So-net無料ブログ作成

香港・西貢 馬鞍山へ 牛押山から「馬の鞍」を歩いて馬鞍山へ (2009.11.1)

馬鞍山郊野公園へ (2009.11.1)

香港のグループに参加しての馬鞍山歩き。コースは、まずMTR大学駅からタクシーで馬鞍山村へ、ここから出発。

馬鞍山村 → 馬鞍山家楽径 (Family Walk) → 難行コース
 → 吊手岩(Tiu Shau Ngam; 588m)
 → 牛押山(The Hunch Backs; 677m)
 → 馬鞍山 (Ma On Shan; 702m)
 → 麦理浩径( MacLehose Trail )4段 → 公路 → 西貢



牛押山から馬鞍山を展望 背後には西貢海
香港・西貢 馬鞍山へ (2009.11.1)


馬鞍山家楽徑
朝、まずWEBで天気チェック。乾燥注意報が出ている。視界が悪い、4km。マンションからの風景もかすんでいる。昨日は最近になく良好だった。見た感じ12kmはあったと思う。

日曜日のわりにイミグレはすいていた。福田口岸からMTRで大学駅へ。そしてタクシーで馬鞍山村のキャンプ場へ。ここから二つのコースにに分かれて馬鞍山頂をめざす。僕は初めてのコース、吊手岩、牛押山から馬鞍山へ。


ワーニングと径
馬鞍山家楽径を登ったところから出発。ここには「登るな」のワーニングがあり、去年、馬鞍山初登頂をめざして一人で下調べをしている時に見かけた径。あのころは香港の山の初心者だったので素直にこのワーニングに従ったのだ。今から考えるとこういうワーニングがあるということは馬鞍山へ行けるという証か。
今日はワーニングを無視して自己責任でこの径を。

いくつかロープを張ってあるところがあったので緊張したがそれほどのこともなくほっ。念のためのロープということだろうか。手すりみたいに張っているロープもあった。
一つ一つの山の名前を確認、または想像しながら進む。香港の山にしては比較的緑の多いコース、吹く風がさわやか。乾燥注意報が出ているだけあってのどがよく渇く。
大帽山がかすかに見える。朝よりも視界がよくなってきたような気がするが深圳は見えない。


馬鞍山の三角点
家楽径のワーニング地点から2時間半あまりで馬鞍山頂に到着。
急坂やルートのアップダウンが多くてなかなか疲れるコースだったがワーニングが必要とも思えなかった。

西貢に向けて下山。
麦理浩徑(MacLehose Trail)ち合流。やっぱり合流地点に馬鞍山への登り径に「登るな」のワーニングがあった。考えてみるとワーニングに従っていると馬鞍山頂にはたどり着くことができない・・・

あとは麦理浩徑をひたすら下り公路に出てまたまたひたすら歩いて西貢へ。
西貢の海鮮料理はうまかった。


馬鞍山頂から牛押山、吊手岩、背後には企嶺下海
写真へつづく

香港・西貢 馬鞍山へ 牛押山から「馬の鞍」を歩いて馬鞍山へ (2) (2009.11.1)


出発

いつものように福田口岸へ 深圳地下鉄・福民駅


香港・大学駅前


馬鞍山公園 BBQ場




馬鞍山をめざして

この家楽径からスタート


競馬場が見えた




難行の径


いきなりロープ でもそんなに難しくない・・


八仙嶺の全貌が見える


最初の景勝地


奥仁馬鞍山 手前の高い山はたぶん吊手岩、奥に牛押山が隠れている・・・





ふり返って 大帽山がうっすらと


これがたぶん吊手岩






グランサム椿かと思っていたら台湾椿(大頭茶)とのこと


たぶん吊手岩


吊手岩から見る牛押山と馬鞍山



つづく

香港・西貢 馬鞍山へ 牛押山から「馬の鞍」を歩いて馬鞍山へ (3) (2009.11.1)


牛押山から「馬の鞍」を歩いて馬鞍山へ
牛押山頂と馬鞍山


馬の鞍を歩く





別のルートで馬鞍山をめざす別働隊遠望


ススキの原を。馬鞍山頂は目の前


ふり返って牛押山





馬鞍山の三角点




下山

西貢に向かって下山 とがった山は大金鐘?


