So-net無料ブログ作成
2008年12月 ◄ 2009年01月 (23件) ► 2009年02月
次の15件


明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

平成21年 ( 2009年 ) 己丑元旦






香港・八仙嶺郊野公園 クリックしてください 大きくなります




深圳新生活日記 【118】 2006年4月7日 たこのタイムサービス-深圳JUSCO

JUSCOへたこ焼き用のたこと料理用の秤を買いに行く。

まずフードコートで夕食を食べる。
秤を探すが見つからず、意外なところで見つかった。バネ式と電子式があった。電子式は180元と高いのでバネ式にした。48元。香港で見た60元より安い。
タイムサービスまで待ってたこを買う。たこは178元/kgで山姆会員店(ウォルマートの会員店)より安いうえ、タイムサービスでは意外にもほぼ半額。以後はこの手にしよう。
ほか、玉子、うどん玉、ねぎなどを買う。
たこはこの頃、JUSCOの気前がよくてタイムサービスで半額になってましたのでよく買ってたこ焼きをしました。そのう ち、販売方法が「改善」されたのか2割引となり、今はたこのタイムサービスがなくなってしまいましたのでそんなに多くは買いません。
それにしても香港といい、深圳といい、すしは一般的になってしまって中国人もすしをよく買っています。このためにたこが安くならないの?


2008年1月2日 深圳

風邪のため、山へ行くのを自主規制して10日、もうそろそろ限界です。
で、今日、足ならしで久しぶりに裏山(聖人大座)を登ってみました。
マイナーなルートなので以前は地元とかマニアックな人ぐらいでほとんど人が通らなかったのですが、今日は数組のグループが通っていました。

心なしが以前より登りにくい。急坂の土の上を砂が覆っています。人がより通るようになって靴に削り取られた土が砂になって覆っている?
で、滑りやすく上り下りが怖くなってるような気が・・・
明日は梧桐山にでも行きたいな・・

人通りの多くなった裏山




タグ:
2009-01-02 コメント(0)

2009年初登山と写真

2009年 01月 06日
一昨年、2007年は深圳の山登りとの出会い、そして昨年2008年の初登りの梧桐山で2008年は何かがある予感と思っていたら、2008年は香港の山との出会いとなりました。1996年に香港へやってきて12年でやっと知った香港の山の喜び、よい2008年でした。

そして今年2009年の初登山、どこにしようかと考えたのですがやっぱり行きました、深圳最高峰の梧桐山944m。
年末の風邪で10日ほどのブランクで1月4日に登りました。

今年の梧桐山はいつになく人が少ないように感じたことと、白人を数人見かけたこと。香港では白人は非常に多いので気にならないのですが深圳では珍しいことでこれも時代の流れでしょうか・・

香港の山に登るようになって、梧桐山登山道から見える香港の山の名前がどんどん分かるようになって楽しく登れます。
山頂からは今までは深圳中心部方面を見ていたのですが、東を見てみると大小梅沙に最近登った深圳第4峰の梅沙尖がど真ん中に見えてこれまた感激。
新しい山に登れば登るほど別の山に登りたくなる楽しい循環です。
今年はまたいいことがあるでしょうか・・・
この日はあいにく視界があまりよくなかったのですが、さらに東の大鵬半島の山々も見えるはず。次回に期待して。

それにしても10日のブランクは大きい。いつになく疲れてしまいました。泰山澗登山道だけで山頂まで登りましたが所要時間は2時間半を切れなくて2時間40分と少し長い目でした。また頑張って登ります。

そして山歩きをするようになって大きく変化した一つに写真があります。それまではぽちぽちと撮っていた写真枚数、山へ行くようになって飛躍的に増えました。2008年は年間1万7千枚あまりの撮影枚数で容量は26G。
今年はハードディスクの増設か、新PCの購入か・・
おなじみの北大門


