷(別名:荷木、荷樹)とも種類が違うというような記述もありました。「荷」はハス(蓮)のことです。
香港・オクトパスと深圳・深圳通の共用 - やっと実現するかな?

オクトパスと深圳通の相互使用の現実性が出てきたかもしれません。ただ、現在のカードがそのまま使えるわけではなく、双方のICチップを組み込んだ共用のカードを発行する、と言うことのようです。
香港金融管理局の陳徳霖総裁は広東省と香港の越境電子マネーの発展に関して講演し、1年以内には先行実施として香港と深圳市の双方で通用する「オクトパスカード」を発行する計画を明らかにした。(2010.1.26)



以前使われていた
スイス製非接触式カード

深圳通
2004年12月に中国銀行で購入
2004年12月、深圳地下鉄が開通して深圳の2代目の非接触式プリペイドカード、深圳通も檜舞台に。
当時言われていたのが1年後に香港・オクトパスと深圳・深圳通の非接触式プリペイドカードを相互利用できるようにする、と言うものでした。
そのために深圳通を開発するとき、方式をオクトパスが採用しているSONYのFelicaシステムにしたのですから。
以後、1年待ち、2年待ち・・実現しませんでした。今回の中国5カ年計画にも入っているというたいそうな事態にまで発展していたのですが結果がでません。

1月の深圳・香港の会議で話題となったようで2月に入ると各紙一斉に年内に互用実現かと伝えたようです。
→  香港八达通电子货币有望与深圳通联网 
もういい加減待ちくたびれています。距離を置いて結果を期待することに・・・
香港・オクトパス(八達通)と深圳・深圳通

オクトパス(八達通)
八達通HPより
香港オクトパスは1997年、イコカ、スイカなどと同じsonyのFelicaシステムを最初に採用したカードです。もう13年目ということで十分貫禄があります。
人口700万人の香港で2000万枚のオクトパスが発行されています。
オクトパスを買うときはデポジットとして50ドル支払いますからデポジットだけでも10億ドル。カードが返却されない限り払い戻す必要がないわけで実質的には儲け。収集用の記念切手みたいな・・・
対する深圳通は発行数650万枚。デポジットは2004年の発行当時は40元でしたがその後30元に値下げ。 深圳通については小ブログ記事 → 深圳通
香港の生活とオクトパス - Aさんの1日
香港の早朝の出勤時間。自分の住んでいる団地から最寄りの地下鉄駅までは少し遠いので団地専用の送迎バスに乗る。団地の住人なら2ドルで乗ることができる。バスに乗り込みオクトパスをぴっ。
地下鉄駅。あ、新聞を買おう。駅の売店前に積まれた新聞の束からいつもの新聞を抜き取り横のオクトパス・リーダーにぴっ。さらに朝食にパンを買っていく。パン屋さんでパンを買いオクトパスでピッ。おっと、飲み物。自動販売機で牛乳を。これもオクトパスでピッ。
地下鉄改札口でオクトパスをぴっ。
会社に到着、社員口でオクトパスをピッ、ドアロックを解除して社内に入る。そしてこれはドアロック解除と同時にタイムカードの役目も。
昼食に近くのめし屋へ。ここでも勘定はオクトパス、ピッ。
仕事を終え、無事帰宅。マンションのエントランスでオクトパスをピッ、エントランス入り口のドアロックを解除。
・・・
オクトパスは電子マネーの使い方のほか、オクトパスにはカード固有のID番号を身分証代わりに使ってマンションなどのキーロック解除用に使用しているのです。
これは一例ですが本当に一日何回オクトパスを使うのでしょうか。香港生活をするときはオクトパスは必需品です。


2010-03-10  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: オクトパス | 深圳香港通用 | 
002

《深圳マンション花暦》 マンション3月

急に気温が上がって短パンで山歩きをしたと思えば再びやってきた寒波も峠を越えたようです。日本では「三寒四温」といいますが、こちらはいつも極端です。
それでも自然界は着実に季節の変化を感じているようです。マンションの3月。