麦理浩径(MacLehose Trail)との交点


見返りの馬鞍山







麦理浩径の一里塚、標距柱







山寮へ到着。 ここから西貢の海鮮料理街へ


本当にいいコースでした。見る角度によって姿を変える馬鞍山。このルートで歩いてその「秘密」がわかりました。それぞれの山の名前も確認できてなかなか充実したハイキングでした。おおきにです。
もう少し視界がよかったら、と思うのはちょっと贅沢か・・


西貢で見た花



ハイビスカスの花が閉じている・・・ これ以上開きません。

頷き姫芙蓉(うなづきひめふよう)
別名:スリーピング・ハイビスカス

中国名:南美朱槿




提琴桜(ていきんざくら)
別名:南洋桜

中国名は日日桜、南洋桜




花麒麟(はなきりん)

中国名:麒麟花



ニューギニア・インパチェンス

中国名:新幾内亜鳳仙


《馬鞍山へ 牛押山ルート》 おわり

筆架山公園の休日 《ミニ中国オーケストラの練習風景》

筆架山公園の休日 2009.11.7
深圳でも香港でもよく見かける光景です。
公園内のとあるスペースにメンバーが集まって練習をしています。

やっぱり練習風景を見てもらうとうれしいのでしょうか。指揮者先生も気持ちが良さそうです。
思い切り近づいて撮影しました。

公園の中、ギャラリーも多い






この日の筆架山公園



山丹花


リンゴをついばんでいた鳥・・初めて見る鳥、名前を知りません
タグ:

これは旧版です。新版のインデックスは → 深圳香港の植物 検索とリスト

  1. 名前は 和名漢字もしくは日本での名称(読み) 中国名简体字繁體字 (ピンイン)
    和名のなかったもの (調べきれなかったもの)は [ ]でくくって中国名で代用しているものもあります。
  2. 画像をクリックすると大きい写真になります。
  3. 花果期は目安です。

按托山九路2009.9.27

按托山九路2009.9.27
花暦
ユーフォルビア・コティニフォリア
ケツヨウボク
紫锦木紫錦木 (zǐ jǐn mù)

学 名Euphorbia cotinifolia
科属名トウダイグサ科トウダイグサ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

虫めがねが必要なくらい小さな小さな花
なぜかケツヨウボクの漢字が見あたらない



香港西貢2009.11.1

香港粉嶺2009.11.29
花暦
花麒麟(はなきりん)
麒麟花 (qí lín huā)
虎刺梅 (hǔ cì méi)

学 名Euphorbia milii var. splendens
科属名トウダイグサ科トウダイグサ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

乳汁に毒。症状は皮膚炎



筆架山公園2009.11.7

筆架山公園2009.11.7
花暦
頷き姫芙蓉(うなづきひめふよう)
スリーピング・ハイビスカス
南美朱槿 (nán měi zhū jǐn)
悬铃花懸鈴花 (xuán líng huā)

学 名Malvaviscus arboreus var. mexicanus
科属名アオイ科ヒメブッソウゲ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

これ以上花が開きません



南山公園2009.11.28

南山公園2009.11.28
インパチェンス
アフリカ鳳仙花 (アフリカほうせんか)
非洲凤仙非洲鳳仙 (fēi zhōu fèng xiān)

学 名Impatiens walleriana
科属名ツリフネソウ科ツリフネソウ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

本来多年草ですが、日本では冬の寒さで枯死するので一年草として扱われているようです。



香港西貢2009.11.1

香港西貢2009.11.1
ニューギニア・インパチェンス
新几内亚凤仙新幾内亜鳳仙 (xīn jǐ nèi yà fèng xiān)

学 名Impatiens hawkeri
科属名ツリフネソウ科ツリフネソウ属

多年草



香港馬鞍山2009.11.1
秋の麒麟草(あきのきりんそう)
毛果一枝黄花 (máo guǒ yī zhī huáng huā)

学 名Solidago virgaurea L. subsp. asiatica Kitam.
科属名キク科アキノキリンソウ属


マンションで2009-11.22
青紫木(せいしぼく)
红背桂 (hóng bèi guì)

学 名Excoecaria cochinchinensis
科属名トウダイグサ科セイシボク属

葉の裏が赤い木。表面から入った光がこの赤で反射、てもう一度表面に達して再び光合成を行なうということらしい。
樹液は毒矢に使われていたというほど強力だとのこと。燃やした煙でさえ目を痛めると・・・


タグ:

深圳 また突然やってきた寒さ 電気ごたつの準備


やっと秋の空 (2009.11.11午後の空)