泰山澗の最終の石段。ここをひたすら15分ほど登れば山頂です。
泰山澗の一番苦しいところ。考えてみるとこの石段を登るのは初めて・・


彼女の手にしている木に注目、ステッキ代わりです。あまりに太すぎる。
「他にいいのがなかったので・・・」
と言いながら下ってきた彼女。みんなで大笑いでした


泰山澗登山道から見た香港の山々


そして山頂から見た深圳第4峰梅沙尖(753m)


山頂から香港の山々を


山頂でポーズをとる


深圳地下鉄建設記 【番外】 地下鉄1号線 続建部

2009年 01月 07日
現在「世界之窗」までの一号線を空港まで延長する行程です。始めの予定とは変化しているようです。
「世界之窗」駅から「西郷(★西乡)」駅(宝安の西にあります)まで開通時期は2009年12月26日とあり、さらに空港までの全行程が開通するのは2011年6月30日となっています。

早くから工事が行われていた世界之窗に近い3駅では地下工事が終盤になったようで工事のため占拠されていた深南大道の中央分離帯やその他の部分が深南大道に戻ってきました。工事でつぎはぎだらけになっていた道路を整備しています。

そして地下への入り口らしきものも建設をしていました。

世界之窗から空港までの駅

世界之窗→白石洲→★高新园(高新園)→深大→★桃园(桃園)→大新→★鲤鱼门(鯉魚門)→前海湾→新安→宝安中心→宝体→坪洲→★西乡(西郷)→固戍→后瑞→★机场东(機場東)


路線図  地下鉄一号線 
科技園と世界之窗間で撮影した画像です

深南大道に戻ってきた中央分離帯 再構築準備中


歩道付近


歩道


歩道脇の緑地帯も整備中


地下鉄入り口を建設中


続建中


スローガン


深圳新生活日記 【119】 2006年4月8日 香港へ・・頭痛

昨日、マンションの管理所で掃除の手配を頼んでいたが、9時より少し遅く二人の家政婦がやってきた。
深圳に住む友人のN氏と今日、一緒に食事を作る約束になっている。

Nは12時近くにやってきた。マンションの西門まで出迎えに行く。
掃除の二人に費用の精算。1時間1人15元。

Nは焼きそばとお好み焼きを作ろうという。彼が焼きそば、僕がお好み焼きを作る。彼の焼きそばは中華風。
食後、皇崗口岸から香港へ行く。土曜日なので予想通り混んでいる。尖沙咀行き直通バスで香港へ。オクトパスで28HKD。高くはない。

本屋、銀行、sinoセンターなどを歩き回る。吉野屋で牛丼。
帰りはモンコックから羅湖へ、羅湖から地下鉄。彼はJUSCOへ行くと言い科学館で降りた。僕は頭が痛いので香蜜山へ帰宅。
ミニバスが廃止されてほんとに不便になった。

頭痛はいつもの低血圧の頭痛。寝ればよくなる。
頭が強烈に痛いので風呂に入らずに早く寝る。
15,500歩
私の血圧は60から90という低血圧。そのために朝は弱いし、頭が痛くなりやすいのです。昔は原因が分からず悩んだものでした。今は当たり前になってしまいました。頭が痛くなるのは睡眠生活が不規則だと起こりやすいとか、二度寝はしない方がいいとかいろいろ分かりました。
頭が痛くなれば、夜寝れば直るのですが、時折我慢できないほど気持ち悪いこともあります。まあ、うまくつきあっていくしかありません。
この日の香港でのスナップ



タグ:
2009-01-08 コメント(0)

深圳新生活日記 【120】 2006年4月10日 ブログ立ち上げ検討に入る

ブログの作成準備。最終的にEXCITEとLIVEDOORを比較。LIVEDOORはかなり手こずったのと、企業色が強い感じでちょっと雰囲気が合わないので、EXCITEに決める。
これからどうするか、勉強しないと....
ブログは内装工事が終わったときにその記録として立ち上げを検討しようとしていたのですが、やっと重い腰を上げて検討に入りました。
ブログというの名前は知っていたのですが、全くの初心者、まずネットでブログサービスをいくつかピックアップして5、6個のサービスに登録してそれぞれテスト使用してみました。最終的に中国語も表記できるユニコードであり、スキンの編集も可能なExciteに決定しました。
しかし初めてでもあり、勉強と準備に時間がかかり正式発足までにはあと1ヶ月必要でした。ともあれ、記念の第一歩を踏み出しました。
2009年1月10日 香港で
ついに念願の香港ライオンロック、獅子山(495m)へ行きました。

