So-net無料ブログ作成
検索選択
全2658件 ( 新しい記事順 )
次の5件

《奈良帰省日記2017(2)- 4 》 初めて見る鳥 - 矢田寺のウソ(2017.)

矢田山四国という四国八十八カ所遍路道のミニ版コース4.5kmほどが矢田寺の奥から始まっています。
久しぶりに歩いていくと小さな鳥が2羽、ちょこまかと枝から枝へ飛び回っていました。望遠で見るときれいなピンクが見えました。そばにはピンクのない1羽が付き添ってます。カップルでしょうかね。

初めて見るウソ(鷽)という鳥でした。別にうそをつくわけでもなく・・古語で口笛を「うそ(嘯)」というのだそうでこの鳥の鳴き声が口笛のようなのでウソの名がついたとかです。

鷽 (うそ)
红腹灰雀 (hóng fù huī què)

学 名Pyrrhula pyrrhula
目 科スズメ目アトリ科
全 長16cm
渡 り漂鳥 冬鳥
雌 雄異色

鷽(うそ)♂




鷽(うそ)♀




カップルかな?


2017-02-19  |  コメント(0)  | 
タグ: ウソ |  | スズメ目 | アトリ科 | 奈良帰省日記2017-2 | 

《奈良帰省日記2017(2)- 3 》 分骨手配で矢田寺へ (2017.2.16)

家のお墓は神道なのですが他に父の時代から矢田寺に分骨するようになりました。矢田寺は679年 大海人皇子(天武天皇)開基のお地蔵さんで有名なお寺ですが、1980年に千佛堂が建立され全国から奉納された千体地蔵を安置しています。私の父は二体を奉納していて父もここに入っています。来月3月が父の37回忌になるので矢田寺から案内が来ていました。

で、母も父と一緒にしなければなりませんが何もわからないのでとりあえず矢田寺へ出かけました。家から歩いて1時間足らずで矢田山中腹の矢田寺に到着。

矢田寺


千佛堂 大門坊



私は行事関係は全く苦手なのでこういうとき知識がないので難儀です。「知らないので教えてください」というスタンスで。「ご用の方は呼び鈴を」という張り紙があるので呼び鈴を押して・・・

母の分骨を持って行くと納骨してもらえるとのことで父の37回忌と母の四十九日がほぼ同じなので父の37回忌の時に分骨を持って行って手続きすることになりました。
いろいろお話ができてよくわかったので頭の中がちょっとすっきりしました。

 


矢田寺に行く途中、実にたくさんの種類の鳥を見かけました。季節柄なんでしょうか・・
コウノトリのいた池にはユリカモメがいました。ユリカモメは海のものと思っていたのですごく意外でした。あとコチドリも。
矢田寺ではウソがいました。初めて見る鳥。きれいなピンクが見えました。

ユリカモメ


コチドリ


セグロセキレイ


ツグミ


ウソ♂



他にヒヨドリ、アオサギ、ジョウビタキ♂などなどたくさんいました。
2017-02-18  |  コメント(2)  | 
タグ: 奈良帰省日記2017-2 | 

《奈良帰省日記2017(2)- 2 》 裏の池に天然記念物・コウノトリが飛来!!! (2017.2.14)

裏のいつもの池で車で通りかかるとカメラマンが3人ほど写真を写していました。なんかいな・・と見るとダイサギかなと一瞬思ったのですがおしりの方の羽が黒い。え、鶴?わからん。
用事があるのでまたあとで。
用をすまして戻ってくると隣の池に移ってはいましたがまだいました。で、とりあえず写真を。家に戻って調べてみると・・なんと国の天然記念物のコウノトリではありませんか。ちょっとびっくり、郡山でコウノトリ!!

で今日何気なくネットニュースを見ていると大和郡山にコウノトリが飛来!と騒いでおりました。Google検索も「コウノトリ」を入力すると自動で「コウノトリ 大和郡山」が出てきました。マニアの間で有名になっているようです。
撮影した 写真をよく見ると足環がついていました。
これは兵庫県豊岡市のコウノトリの郷公園が野生に放した鳥から自然繁殖で今年4月に生まれた雌とのこと。ただニュースの鳥と私が見たのと同一かどうかは不明ですが・・・

まさか私の家のすぐそばに来ようとは。感激ですね。母の死とともに新しい命がやってきたのでしょうか。

鸛 (こうのとり)
东方白鹳東方白鸛 (dōng fāng bái guàn)