つつじ(杜鵑)は全開


つつじと葉の出始めたプルメリア(鶏蛋花)




竹も青々


トベラ(海桐)の新芽も輝いて


ブーゲンビリア(叶子花)





2010-03-12  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: ツツジ | 躑躅 | ブーゲンビリア | 
芳香の漂うレモン・ユーカリ  ★檸檬桉 の木立で - 筆架山公園
003

春の筆架山公園 (2010.3.13)

筆架山公園へ行くことが多くなった。バス1本、2元で行ける手軽さもあるがこの公園の豊富な樹木に惹かれ始めたことが大きい。
筆架山公園は深圳市政府から北東へ2kmほどのところに位置する都会の公園で標高177mの筆架山を中心に面積1.45k㎡。山頂からは深圳最高峰・梧桐山(944m)、香港最高峰・大帽山(957m)が見え、現在深圳最高建築の地王大厦(384m)も見える。

今日は朝からむしむしして気温が上がった。前回ほどではないが急激な気温の上昇でガラス窓にはうっすら結露。
公園は前回(2月21日)とは全く雰囲気が変わった。鳥が元気よくさえずり蝶が花に舞い、匂番茉莉(においばんまつり、鴛鴦茉莉)とレモンユーカリの芳香が漂う。なんか季節がすっかり変わってしまったようですがすがしい。湿気の影響か、山頂からの展望はさっぱりだがこれがもしかして深圳の春?
今まで深圳・香港には夏と冬しかないと思っていたのだが、筆架山公園に通い詰めたら季節を感じることができるかも・・・ちょっと期待。


夾竹桃?


ガジマルをバックにブーゲンビリア


レモンユーカリとともに芳香を放っていた匂番茉莉(においばんまつり)


紫紺野牡丹(しこんのぼたん)


そしてこれはセミです。何となく阪神タイガースカラー


紋白蝶がたくさんたくさんいました。紫片喰と蝶


つつじにも






蝶を追う子供たち



何とも言えません。南洋桜の鮮やかに印象的な赤色




紅花常磐満作の赤


見事に満開の紅花常磐満作


松の林もあります


そしてアロマテラピーにも使われるレモンユーカリの芳香


そしてもう一つ、アメリカデイゴの鮮やかな赤



関山月美術館から深圳博物館新館、COCO-Park、JUSCOへ
筆架山公園を出てバス停へ。携帯を見るとまだ3時半、歩いてみようかと考える。とりあえず、蓮花山公園まで行ってみようと歩き始める。蓮花山公園は深圳市政府の北にある面積1.7k㎡の公園。標高105mの山頂には小平の像があり、小平が深圳から香港に向かって歩いている。

筆架山公園を出るとすぐに都会の雑音が・・歩道横の緑地帯には紅花常磐満作が満開。この木は沈んだ赤色だがこうして見ると街路をすごく華やいだ雰囲気に演出する。なかなかいい。道路の分離帯はブーゲンビリアの赤が華やか。
歩道横の緑地帯の紅花常磐満作が華やかでした



関山月美術館 この日は無料
30分ほど歩くと蓮花山公園の隣の美術館に着く。久しぶりに美術館を。あまり気を引く絵画もなく外へ。
蓮花山に登ってみようかと思ったが、COCO-Parkへ行ってJUSCOで買い物をして行こうかと再び歩き出す。
市民中心で深圳博物館新館に道草。マルチメディア資料室でPCを使っての動画解説をしばらく視聴する。なかなか遊べる。日本語とかのメニューはあるがクリックするとNo Page。


深南大道を横切ってCOCO-ParkのJUSCOへ。JUSCOの前の吉野家でまず牛丼を。どこ吉野家に行っても年配の人を見ることは少なく高校生ぐらいの若い人が多い。高校の近くに吉野家を作ったら・・
JUSCOで買い物をして帰宅。