ライオンロック


こんなともやってました


タグ:
2009-01-10 コメント(0)

香港 獅子山郊野公園ライオンロック(495m)へ (Lion Rock、 2009.1.10)

獅子山(ライオン・ロック)
獅子山郊野公園
香港で一番早く制定された3つの郊野公園の一つで1977年に制定されました。
地下鉄黄大仙にほど近いところで総面積は5.57k㎡

HP →  獅子山郊野公園 


香港・九龍 獅子山郊野公園ライオンロックへ

今回はグループで香港の奇岩、ライオンロック(獅子山495m)に登りました。
その存在を知ってから頭の中にメモっておいた登りたかった山の一つです。山頂の岩がライオンの頭のように見えるのです。

出発点は獅子山郊野公園の隣の金山郊野公園の境目。ここは猿の多いことでも有名らしくいきなり猿のお出迎えがありました。
少しあるくと獅子山郊野公園、鷹巣山自然教育径。ここから出発。
まず筆架山(Beacon Hill、457m)に登り、ここを経て獅子山、ライオンロックを目指します。

それにしても筆架山という名前、ほんとにたくさんあります。深圳でも福田区と大鵬半島にあり、私の知っているだけでも香港と深圳に3つの筆架山があります。筆架というのは筆立てのことで筆立てみたいに嶺が複数並んでいるとこの名前を付けるようです。

あちこち寄り道しながら3時間後、山頂へ。ここで日本語の堪能なフランス人と会いました。日本に住んでいたことがあったとのこと。なるほど。

あと、アマ・ロックという岩があるそうで、そこへ行ってみようということになり、アマ・ロック(望夫石)へ。
案内板によると外国へ出稼ぎに行った夫からの便りがなくて2人の子供を連れた奥さんが山頂で夫を待ちます。ある日、雷雨のあと彼女と2人の子供が石に変わりました・・・
どう考えたらハッピーエンドになるだろう・・
お猿さんのお出迎え


獅子山 ライオンロック
角度によってはそっくりなところもあるそうですが今回はこれが最高の角度


九龍湾を


カオルーンピーク(飛鵝山602m)を背景に獅子山


目を移すと左から香港最高峰・大帽山、針山、草山、間をおいて馬鞍山


旧空港、啓徳空港が見えます


アマロック (望夫石) 子供を二人連れた奥さんというのですが。



詳細記事は →  獅子山郊野公園 

《香港の山と公園》 獅子山郊野公園 ライオンロックを行く (2009.01.10)

獅子山郊野公園 ライオンロックを行く (1)  (2009.01.10)




筆架山頂(Beacon Hill)

獅子山(Lion Rock)

望夫石(Amah Rock)
今回はグループで香港の奇岩、ライオンロック(獅子山495m)へ。
その存在を知ってから頭の中にメモっておいた登りたかった山の一つです。山頂の岩がライオンの頭のように見えて興味を持っていました。

今回の出発点は獅子山郊野公園と金山郊野公園の境目、MTR旺角駅からバス81番で石梨貝水塘というところで下車。
ここは猿の多いことでも有名らしくいきなり猿のお出迎えがありました。
少しあるくと獅子山郊野公園、鷹巣山自然教育径。ここから出発。
まず筆架山(Beacon Hill、457m)に登り、ここを経て獅子山、ライオンロック(Lion Rock 495m)を目指します。

それにしても筆架山という名前、ほんとにたくさんあります。深圳でも福田区と大鵬半島にあり、私の知っているだけでも香港と深圳に3つの筆架山があります。筆架というのは筆立てのことで筆立てみたいに嶺が複数並んでいるとこの名前を付けるようです。
あちこち寄り道しながら3時間後、山頂へ。ここで日本語の堪能なフランス人と会いました。日本に住んでいたことがあったとのこと。なるほど。