また突然やって来た寒さ

またまた突然寒さがやってきました。数日前までは短パンだたのにいつものことながら急に寒さが訪れました。服装を長袖、長ズボンにに替えました。
この雲の写真を撮った11日も風は心地よかったのですが日差しは強くてそこそこ暑かったのです。そして視界もこの季節になく抜群の良さ、30kmという日もあってびっくりしていたのですが寒さの訪れとともに悪くなってきました。
今22時30分、深圳市気象局のHPによると気温16.8度、湿度84%、視界4kmとなっています。

いつ突発的に寒くなるかわからないのでで、こたつを出してみました。
試運転、まあ上々です。今季はどれくらいの活躍の場があるでしょうか。

最近youtubeで「あみん」をダウンロードして懐メロにこっています。すぐあきるのでしょうが・・・




種をつけた野の花



最近の視界のよかった時に撮った風景。梧桐山もくっきり



タグ: 電気ごたつ | 

2009-11-16     カテゴリ  《 生活 》

深圳で電気ごたつ購買情報

深圳で電気ごたつ購買情報

深圳で電気ごたつ
seikatu091116-1_150.jpg
香港で買った220Vから110V/100Vへの変圧器
300香港ドル程度でした
昨日電気ごたつの話になったので電気ごたつの購買情報です。
私の場合、香港に住んでいた時(2003年頃)に日本から日本仕様(100V)のものを送り、220Vから100Vへの変換トランスを香港で買い(日本で買うとめちゃ高い)使っています。

トランスを使うのが面倒なので220V仕様のものを探していて見つけたものですが結局買いませんでしたので情報のみのです。情報も古いので活用される場合は新たに確認をとってください。
もし購入されたら情報を連絡していただけるとありがたいです(厚かましいかな・・)

上海森中電器有限公司
大阪の森田電工の100%出資で上海に上海森中電器という会社がありここで220V仕様の電気ごたつを製造販売しています。上海では買えるらしいのですが深圳で買う場合は送ってもらう必要があるようです。
まだ香港に住んでいた2004年にメールで問い合わせた時は
  • 220V仕様、75cm x 75cm 布団着き 680元
  • 輸送費は1台100元、宅急便だと360元
という返事をもらいました。(買いませんでした)
会社のHPを見ているとIKEAのある深圳欧州城に販売地点ができているようです。こたつがあるかどうかわかりませんが興味ある人は連絡してみてください。

欧州城については小ブログ記事 → 欧州城を参照してください。

福九善貿易有限公司
これも上海にあり上海駐在者による「売ります買います」スタイルのリサイクルレンタルショップで以前はここで電気ごたつの通販(中国内)をやっていたのですが今はどうなっているのかな・・・
座椅子なども売っていたのですが、かなり割高でこたつは千何百元していました。

HP → 福九善貿易有限公司

深圳で現在寒冷注意報
深圳深夜の気温9.9度!!!
寒冷注意報(黄)が出ています。 → 深圳市気象局
短パンをはいていた時から1週間もたっていないのに・・・
タグ:

深圳福永 《久しぶりの鳳凰山へ》 2009.11.22

深圳・鳳凰山・一つのピークから 人がいっぱい
久しぶりの鳳凰山へ - 街路の急激な美化 (2009.11.22)

お出かけ
久しぶりに鳳凰山へ。
気が向いたのでマンションから深南大道のバス停まで歩くことに。
街路の花々を観察しながら歩いていくとけっこうな種類があり、その上、今ではほとんどの名前がわかるので30分の道のりを楽しめました。
深南大道の再建築が始まっていた幽霊ビル(建設途中で放棄されていたビル)がすでに外観ができあがって覆いが半分ほどとれていました。

福永へ

どんどんきれいになるバス停周辺
久しぶりの福永、またきれいになっていました。
以前はほこりっぽさとゴミだらけの雑然とした街路で、人を誘って来ることなど思いもしなかったのですが嘘のように美しくなりました。薄汚かったアパートも外観が美しく塗装され、街路も見違えるように整備されていました。何とも急激な変化。これも2011年のユニバーシアードの効果なのでしょうか・・・

鳳凰山へ

鳳凰山森林公園の入り口付近
そして鳳凰山森林公園はうんざりするような人、人、人。公園の整備が進んでどんどん美しくなってくるとやってくる人も確実に増えています。中腹のお廟も新しく棟を建設していますし、ほんとに経済にしても何にしても目標が定まればその速度は半端ではありません。

そしてこれだけの人混みにもかかわらず、無雑作に捨てられるゴミは以前よりも少なくなっている気がします。周りの美化に伴って無意識にゴミに気を遣うようになってくるのでしょうか。服装も立派になってきたし、何より女性が美しく見えます。
経済特区外のこのあたりにも着実に経済的に豊かになってきていることを感じました。