学 名Ciconia boyciana
目 科コウノトリ目コウノトリ科
全 長112cm, 翼開長:200cm
渡 り冬鳥・旅鳥

国の特別天然記念物

足をみると足環が見えます。






《奈良帰省日記2017(2)-1 》 (2017.2.11-12)

再び日本に帰っています。2月11日の夜便で大阪へ。12日深夜の大阪着。

今回は初めてのJetstar香港・大阪便を利用しました。香港20:45発、大阪着1:20という不便な時間帯。関空発の一番列車は5:57の快速電車。peachの場合は着けばすぐ列車があるので問題ないのですが今回は大阪についてどうしようかと思ったのですがともかく乗ってみようと。
中山からのルートも少し変更。福田口岸をやめて深圳湾口岸を使いました。地下鉄に乗らない分、楽です。バス運賃も少し安かった。



香港空港で
さてJetstarで日本へ。
どういう訳か大阪着予定1:20のところ、12:55に到着。何で25分も早く着くかなあ・・・5時間もどうして過ごすんや・・
まあ、関空初めての時間帯に着きましたので好奇心であちこち見て歩いて1-2時間は過ぎました。あとはあらかじめタブレットにBiliBiliからダウンロードしておいた映画とかドラマを見て過ごしました。
24時間営業のすき家で朝ご飯を食べて始発に乗って郡山の我が家へ。

前日にネットでチケットをとったのですが週末割引もあって6780円、香港空港の使用料など大幅にアップしていて支払手数料も入れると全部で1万1000円ちょっとでした。peachの普通料金に比べると安いです。でもまあ、次からはJetstarは乗らないでしょう。安いですけどしんどい。peachのセールの時に買うことにしましょう。


関空です。

あちこちで皆さんお休みです。

24時間営業のマクドでもたくさん寝ていました・・・




実は今回も緊急帰国でして・・
母の不幸があって帰ってきました。1月の時は危ないと言うことで帰ったのですが持ち直したので3月始めにまた戻ってこようといったん中山に戻ったのですが・・3月まで持ちませんでした。
ですので1月の帰省の時にお別れはすませているのですが、まあ、悔いはつきないものですね。しょうがない。
享年96歳、天寿を全うしたと思います。


それにしても・・飛行機チケット、私が20年前に香港にやってきたときの片道ディスカウントチケット代で今は2往復できます。こういうときは何回でも気軽に帰れるので楽ですね。

 

2017-02-15  |  コメント(2)  | 
タグ: 奈良帰省日記2017-2 | 

2017-02-08     カテゴリ  《 マカオ 》

《マカオ》 初めてカジノを見学

カジノを見学 (2017.2.7)

マカオへ行きました。
近畿のニュースでは大阪・夢洲IR構想の実現化に向けてのニュースが慌ただしくなってきました。で、カジノに全く興味のない私ですがせっかくマカオに近いところにいるので見学だけでもしておこうかなと新しいコタイ地区のカジノを一人で見学してみました。


さて


中は有名ブランドの店がたんまり


そしてありました、カジノ


初めてカジノに入りました。入るだけならお金はいりません。人のパチンコを後ろから見ているようなもの。
後ろから観察してやり方を研究・・・雰囲気はわかりますがそんなにおもしろいのかな。お金をかけないとわからないのかな、とも思いますがパチンコとか麻雀とかを考えるとお金をかけても同様かな・・・
まあDNAによるのでしょうね。昔喫茶店によくあってはやっていたインベーダーゲームも全く興味が持てませんでしたし。これなら私にはギャンブル依存症とは無縁だと確信しました。
おそらく友人のおつきあいで行って友人が1億円儲けたとしても気持ちは変わらないでしょう。

雰囲気としてはパチンコや麻雀のレートを桁違いに大きくしたものかなと。レートが高い分、部屋をゆったり広く豪華にできると言うことでしょうか。トランプを見てみると最低掛け金は300HKD(パタカ)とかになってました。これだと3000元持っていてもすぐなくなりそう。
大阪IRに大手パチンコ業界が腕まくりをしているのも頷けます。

写真を撮影するのはだめだろうな、と思いながら試しにタブレットで撮影、すぐ人がやってきて消去されました。
それでもこのマカオの新しいきれいな街路を見ていると大阪IRができないものかと思います。

 


マカオイミグレ前です。春節飾り。



2017-02-08  |  コメント(0)  | 
タグ:





Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "深圳・香港 夢時間" all rights reserved