あと、アマ・ロックという岩があるそうで、そこへ行ってみようということになり、アマ・ロック(望夫石)へ。
案内板によると

--- 外国へ出稼ぎに行った夫からの便りがなくて2人の子供を連れた奥さんが山頂で夫を待ちます。ある日、雷雨のあと彼女と2人の子供が石に変わりました ---

どう考えたらハッピーエンドになるだろう・・
獅子山郊野公園
香港で一番早く制定された3つの郊野公園の一つで1977年に制定。
地下鉄黄大仙にほど近いところで総面積は5.57k㎡
HP →  獅子山郊野公園 

今回の所要時間

鷹巣山自然教育径→筆架山頂(Beacon Hill) 1時間40分
筆架山頂    →獅子山頂(Lion Rock)  1時間

獅子山頂(表示のある山頂) → 望夫石  1時間
望夫石 → 紅梅谷(終点)  20分

出発 鷹巣山教育径 10時33分
終点 紅梅谷    15時52分

この日のアクセス

バス 旺角→石梨貝水塘 KMB81  81 

つづく
獅子山郊野公園 ライオンロックを行く (2)
まずここから出発 獅子山郊野公園・鷹巣山自然教育径


まず目指す筆架山(Beacon Hill)


















ついに見えた獅子山、ライオン・ロック、左奥には馬鞍山


筆架山頂とライオンロック


筆架山頂からライオンロック 背後には大老山(577m)


そして昔の空港、啓徳空港、海を越えて香港島・柏架山




すぐそこにライオンロック


つづく
獅子山郊野公園 ライオンロックを行く (3)
あちこちで見かけた猿


啓徳空港 香港島など


山頂へ


ライオンロック なにやら人が




ライオンロック 角度でライオンそっくりに見えるようですがこの日はこれがベスト


カオルーンピークをバックに獅子山


山頂からの眺め 左から大帽山、針山、草山・・間をおいて馬鞍山




ライオンロックと街


大帽山と針山、草山







アマロック(望夫石)へ

外国へ出稼ぎに行った夫からの便りがなくて2人の子供を連れた奥さんが山頂で夫を待ちます。ある日、雷雨のあと彼女と2人の子供が石に変わりました・・・とか







獅子山郊野公園 ライオンロックを行く
おわり

2009-01-13  カテゴリ: 生活

ダイエットと山歩き

ダイエットと山歩き

私はもともと歩くのは苦にならないのでよく歩いていました。そのおかげか、そんなに太ることはなかったのですがそれでも年々、ウェストも体重もじわじわと増していました。

まあ私は元来やせているので体重の増加はむしろ喜ばしく思えるようなものですが、これが困ったことに増えた体重がウェスト(おなか)にやってくる率が高いのです。
まあ私はウェストも小さいのでウェストが増えるといっても標準的な値になっているのですが、これがまた困ったことにおなかが張って苦しくなるのです。
やせている人はやせているなりにベスト体重、ベストウェストというのがありそうです。

そして2007年10月に山登りの楽しさを覚えてからしょっちゅう山歩きをするようになりました。平地を歩くのとは違って上にも進まなければなりません。

山登りを始めてうれしい効果がいくつか現れました。
一つは平地の場合はどれだけ歩いても疲れなくなったこと、もう一つはじわじわと増え続けていた体重とウェストが元に戻ったことです。それに山登りのあとはお通じもよくなります。
ただ歩くだけでもそれなりの効果はあったのですが、山登りはかなり強烈に効果があるようです。それもたいした時間はかかりません。数度続けて山へ行くと体重、ウェストはみるみる下がりました。

友人は週に一度だけ週末に300m程度の山を登っています。彼はこの山登りでズボンのベルトの孔2つ分、ウェストが減ったと言っていました。そのために山登りをやめるとまたウェストが大きくなるのではないかと気になって週末の山登りをやめられないとも言っていました。どうやら山登りは誰にもダイエット効果がありそうです。