帰途
遅くなったのでマンションの近くの吉野家へ寄って食事。
食後の帰り道、不動産屋の前の張り紙は・・・見てびっくり、香港の西九龍で見た価格に劣らない数字が並んでいました。最近の不動産の活況の現れか。
と、「ゆっくり見ていきませんか」
すばやく店から人が出てきてお誘いがかかります。にこやかにお断りすると別の人からまたお誘い。

となりのスーパーを見てたまごと歯磨き粉がきれているのを思い出して買いました。レジ袋はありませんので素手で持って帰り道、別の不動産屋の前の張り紙を。さらに高い物件でした。
ここでも人が店の中から出てきました。でも・・
僕の手のたまごと歯磨き粉を見て声をかけるのをやめられてしまいました。
ひもじい生活がかいま見えたことでしょう・・・

写真へつづく
タグ: 鳳凰山 | 

深圳福永 《久しぶりの鳳凰山へ - 写真1》

鳳凰山へ
福永汽車站でバスを降り、鳳凰山へ向かうミニバスに乗り換えます。
実は乗り換えるまでもなく、公園前に行くバスもあるのですが、なぜか、宝安区以外からやってきたバスは主要な站でしか停車できないようなのです。で、鳳凰山森林公園前まではミニバスに乗り換えます。そしてここのミニバスでは深圳通が使えないので出費がかさみます。とは言ってもマンションから福永汽車站までは5元、深圳通を使って3.7元、乗り換えるミニバスは2元ですけどね。

ミニバスも深圳市の新しいバス系統に従って支線用のオレンジ車体になりましたが相変わらず満員の乗車率。この日も3台ほど満員のバスを見送りましたがぎゅうぎゅう詰めのバスで公園へ。
福永汽車站を降りて鳳凰山へのミニバス停へ。美しくなった街路


公園前に到着。ここも美しく整備されました


公園入口の広場はインラインスケートの天国


それにしてもたくさんの人。ミニバスが満員のはず・・


最初に見つけたのはなぜか迷彩色の葉をつけたブーゲンビリア。中国名は花葉葉子花というようです
→ 花叶叶子花


野牡丹と日々草の花壇




中腹の鳳岩古廟へ
登山口からは15分も登れば古廟。でも公路では中型バスがひっきりなしに折り返していました。
こちらの人はこれぐらいの距離なら足で登ると思っていたのですが・・ちょっと不思議でした。
古廟も大変な人


ここも観光地になったかな




1つめのピークへ - 飛雲頂
古廟からは15分もかからずにピークに出ます。
ここへは乗り物はありません。石段で登るか、野面径を登るか。

野面を登りました。ここはさすがに休みなしではしんどい。


ピークへ。この山は大きな岩石がとても多いのです


視界は全くだめでした。羊台山もうっすらだけ




第2のピークへ
少し下り登りをして次のピークへ


2つめのピークから先ほどの飛雲頂を



そして・・・
ここから岩石のピークを越えていくと最高峰の大茅山376mに到達するのですが・・
以前は「危険なので先へ行くな」の注意書きだけでしたのでどんどん進んでいたのですが、公園が整備されてからここに金網が張られて強制的に通行止めになってしまいました。それでも金網の破れから行けたのですがそのうち保安がはりつくようになって行けなくなってしまいました。
そんなに危険な感じではなかったのですがね。まあ、ここを通過するにはほかの手がありますが・・・
監視役の保安も金網の向こうで手持ち不沙汰


従って今回はここまで

つづく
タグ: 鳳凰山 | 

深圳福永 《久しぶりの鳳凰山へ - 写真2》



山頂さまざま
岩の上でお昼寝


記念写真








岩の上でおしゃべり


山頂で会社帰りのデート?






下山



再び中腹のお廟


お廟でも増築


帰りは公路を歩いてみました。人の行列


以前にはなかった案内。実にたくさんの見所があったようです








下山を終えて帰途に



ミニバスに乗ろうとすると相変わらずのすし詰め状態。少し遅く帰ろうと思い散髪屋へ。店はこぎれいになっていましたが、散髪の仕方は古かった・・・
髪に櫛をあて電気バリカンでさっさっ。15元。
散髪を終えるとすでに日が落ちていました。ホテル前の通りも整備されてきれい。
帰途の福永汽車站

久しぶりに鳳凰山へ
タグ: 鳳凰山 | 
次の10件
2009年10月 ◄ 2009年11月 ► 2009年12月





Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "深圳・香港 夢時間" all rights reserved