途中、家政婦さんから電話メール。次のいつもの曜日の時間に行くと知らせてきた。1ヶ月半ぶり。春節を終えて深圳に戻ってきたようだ。ほっ。これで面倒が一つ減った。「知道了」と返信。

【香港の山】 久しぶりに香港ハイク 新界東北部 船湾郊野公園

鹿頸へ - マングローブと沙頭角海
香港・新界東北部 船湾郊野公園 尖光峒228m、石芽頭245mへ
  すぐそこに深圳が見えるはず・・・ 
再びやってきた高温多湿。マンションのタイルはまたまた結露。でもこの前ほどではありませんが、それでもバスルームは使用後なかなか乾きません。

そんななか、久しぶりに香港ハイクへ。
最近香港にご無沙汰しているので集合場所が手頃なこともあってどんな天気でも参加しようと思っていつもの会に参加しました。
行き先は新界東北部、沙頭角海を隔てて深圳のお隣、船湾郊野公園の尖光峒228m、石芽頭245mを巡る4時間ほどのコース。

雨が降らないまでもガスでじめじめと湿度の高い最悪とも言えるコンディションでしたが、幻想的な雰囲気もあり気分を変えればそれはそれで楽しめました。
深圳・沙頭角は沙頭角海を挟んで目と鼻の先。でもそこにあるはずの深圳が見えない。次はいい日を選んでやってきて深圳の写真を撮るのもいいなあと。今日はそのイントロダクションと言うところかな。

それにしても白いズボンはまずかった。水分をおもいきり蓄えたブッシュ、藪漕ぎの連続で裾に水が飛び散って膝から下の部分が灰色のまだら模様。洗濯機で水温60度設定にして洗ってもこれが落ちない。90度設定にして「強力汚れ落とし」モードにしてやっと何とか目立たなくなって・・
ここから出発











前方にかすむ山頂が石芽頭245m


つつじの赤がきれいです





沙頭角海に下りてきました 見えるはずの深圳が全く見えません


尖光峒228m(右)、石芽頭245m(左) そしてマングローブ
sekigatou100314-15_500.jpg







マングローブと沙頭角海





あいにく深圳は・・・



香港・船湾郊野公園 石芽頭 尖光峒
おわり
2010-03-15  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: 船湾郊野公園 | 石芽頭 | 尖光峒 | 
木棉と小鳥
004

《深圳花暦》 木棉の道  ●木棉(きわた)★木棉

深圳の街路樹に多い木棉の木。春になると花が咲いて・・あとは綿埃みたいに「綿」が路上に舞います。初めてこれを見たときは「何で路上にわたぼこり?」と思ったのですが実際綿だったわけで。
で、マンションの近くを散歩しながら木棉を探してみました。

木棉(きわた)
印度綿の木(インドわたのき)
木棉 (mù mián)

科属名アオイ科キワタ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
果 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)

木いっぱいに赤い木棉の花





なぜか木棉には鳥がたくさんやってきました。



バス停にも木棉。小鳥が大挙してやってきて花を落とします。バス停の屋根には鳥の落とした木棉の花で赤くなっています。






これはオレンジ色の花







おまけ・・・香港オーキッドツリー


そして車輪梅


saiji100317-11_500.jpg
005

木棉と紅羅雲

木棉に紅羅雲(こうらうん、中文名:紅耳鵯)が来ました。
中国名通り耳のところが赤くけっこう派手で私のちょっと好きな鳥。冠羽があって特徴的なのですぐわかります。


頭のてっぺんに冠羽、目の下が赤い紅羅雲 けっこう派手です
hanagoyomi100319-1_600.jpg


hanagoyomi100319-2_600.jpg

2010-03-19  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  | 
タグ: アオイ科 | キワタ | 木棉 | 紅羅雲 | 首輪椋鳥 | キワタ属 | 
次の10件
2010年02月 ◄ 2010年03月 ► 2010年04月





Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "深圳・香港 夢時間" all rights reserved