久しぶりに深圳・宝安へ行きました。宝安といっても広いのですが経済特区にほど近い新安。
前々から街の改装が行われていたのですが見違えるほどきれいになっていました。
古いマンションも外観を塗り替え、防犯用のさびた鉄格子も交換されて歩道の大きな美しい市街に変わっていました。


タグ:
2009-01-13 コメント(0)

深圳地下鉄建設記 【11】 地下鉄2号東延線 僑香駅侨香站) (2)

2009年 01月 14日

僑香駅は2008年8月にUPして以来2度目のUPです。
道路が一部閉鎖されたところは完全に閉鎖され、道路も工事用の占拠部分を拡大して、車線部分が変更されました。

左へ進む道は完全に閉鎖


作業用部分を拡大するため路線を少し変更


左への道路が閉鎖されたのであまり意味のない信号のように見えるのですが・・・


歩道は確保されています




深圳新生活日記 【121】 2006年4月14日 日本国駐広州総領事館へ在留届を提出

まだ在留届をしていなかった。広州の日本領事館の見学も含めて広州へ。

マンション前のバス停に目的のバスが来ない。渋滞か事故に巻き込まれたか...
73路のバスで地下鉄駅まで、さらに地下鉄で羅湖へ。
広州行きのバスはいつになく混んでいて、バスを待つ行列がすごい。
バスの混乱で家を10時前に出たのに広州行きのバスに乗ったのは12時近くになっていた。
60元。バスは1時過ぎには広州に着いた。すごく速く感じた。

12100歩
香港の在留届があったので広州での届け出がついつい遅くなってしまいました。
ホームページで領事館の場所を確認していったのですが、これがわかりにくい。
花園酒店にあったのですが案内板がきわめてわかりにくくて入り口を間違えて行くとパスポートを見せているのに警備員に逮捕されそうな雰囲気になったりちょっと怖い気にもなりましたがどうにか領事館に到着。
届けはあっけなく終了。
このあとあちこち歩いたりバスに乗ったりして付近を探索。
それにしても領事館員の皆様、おそらく花園酒店の中に常宿されているのでしょうね。警備員のたくさんいたあたりが入り口だったのでしょうか・・・安全性は確保されているようでした。

在留届は
外国に住居又は居所を定めて3ヶ月以上滞在する方は、日本の旅券法第16条の規定に基づき、その居住地を管轄する日本の在外公館(日本大使館、総領事館)に対して速やかに在留届を提出するよう義務付けられています。
とのことですので・・私はさぼってしまいましたが
1ヶ月前に(2008.12.09)領事館から「緊急メール送信テスト」なるものが送られてきました。内容は少しちぐはぐなところもありますがやっぱり法律に乗っ取って在留届をしましょう・・・

【在広州日本国総領事館からのお知らせ】

大規模災害用緊急一斉通報機能による電子メール試験送信のご案内
(2008年12月9日午前11時頃実施予定)


 1.外務省領事局では、在留邦人の皆様から提出いただいた在留届に記載された電子メールアドレスへの情報発信を可能にするための新しいシステム、大規模災害用緊急一斉通報機能(INSIDE:Integrated Notify Support In Disaster&Emergency)の開発を行ってきました。

 2.この度、上記大規模災害用緊急一斉通報機能(INSIDE)の試験送信を12月9日(火)午前11時頃に実施することとなりました。同時刻に、総領事館から「緊急一斉通報(試験送信)」の件名にて電子メールを1通送信します。同メールを受信された方は、今後運用が開始される予定です。

 3.なお、在留届に電子メールアドレスを記載したにもかかわらず、本件試験送信メールが届かない場合は、当館にお問い合わせ下さい。また、在留届に記載したメールアドレスが変更になっている場合は、下記をご参考に在留届記載事項変更の手続きを行ってください。

 変更を当館窓口に提出或いは郵送・FAXされる方
http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/consular/index.htm

 変更をインターネット(ORRネット)で提出される方(但し、在留届をインターネットで提出された方のみ):http://www.ezairyu.mofa.go.jp/


 皆様のご協力をお願いします。

(問い合わせ先)

在広州日本国総領事館領事部
電話:020-8334-3009(代表)
020-8334-3090(領事部)
FAX:020-8333-8972

ホームページ
 日本国駐広州総領事館    在留届 






花園酒店


花園酒店


領事館




タグ:
2009-01-16 コメント(0)

深圳新生活日記 【122】 2006年4月16日 4月半ばの寒波?

4月半ばだというのに今日も気温が低い。サマージャンパーが必要。

歩いて招商銀行へ。歩いていくうちに暑くなってきた。貯金。
地下鉄で華強路へ。三脚と中国語版のソフトを買う。
302路のバスでJUSCOへ。まず、近くでサウナとあんまをしてからJUSCOで買い物。
うどん、たこ、玉子、羊肉、パン、マヨネーズなどを買う。
バス104路で帰宅。ミニバス411路がなくなってほんとに不便になった。

13,300歩
深圳ではだいたい4月から11月初め頃まで私は短パンを着用します。したがって4月半ばといえば結構暑いはずなのですが・・・
異常気象といわれて久しいですね。
それまでは必要性を感じなかったのですが5、6年くらい前に日本からこたつを持ってきました。でも香港や深圳でこたつが欲しいなと思うときは1年の内、数日程度でした。

ところが最近はやたらと気温の低い日を体験します。この前、香港のある地区で最低気温がマイナス4度になったと聞きました。
私も今期(2008-2009の冬)はすでに数週間こたつを使い続けています。私がこちらの風土になれて寒さに弱くなった要素もあると思いますが、それにしてもこちらの冬は寒くなりました。
この日のマンションからの夜景。隣のマンション建設はまだ始まっていません

タグ:
2009-01-16 コメント(0)

深圳・龍崗 大鵬半島

2009年 01月 18日
大鵬半島へ (2009.1.18)

最近、よく大鵬半島へ行くようになりました。
大鵬半島の位置を再確認しておきますと深圳中心部から直線距離で50kmあまり東にある半島です。東の海側、大亜湾には原子力発電所(核電站)がありま す。私のマンションからはバスを乗り継いで3時間近くかかります。非接触式プリペイドカード・深圳通を使用してバス代は8元ほど。約30%off。

クリックすると大きくなります


そのほか、深圳の高山がひしめいている地域でもあります。深圳第二峰の七娘山(869m)、第三峰の大燕頂(796m)、第六峰の排牙山(707m)など が小さな場所にあるので山と海の風景が実にきれいです。加えて大小梅沙の海岸線に匹敵する海岸線の美しさも魅力です。いつ行ってもあきないのです。

今日は天気もよくてまず原発のある大亜湾へバスで行き、そこから少し歩いてみました。
ベストと上着を着ていたのですが、暑くてすぐにベストも上着も脱いでしまいました。

東山寺の矢印で何となく行ってみました。古いお廟なのかも知れませんが現在建設(整備?)中でした。
横の地道に興味をそがれて歩いていきました。
遠くに水庫が見えてきたので登っていきます。
水庫には今の季節、渇水寸前状態。で、振り返ってみると・・・
「うおー」
またまた一人で大声を上げてしまいました。大亜湾とその向こうに見える深圳第二峰の七娘山の競演。雄大で美しい至福の風景がありました。
近くに小さな山が見えましたのでここへ登って眺めてみようと登り口をあちこち探しながら20分あまりで山頂へ。
さっきよりも海が大きく見え、じゃまだった電力線鉄塔がなくなりさらに美しくなりました。

次のために登山道の確認をしながら下山。東山寺に出てきました。
このあと、さらに近くを散歩して帰途へ。
この次来たときは・・・・


核電站から歩いて


水庫からの展望 深圳第二峰・七娘山と大亜湾


左の方には核電站



黄色い声がして子供たちが登ってきました。


背後には深圳第六峰・排牙山


そしてパチンコを持った子供


建設(整備?)中の東山寺


タグ: 大鵬半島
2009-01-18 コメント(2)
次の15件
2008年12月 ◄ 2009年01月 ► 2009年02月



Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved